「夢は第二の人生である」或いは「夢は五臓六腑の疲れである」第95回

 

佐々木 眞

 
 

 

西暦2021年葉月蝶人酔生夢死幾百夜

 

常に狭斜に往来していたおらっちだったが、世紀末ウイーンを訪ねた折には、高級車に2人の美女を侍らせ、颯爽とモザール邸に乗り入れたのよ。8/1

昔々京急の株を超安値で買ったのが、今や数百倍の値がついてぼろもうけしているはずなんだが、いくら探しても肝心の株券がないのら。8/2

息子がようやっとコロナワクチン接種の申し込みができるようになったというので、朝イチで代理で申し込んでやろうと徹夜で待機していたら、朝が過ぎ去ったようだ。8/3

最新型コロナとの戦いの最前線に立っているのは、またしてもホッテントットの女王だった。8/4

いくら優れたデザイナーの服でも、それを着こなす人のセンスが悪ければたちまちゴミのような代物になるのは、そのデザインの中には良い、悪い、普通の3種の要素が含まれているからだと、良い子、悪い子、普通の子の3人が、声を揃えて教えて呉れた。8/5

いよいよ地球脱出の時が迫って来たというのに、この国は、頭の先から尻尾のヘリまで腐りきっていたので、もろもろの準備がてんで出来ていないのだった。8/6

軽自動車で撥ねられた時の撥ねられ具合は、ガツーンだったか、ゴツーンだったか、ガーンだったかと、色々追体験しているのよ。8/7

敵の偵察に出ていたら、とっつかまってしまった。敵軍の頭は「罰としてお前の片腕をちょん斬ることにするが、どっちかを選べ」というので、たまたま腱板損傷で痛くてたまらない右腕を切断してもらったら、さっぱりした。8/8

仏蘭西語が分からない伊太利人のために、最後の御奉公として棺桶に片足を突っ込んだアラン・ドロンがやってきたのだが、「セレレ、セレレ」としか発語できなかったので、みな落胆した。8/9

カス内閣のデジタル庁があまりにも不人気なので、誰か知恵者が入り知恵して看板をレンタル庁に付け替え、いずれも無職の若い男子には若い女子、若い女子には若い男子を夜な夜な税金負担でデリバリーすることに決めたら、たちまち支持率が急上昇しました、とさ。8/10

我々はみな鋭い剣がついた軍帽をかぶっていたが、これを敵に向けての熾烈な穴あけ競争が始まった。8/11

私はルーミスシシジミだが、口からあふれ出る蜜が若い娘たちの人気なので、周囲には遠方から駆けつけてきた多くの美女たちが、三密、四密、五密状態だった。8/12

シゲハラ印刷のタナカ君が、7時にいなくなると同時に、おらっちの課は無人になった。おらっち抜きで、どこかでパーテイーでもやっているのではないかと激しく疑ったが、あいにく誰もいない。8/13

誰かが露台で、洗濯物を物干し竿に吊るしたまま、そいつを上下左右に振り回して、サーカスの練習をやっている。8/14

みんなでモロッコに試合に出かけたのだが、あっさり負けてしまった。あんなやり方では負けるのは当たり前。みな大反省せよ!8/15

私はライフルを握り締めて、2,3回引き金を引いた。敵の姿は見えないけれど、誰かが斃れたたようだ。ともかく息子の一世一代の個展を邪魔立てしようとするやつは、こういう目に遭うのだ。8/16

久しぶりにNYにやって来て、前から持っていた小銭を払おうとしたら、「それはもう通用しません」と言われて、頭の中が真っ白になってしまったよ。8/17

いつの間にやらおらっちは、K団連の重要メンバーに成り上がって、毎日テレビで記者会見に出るようになったしまったので、「もしかして俺は海道一のエラモンさんになったのではないか」と、毎日鏡の中の顔とにらめっこしていたのよ。8/18

オグロ選手とその仲間たちが、年に一度の慰労パーティを開くと言うので、私は老いたる父母を連れて上京したのだが、ふと気がつくと2人とも姿を消してしまったので、焦りまくっている。8/19

