河口まで

 

さとう三千魚

 
 

日曜日
晴れていた


自転車で走った

河口まで
風につつまれて走って

いった

海は
光ってた

サーファーたちが浮かんでいた

ノラたちが
草むらに寝そべっていた

もう
いいかな

もう
いいのかな

ここに

空はあり
海は

うねっていた

昼前
ベランダで洗濯物を干していた

モコが
いた

もうそんな力はないモコが

老いた
モコが

二階の寝室の床でこちらを見ていた

モコ
モコ

なにを
言いにきたの

なにを失ってきみはなにを
抱いているの

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です