michio sato について

つり人です。 休みの日にはひとりで海にボートで浮かんでいます。 魚はたまに釣れますが、 糸を垂らしているのはもっとわけのわからないものを探しているのです。 ほぼ毎日、さとう三千魚の詩と毎月15日にゲストの作品を掲載します。

ぼくの子ども時代は

 

駿河昌樹

 
 

子どものころ
雲の上には死んだ人たちがいて
のんびり寝転んだりして
空を流れて行ったり
山にひっかかったり
大海原の上に出て行ったり
街の上では雨を降らしたり
そんなふうに
してるんだろうと
ほんとに
思っていた
信じていた

事故で死んだ人など
雲の上でも
血だらけでいるんだろうか?
そしたら
雲の上も血で汚れたり
してんじゃ
ない
のかな?
などと
ほんとに
思っていた
心配した

そんなふうに
思わなくなったころ
終わったのだ
ぼくの子ども時代は

 

 

 

コスモス街道

 

工藤冬里

 

11月29日
4日から始まるナベサンの展示ですが、全て注文を受けて春秋窯解釈による白の磁器の仕事として作っています。
コーヒーカップ5
湯呑5
飯茶碗5
スープカップ5
取皿5
うどん用丼11
刺し身などの醤油皿5
豆皿20
カレー皿10
四寸皿12
https://gallerynabesan.wordpress.com/exhibition/upd69-jiki/
コーヒーカップの見処は、型物の取手の餃子のパリパリみたいなのを残す石黒方式
湯呑みは李朝モクレン形
飯茶碗は夫婦喧嘩で投げても割れない伝統の厚み
スープカップはペルシャ系
皿は口縁を耳朶の手触りにしたヘモグロビン型
カレー皿は松屋の写し
うどん鉢は呉須巻を転用した単味の天目
奮ってご来場ください

日本沈没のリメイクには親米か親中の二者択一に持ち込ませるという明確な目標があるように思える

オリオンが東の空に沈没している

11月30日
タウン草津は高層居住過多人の星過多で落ちるちじょうは西部劇の商業区のようさ

長崎の夜はあまがさき
登戸の夜はホワイト

回復こそが敵であった

君付けで呼ばれて藤井風
あ、楠本君新聞配ってるもう60だけど

ホックニー・レベルやね
https://twitter.com/amks916/status/1465380921184423940?s=20
NFTやったれ

火事の実家野鹿カジノ火事の実家野鹿カジノ

Todo el ramen está inspirado por Jiro

繁く座る青木野枝の鉄作品とベンチ

12月1日
きょうは嵐

Hay un tiempo para quedarse callado

僕も最初の勉強机はこれでした
https://twitter.com/ShinogiFruits/status/1465557015099428866?s=20

ミアハンセンラブ未来よこんにちはを一言で言うならリベラルと共に死ね


https://youtu.be/uA_xb05Ei14
https://youtu.be/dHWr1rCCgH0

12月2日
https://youtu.be/1ZHdUxFlNOA
JPOPが屋根に当たる
K-popが屋根に当たる
オミクロンpopが屋根に当たる
太郎次郎が屋根に当たる

Positivamente no morirán
https://twitter.com/_YukioHakagawa/status/1466173896789348356?s=20

饐えた菊と用済みの葩たち

音の半分はアルヴィン

https://youtu.be/o5IEMwC3ylM

今咲いているツワブキはたいへん薬効があります

きみどりの区画が
ペンツールによって引かれ
杭は顳顬に
ガラスは浜に
空は汚れ
2つの虹のサークルの干渉
どんぐりは無差別に
石蕗は

コロナ下の情況は似たようなものでウズベキスタンでもまだ人と直接会うことは出来ません。

https://youtu.be/MiacxHf_tHc

12月3日
ミアハンセンラブ「未来よさようなら」は哲学の一文によって作り変えられた世界(夢の中でしか生きられないような現実)を提示したいと思っている。我々はマトリックスの中にいるのではない。ネットフリックスの中に揺蕩っているだけなのだ。

良心の働きによって猶予が生じ、生命力による度を越えた恢復がある。その回復こそが敵であり、それは増長を呼び込み、死ぬ元気さえ湧いて来るというわけだ。

Cuando yo era pequeñuelo, hablaba como pequeñuelo, pensaba como pequeñuelo, razonaba como pequeñuelo

チェーン店の街道を何回も行き来して

焼け出されたので泊めてあげている無宿のさくらちゃんをにゃんトークで翻訳し続けたら愛されたいとしか言ってなかった。ご主人はアル中でどこかへ連れて行かれてしまった。

偽ものは論旨よりも光で分かる
寒い青か油揚げの黄色

12月4日

紙で箱作れる?