ようやく父母を見つけたのでイカスミで口を黒くしたりしていると、誰かが「こちらササキマコトはんの特製スパゲッテイ・ブースどっせえ」と叫んでいるのでそこへ近づいていく。もうひとりササキマコトがいるのだろうか?8/20

かつて人気を博した国際政治テレビ番組が惜しまれつつ終了したが、脇役スタッフの私にも80万円のラスト・ボーナスが出たので、私は仲良しの女忍者スタッフと一緒にプロデューサーがいる最上階に行くエレベーターに乗ったのだが、まだ懐の80万円が信じられないでいる。8/21

テイコウ映画祭の会場では、バルタン星人が、「今日は、朝から晩まで、全部の映画を見るぞ!」と張り切っていたずら。8/22

神宮前の事務所に、東急エージェンシーのナカムラさんを訪ねたら、別の先客がいた。ナカムラさんが「3人で中華を食おう、僕は後から行く」というので、2人で先に行って待っていたがなかなか来ない。そのうち先客は、料理を勝手に注文し始めたので、焦っている私。8/23

その時だった。私は見た。黒い目出し帽をかぶった息子が、普段は見たこともない狡猾な類人猿のような表情で、そっと誰かに近づいていく恐ろしい姿を。8/24

山村工作隊時代の共産党員がまだ生き残っていて、「あの時代に火炎瓶を投げた連中が、その後歌声喫茶で「若者よ体を鍛えておけ!」などと歌っている姿を見ると、とても同じ人間とは思えないよ」と語るのを聞いて、おらっちは深く頷いた。8/25

両辺を両の手で持って、そのランプを、そろそろ運んだのだが、地面に下ろしたときの、ふとした衝撃で、大爆発が起こって、ランプも我らもみな吹き飛んでしまった。8/26

海岸通りを走るバスに乗って、私たちはその貴族の別荘に向かった。海も空も青い夏の日の午後だった。8/27

さなきだに苦労山積の駐韓大使の私を、官邸に忖度し捲りの猿面患者のような部下どもは、てんで仕事などせず、私の足を引っ張るようなことばかりするのだった。8/28

ぞの公凶放送のアナウンサーが、毎日マスクをしろとか外出や会食するなとか、まるで子供に箸の上げ下ろしを注意するような教訓を垂れるので、どたまに来たおらっちは、そ奴を画面から引きずり出して、血祭りにあげてやったのよ。8/29

今から30年前、この見知らぬ町に初めてやって来た私は、最初に口をきいた少年のお陰で幸運に恵まれ、とんとん拍子に出世して、町一番の分限者になり上がったのだったなあ、と、感慨深く振り返ったのだった。8/30

おらっちが指揮するハイドンのオラトリオ「天地創造」の演奏中に、おらっちの恋人のソプラノが急死してしまったので、曲目を急遽モザールの「レクイエム」に切り替えた。8/31

 

 

 

抱擁

 

原田淳子

 
 

 

その冬、
さらば青春の光を追いかけて
辿り着ついた季節外れの異国の浜辺
風に脱色された砂のキャンバス
空と海が溶けあっていた

黒いヒジャーブに身を包んだ女性が
風の試練に耐えるように顔を布に埋めながら
白いあわいの水平を歩く
生の動線に、存在の黒点

眩しくて暗い象徴の絵画

天と地が抱擁するあの白いあわいを
安寧というのだろう

ベン・シャーンの抱擁のように
哀しみと歓び
未来と過去
生と死が抱きしめあう

足跡が砂にきえてゆく
風が音を鳴らす
そこの石には穴があいてるのですって

きみの白い骨は
あの風の音がしたよ
砂を舐めて生きてきた音

きみの外から
わたしは口笛を吹いた
きみのいた時の音に重ねて

わたしはわたしの箱をつくる
来る時
来る鳥
わたしはそこへゆく
風が過ぎ去ったあとの抱擁を夢みて

 

 

 

家のうちそと

 

工藤冬里

 
 

