michio sato について

つり人です。 休みの日にはひとりで海にボートで浮かんでいます。 魚はたまに釣れますが、 糸を垂らしているのはもっとわけのわからないものを探しているのです。 ほぼ毎日、さとう三千魚の詩と毎月15日にゲストの作品を掲載します。

その町は

 

工藤冬里

 
 

その町は
青シャツで警備する
建物の周囲を一通り周ると
中に消える

与えられないし
受けてはいけない
鬱金に染まった石油由来の

思ってもみなかった嬉しい経験

毀れたロボットは枇杷色をしており
青梅はもう無かった
2種類あるcosmosの
敵対する方を工場としたので
蛍は消えた
太陽は闇に月は血に
雨は真っ直ぐ振り下ろされ
無数のバットが地を打ち叩いた
いつまでもジュラ紀の泰山木と
枇杷色ロボットは
透明なスライドショーによってラファに到達している
この黄色い手帳には
不作だった梅のみどりい記憶が書かれている

そして
雨が止むこと
空に手書き文字
泣き喚く危機

 

 

#poetry #rock musician

あたたかい海 ***

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 77     kiko さんへ

さとう三千魚

 
 

道端に

咲いてた


咲いていた

可愛いね
青い花だね

海は
空を映して

青いよ

きみを映す花だね

 
 

***memo.

2024年5月25日(土)、
静岡一箱古本市の日に水曜文庫での即興詩イベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」第二十五回で作った77個めの詩です。

タイトル ”あたたかい海”
好きな花 ”すみれ(紫色の)”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

わたし ***

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 76     akiko さんへ

さとう三千魚

 
 

派手かしら
わたし

ガーベラが好き

ピンクや
イエローや

オレンジ色の
ガーベラがある

わたしは真紅のガーベラが好き

わたしはわたし
わたしガーベラ

 
 

***memo.

2024年5月25日(土)、
静岡一箱古本市の日に水曜文庫での即興詩イベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」第二十五回で作った76個めの詩です。

タイトル ”わたし”
好きな花 ”ガーベラ(真紅の)”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

あなたの議論は数式である

 

一条美由紀

 
 


鏡の中の私の顔は覇気がない
変顔で自分自身のウケを狙う
よし、先日買ったブラウスで仕事に行こう
イヤミを連発するあいつの顔が
靴を履いてる時浮かんで消える
評価4.8の居酒屋で集合のLINEを流す
噂話にゃ負けないよ
休日に2次元推しを観まくれば
ふわっと社会に慣れてゆく

 


苦労話が好きな男
不幸話を集める女

 


始めは抵抗のあったうそも
今は流行りのゲームのごとし
胸しめつける嫉妬も
自己を俯瞰するためのテクニック

 

 

 

焼きサバ ***

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 75     masahiro さんへ

さとう三千魚

 
 

子どもの頃
きみを摘み

蜜を
吸ったよ

白粉花

ピンクの
花だったよ

きみは
可愛かったよ

いま
おれは

焼き鯖で
ビール飲んでる

 
 

***memo.

2024年5月25日(土)、
静岡一箱古本市の日に水曜文庫での即興詩イベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」第二十五回で作った75個めの詩です。

タイトル ”焼きサバ”
好きな花 ”オシロイバナ(ピンクの)”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life