12月5日
西村が濁りに清酒を混ぜるのを「半ふりで」とheart&soul&mindの節に乗せて頼んでいたので起きてググったが勿論そんな用語は無かった

Asegurémonos de las cosas más importantes
https://twitter.com/_YukioHakagawa/status/1467267044207108098?s=20

茶碗とは割るためにあるのだ、ということを薄田泣菫は故事を引いて説明する
執着を捨てるためにそれは必要だった、と
https://www.satokazzz.com/airzoshi/reader.php?action=aozora&id=3309

https://youtu.be/tb6sjZc7xWk

朝のBBC▶︎東アフリカ一帯で水がなくて家畜の7割が死んでいる▶︎キリンとかラクダとかの死骸が累々と続き▶︎完全にもう終わりだ▶︎という演出がなされていて▶︎本当にそうなので▶︎もう完全に終わりだなと思う

12月6日
刑務所の食事が売りの食堂で蕎麦粉を使ったという焼き菓子に内部のイラストと「そーだよ〜」と言う顔が付いていたが嫉妬や病気で今日も崩れた朝の顔差別を
マルッキズム 50%
まルッキズム 50%

はなまるッキズム
炭水化物夢
をボイコット
https://twitter.com/9ui113rm0/status/1448715387059716097?s=20

次回展示タイトルは
割る器

次次回展示タイトルは
土にエナメル

邦題土よさようなら
というのも考えましたが却下

最期は火砕流で自分焼かな

Cesen de amoldarse a este sistema de cosas
más bien, transfórmense rehaciendo su mente

まだ生きていた斑猫
良かった

コスモス[κόσμος]

博多からどぎつい牡丹色のドラッグストアを全国展開するコスモスだが、コスモスκόσμοςの基本的な意味が「秩序」もしくは「配列」であることを知ってのことであろうか。秩序や均衡には美の概念が伴う。コスモスもそのような意味で美という考えを伝えているため,ギリシャ人はこの語を,特に婦人たちに関して「飾り」という意味でよく用いたのであった。化粧品を意味する英語のcosmeticもここから来ているのである。関連のある動詞コスメオーは、「整える」、「飾りつける」という意味があり、形容詞のコスミオスは「よく整えられた」もしくは「秩序正しい」ものを描写している。アテネに向かうチェーン店の街道を何回も行き来して、パウロはそうしたことを考えていた。
宇宙が秩序を表わしているためと思われるが、ギリシャの哲学者たちは時に、目に見える創造物全体を指すのにコスモスを用いた。しかし、彼らの間に考えの真の一致はなく、その語を天体だけに限定した者もいれば、宇宙全体を指して用いた者たちもいる。物質界の創造物全体を描写するコスモスの用法は一部の外典に出て来るが、それらはギリシャ哲学がユダヤ人の多くの分野に侵入しつつあった時期に書かれたものである。しかし、我々の中にはコスモス=宇宙などというプログレのジャケットのような趣味は見られない。
それでも、アレオパゴスのチェーン店だらけのモールに立ったパウロは、内なる苛立ちを覚えながらも、フィロストラトスが記録しているように、鬼滅以外にも知られていないガチャポンが数多く並んでいることに気付いていた。アテネが疫病に見舞われた時の話だが、エピメニデスは何頭もの羊を連れてアレオパゴスに行き、そこで羊たちを放し、僕たちにその跡を付けさせて、各羊が横たわった場所でその土地の知らない神に犠牲をささげるよう命じた。そのようにして災厄はとどめられたと言われている。街道沿いに、まだ知らないチェーン店があるのは、そのためであろう。そこらあたりから掴みの部分を作り、アラトスとクレアンテスの「そはわれらはまたその子孫なり」を引用して同じ土俵に立つようにしよう。そして、宇宙を意味する語としてコスモスを用いる思潮がギリシャ人の間で広まっているのであれば、そこからコスモスを戦略的に宇宙という意味で用いることにして、こう述べたのである。
“The God the (one) Ὁ θεὸς ὁ
having made the ποιήσας τὸν
world κόσμον(コスモン)
and all the (things) καὶ πάντα τὰ
in it, ἐν αὐτῷ,
this (One) of heaven οὗτος οὐρανοῦ
and of earth καὶ γῆς
existing Lord ὑ πάρχων κύριος
not in οὐκ ἐν
handmade χειροποιήτοις
divine habitations ναοῖς
is inhabiting κατοικεῖ”
「コスモスとその中の全ての物を造った神は、天と地の主ですから、人が造った神殿などには住まず、」