国々がお互いに国であるという一点で結ばれているのは不思議なことだ。連合も敵対も同じ平面上の弱い線の絡まりに過ぎない。
国々は、それが国であるというだけで大変に可笑しい。
例えばオランダ?プフ
といった感じである。
言語の数だけリーダーが必要なのも可笑しい。

数え上げ始めると消えていくのは
違う層にいたものたちを同じ平面に揃えようとしているからだった

ニュースでは
アメリカの林檎が青森を包丁で刺した
青森の林檎は110番したが
2022は黙って寺山の皮を剥いていた
(マキさん生きてたら84)
フラメンコにおけるタンゴという臍の緒の綻びは元タンゴを照らし出し、出産する
スペイン語の語順は様々な角度から差し入れる包丁のようだ
https://youtu.be/Kl43ObkSgS0

持続音、切断、重低音が欲しければ人生にエフェクターかますしかないのだろうか?
違う、「人生にエフェクターかますしかないのだろうか」って唄えばいいんだよ。
全ての哲学者はカント主義者である、とドゥルーズも言ってる。その意味は、不可能そのものを解とするということだ。
これはこの前の大友ラジオの、最後の即興duoを聴いた感想だ。
音は外にあると思うなら、音は外にあると唄えばいいだけだ。
音はライプニッツでもヘーゲルでもない。音そのものの不可能性なんだ。
そしてカントがサドになる加速主義に向き合うことだけが人生だ。
金がなくてエフェクターを全部柴山に売ってしまったぼくが言うのは負け犬の遠吠えみたいだけど機材持って移動は歳取ったら無理だよ未だ青春の諸兄姉
でもそれは唄っちゃうといけないことなんだよね
そこら辺の選択がフォーク野郎じゃないスローコアのキモかな
せめて界面ははっきりさせよう
音色を作る気はない

世界で一番美しい詩は何ですか
ときみはYahoo知恵袋で訊く
美しいと感じるものは人それぞれですからそんなことを訊くもんじゃありません
と解答される
あなたはどう思うのときみはぼくに訊く
言葉は存在の家です
とぼくは答える
15、6の頃徳島の本屋で文庫本を買って、以来、冒頭の「言葉は存在の家です」を巡って生きてきたような気がする
存在が家だと思っているかもしれないけれど
言葉が家で存在は家の中にあるんだ
家の中に入ってしまうと外から家を見ることはできない
「太初(はじめ)に言(ことば)あり」(約翰1:1)、というのを哲学的に考えると、
言葉に対して初めに言葉があった、と言うことはできない
その不可能性に向き合うことが詩なのだ
それに言葉は音で意味なくおやじギャグをかます
悟性がシニフィアンの増殖を抑えることはできない
オヤジギャグはその極致に至って現実界に変わり得る
突発的発生がもたらす切断、違法的享楽の場である
資本主義の盲目的な運動は親父ギャグに似ている
そうした駄洒落dad jokeは言語に属していない
言葉は存在の家ですという冒頭をよく噛み締めよう
言葉は人間の創造物や道具ではない
人間が言葉の中に住むのである
不服そうだねとぼくはきみに言う
でも世界で一番美しいと思うのはきみの「夕日を見にいく」という詩だよ
それにエミリーディキンソンの英語がなぜ美しいのかをぼくは説明できない
きみは喜んで同意する
瞬時に忘れる同音性地口の漂う家の中で

 

 

 

#poetry #rock musician

訪問看護はいかがでしょう? III
(全員 ノー・マスク)

 

今井義行

 
 

《03までのながれ》
  
「ところで わたし 訪問看護ステーションの所長さんに ご提案が あるのです」と わたしは 言った

「看護師さんの 訪問看護は 30分間ですね 最初の15分間は 体温測定・血圧測定・脈拍測定ですね 残りの15分間は 健康相談や雑談となっています

この後半の15分間の内 5分間から10分間を 希望する患者さんへの オプションとして『ディープ・キス』へと 充ててみるのです」

「普通のキスではダメですか?」
「ディープです」

「実際のところ わたしたちのビジネスとは『風俗経営』に少し近いものだとは 分かっているんです・・・
けれども 突然の 提案に すっかり驚いてしまいました・・・
ところで『くちづけ』には 患者さんの 気持ちとしては どれくらいの 金額を お考えですか?」 