 

 

 

#poetry #rock musician

犬の歌 *

 

さとう三千魚

 

伊勢から
帰った

モコは
犬猫ホテルで待ってた

神は留守だった

きみは
鳥居のある

土産物屋のならびに佇ってた

貨幣を渡し
山嶽**を手にした

風呂を出て
鳥羽の朝の海を

見ていた
きみは言葉を持たない

きみと
言葉にならない声で

話した
話していた

港町に

帰った
帰ってきた

モコを連れて浜辺を歩いた
モコと西の山を見上げてた

きみは吠えることがなかった
きみははにかんで笑っていた

 

* 高橋悠治のCD「サティ・ピアノ曲集 02 諧謔の時代」”犬のためのだらだらとした前奏曲” より
** 山口誓子の句集「山嶽」(ふらんす堂刊)のこと

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

詩について 02

 

塔島ひろみ

 
 

すきまについて

 

高い吊り橋を渡るとき、板と板の間のすきまからずっと下の峡谷の底が見える。
すごく恐い。
開けたところから下を見るより、ずっと恐い。
ホームに電車がやってきて停まる。ホームと電車の間のすきまは真黒だ。
さっきまで陽に照らされていた線路が、急に恐ろしい深淵に変わってしまう。
その恐ろしい深淵に、私が追っかけた害虫が逃げ込んだ。
細すぎて懐中電灯の明かりも届かない、洗面台と床の間の真っ黒い空間は、這う虫の命を守るシェルターで、
道端の、ゴミだらけのほんのわずかなコンクリートのすきまからは、ここからもそこからも雑草が芽吹き、根をはり、花を咲かす。
時に生物を奈落の底へ落とし込むすきまは、命の魔法の泉でもある。
それより大きく、強いものが入りこめない、弱者の世界。
弱者に挽回のチャンスを与える、逆転の装置。

地元の京成立石駅周辺は、曲がりくねった細い路地が入り組んで、すきまだらけで、そのすきまには赤い顔の大人たちがひしめいて立ったまま酒を飲む。またあるすきまではまだ開いていないスナックの前で、猫好きのおばあさんが猫に餌をあげている。通りを歩いていると、どこかのすきまから、カラオケの音痴な歌声が聞こえてくる。
そのすきまには、彼らより大きく、強いものは入れない。
そのすきまの深淵が恐ろしくて、恐くて入れない人もいる。
すきまは、その形、サイズ、深さによって、一人一人に違う意味をもって存在する。
肉屋と、つぶれた花屋の間にすきまがある。細くて、黒くて、その先に何があるのかは見えない。
何が始まっているのか、何が企まれているのか、私には見えない。

重なり合う葉と葉のすきま、げんこつを握った時の指と指の間にできるすきま、
この世には、同一のものなど何一つなく、全てがいびつだ。
図面上ではフラットでも、モノとモノがくっつけば、すきまができる。
図面とモノの間にもすきまができる。
いびつな地球を、数字と定規で表そうとするときにも、すきまができる。
そしてある思いを、ある感覚を、言葉という記号で語ろうとするときにも、すきまができる。
あなたの言葉と、私の言葉の間のすきま。
体と言葉、こころと言葉の間のすきま。
そのすきまが「詩」。なのではないか。
そんな気がする。

だから詩は、弱く、小さいもののためにある。
弱く、小さいものを、闇に沈めたり、温かく包みこんだりする。

立石駅周辺、4.4ヘクタールもの一帯は更地になり、4棟の超高層ビルが建つらしい。
「土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図り、魅力ある駅前環境を形成するため」と、北口地区の計画書にある。
いくつものすきまが消滅し、虫も、ノラ猫も、酔っ払いもいなくなった4.4ヘクタールに建つ超高層ビルに住む人の孤独を考える。心のすきまを考える。
「合理的な」窓、「健全な」キッチン、機能的な居住空間と、そこに住む、いびつな生きものである「人」たちとの間にできるすきま。35階建ての壁に生じるぞっとするような暗い亀裂。そのすきまに、
まだ誰も見たことのない雑草が生えるだろうか。
誰も見たことのない虫が眠るだろうか。
誰も読んだことのない詩が生まれ
頑丈にロックされた防音窓のすきまから
まだ誰も歌ったことのない歌が、聞こえるだろうか。
そのとき区長は、「しくじった」と、自分の禿げた頭を叩くだろうか。

 

 

 

君の脚音を集めて飲んだ

 

一条美由紀

 
 


美しい言葉の奥に潜む自己満足のあざとさに
むしろ醜いままの方がマシだと思う

 


乗客は残り少ない
何処かへ行かねば、、
目的は必要なのだ
たとえ嘘でも

 


日は沈み影絵のなかに車は滑る
宇宙のことわりの中に
答えのない問いかけは増えてゆく

 

 

 

夢素描 20

 

西島一洋

 
 

鉄球について

 

ここに直径60センチほどの鉄球がある。40年くらい前に拾った。

浅間山荘事件の時の鉄球によく似ていると思って、拾った。

名前があるというわけではないが、僕はこの鉄球に非殺生の力を感じるので、名前があるのかと聞かれると、安易にアヒンサと答えてしまっている。

中は空洞で、少し水が溜まっている。転がしたり、振ったりすると、その水が鉄球の内側を優しく撫ぜる音がする。しゅるらん、しゅるらん、しゅん、という感じの音。

重そうに見えるが、意外と軽い。展覧会のため韓国に郵送しようとして、その時に初めて重さを量った。重さ制限をこえていて、送れなかった。およそ、25kgである。

車で運ぶこともあるが、キャリーに乗せて歩いて運ぶ事が多い。国内だけでなく、ニューヨークやサンフランシスコなどの行為の時にもキャリーで持っていった。

晒し木綿を括り付けて、運ぶというか、転がしながら一緒に歩くという時もある。夏の炎天下、自宅から犬山のキワマリ荘まで17km、五条川を歩きながら鉄球を引っ張りながら遡ったこともある。翌日、強烈な歯痛。歯医者に直行。奥歯を噛み締めすぎて、溜まっていた歯石が歯茎に食い込んでいるとのことだった。

余談だが、子供の時から、歯磨きの習慣が無く、それでも虫歯が一本も無いというのが自慢の種だった。歯石が溜まっているのは知っていた。というよりも、歯石が溜まって、時折、その塊がゴソっと取れる時の快感に至福を感じていたくらいだった。このキワマリ荘までの17kmをきっかけに、歯を磨くようになった。歯間ブラシも使う。一転変わって、今や歯磨きの快感を享受することになった。

鉄球に戻る。

40年ほど前に、北陸、福井の原発内の浜で拾った。漂着物である。高いフェンスで覆われた立ち入り禁止の浜だった。

原発で勤めている絵描きの友人がいて、原発内の浜が美しいということで、10人くらいだったかな、写生会となった。

僕は元より原発に反対であるし、放射能も怖かったから、参加したくは無かったが、つい押し流されて、その浜に入ってしまった。浜に入る前に、原発の施設を通過しなければならない。被曝の計測の装置があり、入る時と出る時にチェックがあった。

押し流されているという軟弱な自分に対しての自己嫌悪は強くあった。

確かに美しい浜だった。両抱えできないほどの、極太の老松が浜にたくさん連なって林になっていた。土地名も美浜という。原発の立地は、もともと人口が少なく、したがって人に汚染されていない風光明媚な場所ということになる。原発は、そういうところに作るのだ。人口が少ないから反対する人も少ない。原発ができてからは、さらに人が訪れることもなく、浜は、時の痕跡を逆説的だが自然な形で残している。

写生会ということだったが、僕は絵を描く気には全くならない。浜をうろうろしていると、さまざまな漂着物がある。大砲の弾のようなものもある。なんの道具か、もしかしたら兵器の朽ちたものか、やたら錆びた鉄製のものが多い。大陸から日本海の浜に流れ着いたのだろう。

で、そのような雑多な漂着物の中に、この鉄球があった。

浅間山荘の鉄球をすぐに連想した。僕はほとんど無意味にこの鉄球を持って帰ろうと思った。しかし、この原発の浜は、フェンスに囲われており、監視カメラもある。持ち出すことは困難だと思われたが、意外にすんなりとフェンス外に持ち出す事ができて、誰かの車に積んだ。まあ、原発で働いてる友人の知り合いという事で、監視もあまかったのだろう。