「税込み5000円です 看護師さんの『指名』をするときには プラス税込み1000円です 後腐れのない『医療行為』としての『くちづけ』は いかがでしょうか?
わたしには 既に 指名させてもらいたい 看護師さんが 3人います」

「・・・まあまあの 金額設定だとは思います しかし現在よりも 収益は
上がるのだろうか・・・?
ところで 患者さん コロナ対策については どのように お考えですか?『くちづけ』は 濃厚接触になると思いますが」

「コロナ感染を危惧する 訪問看護師さんたちには 大変申し訳ないですが 退社していただきます コロナ感染を危惧しない若い看護師さんたちは オーディションで 積極的に 採用をしていきます

「・・・患者さん 応募者はいると お感じですか?」

「おそらく いま 生活に 困窮している若い看護師さんたちは とても 多いのでは
ないかと 想像しています・・・」

「患者さん とても メンタル面での著しい低下を抱えているようには見えないですね
患者さん もしも よろしければ わたしたちの ビジネス・パートナーになって
もらえませんか 一緒に考えてもらいたい事など 多くあります
わたし 今日は これで 失礼します
これから 早速 訪問看護ステーションのリニューアルについて 検討に 入って
みなくてはなりません」

「その調子です 新人看護師さんたちの オーディションを行なう際には 必ずわたしも同席させてください」

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

※ 前置きが 長くなってしまいました
ここからが「訪問看護はいかがでしょう? 03」の始まりです

※作中「わたし」は 重い精神疾患を抱えており 訪問看護師さんが来ない日には 殆ど
部屋に籠もりベッドで寝たきりになっている

※訪問看護師さんは「精神疾患」に特化した看護師さんたちであり 週に2回「わたし」を訪ねてきてくれている

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

後日 訪問看護ステーションの所長から 電話がかかってきた

「患者さんからのご提案 実行に移す事に いたしました」

「ほほう」

所長は 語る
「訪問看護ステーションのホームページに『訪問看護師急募・看護師のお仕事の他に幾つかのオプション・サービスがあります』と載せたところ 希望者がオフィスに訪れましたよ 今のところ 応募者2名 若くて 清楚な看護師さんたちです」

「ほほう」

「患者さんが お気に入りの 3名の看護師たちも 再就職の目処が立たないから 退職はしないそうです」

「ほほう」

「ところでわたし 患者さんが提案したオプションの他に もう1つ オプションを
考えついたんです」

「ほほう」

「それは『緊縛』です!!ディープ・キスの他に 同じ税込み5000円で考えています」

「ほほう」

「わたくしの訪問看護ステーションの看護師たちは 面白そうねと はしゃいでいる
んですよ もちろん看護師たちの給与も大幅にアップしますから」

「ほほう 所長さんからも 素敵なオプションが 提案されるとは驚きました!!」

「『緊縛』のために 丈夫な縄を用意しています!!」

「ほほう 所長さん はりきっておいででいらっしゃる」

「所長たるもの どんどんアイデアを考えませんと!!こういう世の中ですからね
ところで オーディション会場は わたくしたちのオフィスではなく 患者さんの
アパートにさせていただけませんか?ベッドで横たわっている事が多い患者さんに
ご無理をさせてはいけませんから」

「ほほう もうそこまで考えていらっしゃる!!築30年以上 6畳1間 陽当りの悪い このスペースでよろしければ」

「では 決定です 応募者には わたしから 説明しておきます 1週間後に この
スペースを 面談場所に 使わせていただきます」

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

1週間後の午後2時 ドアを強く叩く音がした「わたしです 参りました」

ドアを開けると 所長と若くて綺麗な女性2人が 立っていた

(ほほう いいんじゃない いいんじゃない!!)