で、福井から名古屋に持って帰ってきたものの、この鉄球自体が放射能に汚染されていないか、心配だった。

したがって、おためごかしかもしれないが、家族とは少し離れた、自宅裏にある三階建ての建物の屋上に置いていた。

ここからが若干複雑になる。

(複雑になる前に、さらに複雑な言い訳というか、成り行きとというか、まあ、孑孑彷徨変異というか。夢素描について、少し説明したい。端的に言うと、夢日記では無い。夢の記憶を辿る時の、思考回路を援用し、現実の記憶を構築する行為だ。したがって、夢そのものを筆記するときもあれば、夢でなく現実を筆記するときもある。この作業は同じ地平なのだ。端的にと言いながら、さらに分かりにくいかもしれないが、自分の思考回路というか、感覚に嘘はない。まあこれ以上、とりあえず今は説明しない。時間さえあれば、ちゃんと説明できるということだ。素描だから作品概念は無いものの対象化の作業はできるだけしている。)

鉄球を拾った当時、1980年代前半頃だと思う、僕は、飯田美研との濃厚な交流があり、彼等の考え方に強い影響を受けてもいた。

飯田美研というのは、長野県飯田及び豊丘村とかその周辺の現代美術家の活動体である。西村誠英と木下以知夫がその中核か。

西村誠英は、メールアートを通じて各国から紙片の廃物を集め、そこに文字(漢字の「死」の上に何か記号が書いてある)を書き埋め尽くし、それを細かく破っては、さらに糊でくっつけ、さらにそれを破り、それを繰り返すという作業(行為)を連綿と続けていた。西田哲学に強い影響を受けていたと思う。

木下以知夫は、廃物となったガードレールを山から拾ってきて、それを大きなハンマーを全身で叩きつけるという作業(行為)を連綿と続けていた。禅の思想が背景にあったのかもしれない。ある時作業中に、突然、柿の実が、自分の首筋後ろに落ちた時に「覚」があったとのこと、これは僕でもなんとなく分かる。

彼等飯田美研は、なぜ、こんな行為を続けているのか、僕なりに、よく分かっていた(つもり)。

彼等飯田美研は廃物、とりわけ人工廃物と、対話(闘って)していた。長崎や広島の原爆についても、人の営為の虚しさと限界について語っていたように思う。いや、もっと深い。

彼等飯田美研は、やたらと造語を使うので、とても難解だ。特に、書かれた長文の文章を読み解くには相当のエネルギーを要する。僕が、無学だからかもしれない。でも、僕は、感覚的に、飯田美研の言っていることを、断片的にせよ理解していた。

例えば、彼等飯田美研の言う「物力(ぶつりょく)」。

よく見ると、目の前にあるもの、そしてその周辺、さらにはそれを取り囲むものは、全て人工物で横溢している。全て人間が人間のために作ったものだ。まあ、厳密に言えば、作ったと言うより加工したものだ。

具体的に言うと、今、これを書いている状況では、手の先にiPad、それを支える空き箱、空き箱に入った飲み残した薬、消しゴム、ペン、すぐ横にはコンセントがいくつも刺さった電源、ちょと奥に目をやれば、ビデオカメラを修理しようとして本体から外した極小のビス、刺身皿大の陶器皿五個に分類して入っている、その横に冬だから使っていない電気蚊取り線香、上の棚に目をやれば、置き時計、ふと横を見れば、ベランダの掃き出し窓、その窓の向こうには、道をはさんで3階建てのマンションのまどのあかり。

何が言いたいかと言うと、生活用品も家も道路も人間のためにだけ存在させられている。彼等飯田美研の論法で言えば、物が人間の抑圧を受けて存在している。物力は封じ込められている。かなり分かりにくいかなあ。でも、僕は分かる。

ゴミとは人工廃物。人間が人間のために自然を加工して、人間が使用し、そして要らなくなって、打ち捨てられたもの。

彼等飯田美研はそこに、人工廃物に、物力が生じると言う。つまり、人間の抑圧を受け続けてきた物が、ゴミとなることによって、人間の抑圧から解放されて、本来の物力を取り戻すのだ。ゴミは人間にとっては廃物だが、物にとっては人間の抑圧からの自由解放で、本来の物力が生じるのだ。彼等飯田美研はその物力をリスペクトする。

だから、彼等飯田美研は、ゴミのリサイクルもジャンクアートも否定する。リサイクルは、ゴミとなってせっかく人間の用を離れて自由になったのに、もう一度人間の束縛を受けなければならない。ジャンクアートも然りである。せっかく自由になった物を拾い集めて、再びアートという人間の勝手な幻想のもとに束縛を与える、この矛盾。彼等は、愚直にも廃人となって、ゴミとの直接の対話の行為を選んだ。ジャンクアートではない。僕はそれが正しいと思う。とても苦しい修行のような行為だ。

僕は鉄球を拾った。

拾った時点でもう、間違いを犯していたかもしれない。せっかく人間の抑圧から逃れて自由になって、海を漂い、たまたま海岸で休んでいたのだろう。それを、僕が、拾って、無理矢理、福井から名古屋に持ち帰った。

安易だった。街の中をゴロゴロ転がせば面白いかなあ、その程度だった。

だが、飯田美研の人工廃物に対しての接し方を見ていたから、僕は、持ち帰った鉄球を側に置きながら、何もすることができなかった。鉄球との対話はした。自己問答のようなものではあるが、僕はまさしく鉄球と対話していた。

対話は続けていたが、何も出来ずに、五年程が経過した。僕にできることは、もう、海に還すしかない。というより、そのつもりになっていた。

五年ほど経過した頃に、ある展覧会があった。北川フラムが日本での受け入れ先となった「アパルトヘイト否!国際美術展」である。美術展の経緯や内容の説明は省くが、この展覧会は世界だけでなく日本では各地を巡回した。

名古屋展では僕が受け入れの事務局的な役割になってしまった。なってしまったというのは、当初市民運動家達中心の運営の催し物にということで、動き始めたけれど、彼らの動きに無理があって、結局美術家達側の僕が動かざるをえなかった。マネージメントとか、本当に大変だった。心身ともにクタクタになったし、もう二度とこのようなことに関わりたくないとさえ思った。

ただ、名古屋展は、この国際美術展を受け入れるだけでなく、同時に名古屋の美術家に呼びかけて、同時にメッセージを発信したいと思った。そして、「from our hearts」という展覧会を企画した。これは、事前に岐阜の美術館や名古屋のギャラリーで開催し、さらに国際展の行った名古屋国際センターで同時開催した。おそらく国際的にも異例なことだったと思うが、単にこの国際美術展を受け入れるだけでなく、自らも発信したいという想いが形になったのだと思う。

で、その美術展に、自分の等身大の人形を作り、その人形の上に鉄球をおいた。人形は寝っ転がって、鉄球を抱えている。正確にいうと、三回あった美術展のギャラリーでの時に出品した椅子の上に座っている人形を、最終の国際センターでの展示には寝っ転がして、鉄球をポンと置いた。

ポンと置いた時に、5年間対話していたことが少し分かった。僕は今まで、この鉄球と対話と言いながら、対等ではなく、僕の所持品としての物(ぶつ)だった。でも、この時、理屈ではなく、吹っ切れた。僕はこれまでこの鉄球を所持品と思っていた。それが違うということが分かった。

所持品という概念はすっ飛んでしまった。もっと言えば、主従の関係で言えば、一緒にいる時は、鉄球が主であり、僕が従であるという感じかな。できれば対等でいたいが、何故かしらまだ鉄球はそれを許してくれてはいない。まあ、僕としては、側に居させてくれているだけで嬉しい。僕の鉄球と関わる一連の行為は、追悼と懺悔である。追悼は永遠、懺悔は無限。

吹っ切れた僕は、それまでと一転打って変わって、鉄球を相当手荒く扱うようになった。一日中晒しで引っ張って、路上を転がしたり、建物の屋上からぶん投げたこともある。丈夫な鉄球であるが、結果、長年の間にかなり傷ついて、でこぼこになってきた。

最近はあまり見ていないが、10年くらい前だったか、何度か続けざまに、鉄球の夢を見た。そのほとんどが、鉄球が、紙風船がしぼむように、クシャクシャになってしまうという夢だった。

40年も一緒に居ると情が湧く。今でも路上を転がしたりはするが、昔よりは丁寧に優しく接している。

 

 

 