「散らかっている部屋ですけど どうぞ どうぞ」わたしは 小さなテーブルを真ん中に置いて 彼らを招いた そうして わたしと
3人のお客さんは 向かいあって座った

「今日はここで オーディションを行います」と 所長は言った 審査員は わたしと
患者さんです」

「はじめまして 患者です!!既に所長さんからお聞きになっているかもしれませんが こちらの訪問看護ステーションでは 精神疾患者への 基本的なケアだけではなく
オプション・サービスを行ないます
看護師さんからは 次のような サービスを提供いたします」

応募者の 女性たち2人は わたしの説明を 真剣な表情で 聞き入ってくれている

所長は 語る
「1つ目は 患者さんからの要望で 好きな看護師さんを『指名』できるという事 2つ目は 患者さんからの要望で 『ディープ・キス』ができるという事 そうして!!3つ目は わたしからの提案で 看護師さんを『緊縛』できるという事 このプランは 決して
『女性蔑視』ではありません『医療行為』なのです。質問があったら お聞きいたします」

女性2人は 口を揃えたかのように「いいえ ありません・・・」と 言った
そして その内の1人は こう言った
「患者さん わたしには 暮らしがあります・・・けれど 何よりも 患者さんたちには 喜んでいただきたいと 思っているのです・・・」

そう言った女性の 瞳からは 涙が こぼれ落ちていた もう1人の女性の瞳からも
涙が こぼれ落ちていた・・・

(ああ わたしは 女性たちを 泣かせてしまった いったい 何をやっているんだろう わたしは・・・)

「・・・わたしは あなた方を悲しませてしまいました 本当に ごめんなさい・・・」
わたしは そう言って 2人の女性に 深々と 頭をさげた

所長も「本当に あなた方には 申し訳ないと思っています ごめんなさい・・・」
所長も そう言って 深々と 頭をさげた

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

「それでは これから 応募者のお2人と 患者さんで オプション・サービスの
シミュレーションをしていかなければなりません」 

まずは『ディープ・キス』からです お気持ちを楽にしてくださいね さあ 向かって
左側のあなたから」

「はい はじめまして ◯◯と申します」

そうして わたしは 女性の顔に 口を近づけて くちづけをした

(ああ・・・・・ あまい・・・)

「次は 向かって右側の女性に 移ります」

「はじめまして ◯◯と申します」

(ああ・・・・・ あまい・・・)

「それでは『緊縛』に移ります」と わたしは言った 向かって左側のあなたから
荒縄なので 少し 痛いかもしれません」

わたしは 所長から借りた 荒縄を 女性の首から腰まで 縛っていった 

(ああ・・・・・ 食い込んでいる・・・初めてだな こういう事は・・・)

「あの 少しだけ 痛いです」
「分かりました 緩めますね」

(ああ・・・・・ 食い込んでいる・・・)

「次は 向かって 右側のあなたです」
わたしは 右側の女性を 縄で縛っていった

(ああ・・・・・ 食い込んでいる・・・)

「どうでしたか?」

「痛くもなく 緩やかでもなく ちょうど良かったです・・・」と 右側の女性は言った

「このように お2人は コロナの時代にも 毅然とした態度で 就労に対して 考えていらっしゃいます」と 所長は言った 
「お2人を 採用してみても 良いのではないでしょうか 患者さん?」

「そうですね わたしも そのように思います では 就労開始はいつからなど
細かい事は 所長さんと 訪問看護ステーションで 話し合ってください これで
シミュレーションを終わります」

わたしは言った
「皆さん これで 面談は終了です お疲れ様でした」
そうして 3人は 玄関から出ていった

3人が 出て行くとき わたしは思った

(看護師さんたちも 所長さんも皆んな 働く事のできる 身体なんだなあ・・・)

(ああ これで わたしは また1人きりになってしまうんだなあ・・・)