ちょっと贅沢な1日を

 

みわ はるか

 
 

経済活動がだんだんと緩やかになってきた。
基本的な対策を取りつつも外に出たい気分になった。
根本はインドア派のわたしだが、むくむくと雑踏に足を踏み入れたくなった。
できることはできる時にと早速実行に移すことにした。

その日はやや薄手のコートが必要な肌寒い気候だった。
クローゼットからベージュのコートを引っ張り出し、ニットのワンピースの上から羽織った。
茶色の斜め掛けのバッグと藤色のパンプスを履いて外に出た。
バス停までの数分の道のりは、新鮮な冷たい空気に頬を刺激されたけれど悪くなかった。
冬は確実にやってきていた。

バス停の中には小さな売店がある。
お昼ご飯を済ませていなかったので、おにぎりやらスナック菓子やら甘い物やらをせっせとかごに入れた。
こういう場所に来ると、ディスプレイがいいのかなぜか必要以上に買い込んでしまうのはきっとわたしだけではないだろう。
レジで合計金額を見るといつも予想以上で驚くのだけれど、いっこうになおらない。
まぁ、旅のお供だからとかなんとか理由をつけて自分を納得させている。
バスの発車時刻まではまだ少し余裕があった。
待合の椅子に座りキョロキョロ辺りを見回した。
大きな荷物を抱えた人、学生らしき人、とってもお洒落をしたマダムたち。
みんな色んな理由でここにいる。
そんな人たちの集まりを見るのが好きで、いつもバスの発車時刻よりも大分前に来てしまう。
そうこうしているうちにバスが来た。
わりと空いていて真ん中位の窓際の席に腰を下ろした。
イヤホンを取り出し、好きな動画を見ながらさっき買った食べ物たちを食べる。
こんな単純なことがものすごくドキドキして幸せな気持ちになる。
やや長いバス旅は始まったばかりだ。

滞りなく、時間通り目的のバス停に到着した。
しまった、見たい映画の時間まであと15分しかない。
そのシネマが入ったショッピングモールまでバスを乗り換えて5分はかかる。
ナイスタイミングでそこ行きのバスがやってきた。
急いで乗り込んで、時計とにらめっこしながらソワソワした気持ちを必死に落ち着かせる。
バスを降りて一目散にショッピングモールに入るのだけれど、どうしてもシネマが見つからない。
スタッフの人に慌てて聞くと、どうもここは本館でシネマは分館にあると言う。
着ていたコートを脱いで、またダッシュで目的地へ走った。
ギリギリ滑り込みセーフでなんとか上映時間に間に合った。
ふぅーと息を整えながら、映画館特有の空気の中に身を委ねた。
長らく映画を見ていなかったので、初めは色んな映画の番宣があることをすっかり忘れていた。
そうだ、こんなに急ぐこともなかったのだ。
その証拠にわたしの後から何人かゆっくりと談笑しながら席に着く人がいた。
優雅に飲み物やらポップコーンやら両手に抱えて。
あぁ、わたしも本当は買いたかった、残念無念とはこのこと。
でも映画はとってもよかった。
大画面のスクリーンは気持ちを高揚させてくれる。
あぁ、ありがとう映画!
余韻に浸りながら、プラプラとショッピングをした。
前から欲しかった底がやわらかい好みのスニーカーを買えた。
インテリアショップの自動ソファには感動した(値段を見たときには0の数を何度も数えてしまったけれど)。
お洒落なフレグランスの香りにいい気分になりずっとそこにいたかった。
自分専用で作ってもらっている枕(肩こりが昔からひどい)のメンテナンスをしてもらいとても満たされた。

そんなこんなで、足も疲れたし帰ることにした。
こんな1日がわたしにとっては色んなことを忘れさせてくれてHAPPYな気持ちになる。
毎日こんなのは疲れるけれど、たまにお気に入りの服や靴で出かけたくなる。
今年はこれが最後かな。
また来年もこんな日を定期的に作れたらいいな。
帰りのバスでは爆睡してしまい、そのお陰か車酔いもすることなく無事に終点最寄りバス停に着いた。
夕暮れ空は冷たい空気を凝縮させていて、わたしはコートをぎゅっと掴んだ。

 
2021年もお世話になりました。
どのような方が読んでくださっているのかわたしには分かりませんが、共感したり楽しみにしてもらえていたらこの上ない幸せです。
よいお年をお迎えください。