 
・・・・・・・・・・・・
 

「患者さん このプラン いけそうだと思いますか」
「そうですね 30歳以上 歳の離れた2人の女性たちは 了承してくれた
感じがします・・・」

1時間くらい経って 所長から電話がかかってきた

「わたし 訪問看護ステーションのホームページから もっと 応募者を 募って
いきたいと思います」

「そうです そうしてください 所長さん 新しいビジネス・プランは うまく成り立ちそうな気がいたします」

「わたしたち これからは 手を取りあって がんばって いきましょう」
「そういたしましょう」

 
・・・・・・・・・・・・・・
 

「さあ これから 忙しくなるな」と 所長は 電話の向こうで 半ばこわばっている
ような声で言った」

「注意事項ですが 所長さんは 応募者に対して シミュレーションを しては
いけませんよ 大切な大切な 応募者たちなのですから」

「ええ それは 分かっています わたしはあくまで 訪問看護ステーションの 経営者なのですから ね」

「万歳 万歳 万歳 万歳・・・・(空疎)」

「万歳 万歳 万歳 万歳・・・・(空疎)」

(ああ これで いいんじゃない いいんじゃない・・・かな・・・)

(それにしても いま わたしがいるところは ベッドが置かれている 小さな
アパートの部屋だ)

(わたしは とても疲れたので これから少し 昼寝でもしよう・・・
何だか とっても 寂しい 気持ちに なってしまったので・・・)

 

 

 

葉芝的愛爾蘭飛行員是雲端的曾經的父親
イェイツのアイルランドの飛行士は雲の父親だったことがあるんだ

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

昨夜的珍珠已黑
步妳後塵,成灰。
看妳的手勢如花一般地擺動。
字句碎身粉骨!
而星斗盡量符合著節拍
睜開眼!序幕
此刻我心中沒有仇恨,衹是努力平衡。
葉芝的愛爾蘭飛行員是雲端的曾經的父親

 

 

昨夜的珍珠已黑
 ゆうべの真珠はもはや黒ずんで
步妳後塵,成灰。
 きみの後を追いしたがううちに、灰になった。
看妳的手勢如花一般地擺動。
 きみの手ぶりが花のように揺れ動くのを見れば
字句碎身粉骨!
 字句はその命も惜しむまい!
而星斗盡量符合著節拍
 そして星々は一心に、そのリズムに合わせようとしている
睜開眼!序幕
 目を見開け! 幕開きだ
此刻我心中沒有仇恨,衹是努力平衡。
 いま我が心中に恨みつらみなく、ただ平衡を保とうとするだけだ。
葉芝的愛爾蘭飛行員是雲端的曾經的父親
 イェイツのアイルランドの飛行士は雲の父親だったことがあるんだ

 
日本語訳:木之内誠

 

 

 

 

ロイヤル・ラブ

 

工藤冬里

 
 

地球がカラフルだと
画像編集しなければ
永遠は存続しなかった
窒素をリサイクルしなければ
怒りの火は消えなかった
混ぜ物だらけの畑を燃やせ
鳥はわたしの枝から去る
影絵の捕食者を家に入れて
舫結びを習った
超絶技巧がぶら下がったまま乾いている
千年間動けないように縛った
一時テムズ川にはウナギしか居なくなったので
イールジェリーはイエローベストのリポビタンDとなったが
テートの口からレッドブルが出て
浄化することにより汚した
宇宙から見なくても美しい地球を
浄化することにより汚した

ロイヤル・ラブ
製薬会社の苗字のように親しい
独楽のように永遠
「目を逸らしたら負け!」と車から呼びかける若者たち
画像編集したら負け。

 

 

 

 

#poetry #rock musician

魂の行き場

 

有田誠司

 
 

自分を見つめ直すと思い出す 
あの懐かしい街並み

直ぐに剥がれる化けの皮 
罪と罰に抱かれた夜

光無き暗闇

地下を徘徊するドブネズミ達

血と肉と魂と
リアルな言葉と その重みを知れ

何処へ行く 誰に届く この言葉

魂の行き場を探して 

 

 

 

ことばをつづけられないというのも

 

駿河昌樹

 
 

そこのコスモスの一群は
秋のあいだじゅう
みごとに
しかも
ずいぶんながいこと
咲きつづけていた

すっかり枯れ切って
それでも
ひとの背よりも高く
立ちつづけているのを見ると
枯れても
じつにみごとな・・・
と思う

みごとな・・・
の後に
なにかことばを
つづけたい気もするが
蛇足にしか
ならないだろう

ことばを
つづけられない
というのも
いいものだと思う

 

 

 

香箱蟹

 

みわ はるか

 
 

新年あけましておめでとうございます。

このエッセイを書いている今は年末であるので、どんな年始を迎えているのだろうか。

 

年末のとある日の物語。

 

毎年この季節になると香箱蟹を食べに行く。

なんと贅沢なことかと思うけれどまろさん(久しぶりに登場)がどうしても譲らないのである。

なので、この時期前後はうちの小さめの冷蔵庫はもやし、納豆、豆腐といった安価な食材がいつも以上に増える。

飢えをしのいでいる。

キラキラ輝く香箱蟹のために。

 

いつもお邪魔するところは決まっている。

京都で修行をされた店主、京都出身のおかみさん、ご夫婦で経営されている小さな割烹料理屋。

カウンター5席、テーブル席2つの上品な店内。

お手洗いには京都らしい匂い袋が吊るしてあってほっこり。

店内の明かりも暖色系でなんだか落ち着く。

おかみさんはいつもきちんと着物を着こなし忙しそうに店内を行き来する。

料理はもっぱら店主担当で少しギョロっとした目が印象的。

2人とも温厚できさくだ。

料理は言うまでもなくものすごく美味しい。

今回は、サツマイモを焼いてスープ状にしたもの、レンコンの練り物、新鮮な鯖と鰹のお造り、3種類の寿司(しゃりが絶妙な大きさで感動)、牡蠣と山菜の天ぷら、待ちに待った香箱蟹(内子と外子がしっかりとのっていた)、生シラスがふんだんに使われたお茶漬け(生シラスなんて江ノ島以来)、甘すぎないデザート。

本当に素敵な時間だった。

料理好きなまろさんは1つ1つ細かく素材のこと、仕入れ先のこと、調理方法のこと熱心に聞いてたなぁ。

そういえば先日、海辺近くに住む親族から金目鯛と伊勢海老が送られてきた。

わたしだったら調理の仕方も分からずそのまま腐らせていただろう。。。。。

まろさんは余す部分なくきれいにお刺身、寿司、ホイル焼き、椀物、まるでお店のようにやってくれた。

これもYou Tube先生のおかげだけれど、腐らすことなく消費できてよかった。

店主もその写真を見て驚いていたなぁ。

わたしはというと、こんな素敵なもののお返しにはて何が適してるかと悩んだ。

最終的には海の幸の返礼には肉だなと、わたしは食べたことのないような立派な肉を送っておいた。

美味しかったとお礼をもらったが、なにせ食べたことがないので、はぁよかったとしか答えられなかった。

 

1つ残念なことといえば、後から来店したカップルなのか(指輪はしていたような)、夫婦なのか分からないお客のこと。

このお店で一番高いコースを食べていた。

だけど、おそらく医療関係者同士なのだろう、聞こえてくるのは抗生剤がどうとか患者がどうとかそんな話ばかり。

ふと見ると、料理には目もくれずただたんたんと料理を口に運んでいる。

どんだけ丁寧にこのご夫婦が命を吹き込んでくれたメニューであるか知ろうともしてないように見えた。

とっても残念なお二人でした。

どうか、どうか、もっと丁寧に料理と向き合ってくださいませ、お二人さん!

 

ご夫婦には1人息子さんがいる。

中学生のようだが、どうやら今の夢はラーメン屋らしい。

願わくばこのお店の味を引き継いでほしいな。

人生は一度なのでもちろん好きなことをやってほしい。

でもちょっぴり期待してるよ、大事なせがれ様。

そして、わたしは2年半住んだこの街を春には去ることが決まっている。

この味にもう手軽には触れられないことが残念だ。

一緒に引っ越し先に来てくれないかな、そんなの無理か。

 

2月頃はフグのシーズンですから最後にぜひどうぞと、お土産までもらって2021年を締めくくることにした。