あきれて物も言えない 09

 

ピコ・大東洋ミランドラ

 
 


作画 ピコ・大東洋ミランドラ画伯

 
 

マスク外して海をみていた

 

「新型肺炎 国内感染が広がる」という見出しが新聞の一面に大きく出ていた。
ここのところテレビも新聞も中国から世界に拡散する新型コロナウイルスの感染被害について報じている。
ついに日本でも感染者は338人(2月16日現在)という、テレビで専門家はすでに数千の規模で日本でも感染者がいるだろうとコメントしていた。
中国では感染者が6万8,500人となり死者数がすでに1,665人だという。毎日100人以上が死んで行く。

最近では外出の際にはマスクをするようにしていた。
感染するのが怖いし他人に染すのも嫌だ。

ところでウイルスの直径は0.1マイクロメートルで、
1マイクロメートルは0.001ミリメートル、
マスクの網目は10マイクロメートル、
マスクの網目はウイルスの100倍も大きいのだから、おそらく、あまり、予防効果は無いだろうなと思いながら他人を怖がらせないためにマスクをしているようなところも自分にはあるのかな。

それで、日本ではマスクが品薄なのだという。

横浜港に停泊中の大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗員3,700人には感染が広がり、285人がすでに感染していて日々感染がひろがっているのだという。
それでアメリカは自国民、約380人をチャーター機で退避させるのだという。
アメリカや各国のメディアは「(日本政府の検疫は)感染を止めるものではなく、船内で感染を広げているという証拠が山ほどある」と専門家のコメントを紹介し日本を批判しているのだと新聞には書かれていた。

新型肺炎だけではなく、
中東やアフリカの紛争、難民、温暖化、気候変動、森林火災、環境汚染、経済の不安定化、などなど、
世界には問題が山積している。
全て、人間の問題だ。
地球という宇宙にとっては人間がもっとも危険な害毒であるのだろう。
そろそろ人間というリスクをどのように回避するのかを考えはじめているのだろうか。

そんなことを思いながら雨の日曜日、浜辺に出かけていった。

海浜公園には人影がなかった。
マリーナの隣の堤防で何人か釣りをしていた。

西の山が雨に霞んでいた。
水平線が横に伸びていた。
マスク外して海をみていた。
今朝の朝日俳壇の俳句を思いだしていた。

 

旅人の如くマスク探しけり

 

さいたま市の齊藤紀子さんという方の句だった。

われわれは旅人でありましょう。
明日さえも今日さえもわからない小さな旅人でありましょう。

あきれて物も言えません。
あきれて物も言えません。

 

作画解説 さとう三千魚

 

 

 

私は純粋に遭難した *

 

ここ
二十年ほど

高橋悠治のシンフォニア11を聴いてます

ジャケットの
表紙には

和田誠さんの描いたピアノを弾く
高橋悠治さんの

イラストが使われています

この
シンフォニア11を聴いてきました

義兄が死んだとき
葬式の後で

内陸縦貫鉄道に乗りました

ひとり
青森の深浦まで行きました

それで
深浦の海をみた

詩を書いた

その詩をみた志郎康さんが
いいですね

そう
いってくれた

さとうさんは言葉をドライブすることができれば
“芯”は独りでに出てきますよ

そういってくれた

中村さんが死んだ
渡辺さんが

死んだ

和田誠さんが死んだ

あのヒトも福島で死んだ

母が死んだ
義兄が死んだ
義母が死んだ

言葉は
無力だった

母の骨は
味がなかった

私は白骨化しました *
言葉の届かない場所がありました

きみにも
かれにも
あなたにも

あのヒトにも

じつは届かない

届いていませんでした

きみも
かれも
あなたも
わたしも

いつか

わからないものがわかるだろう

この音は骨のようです

今朝も
シンフォニアを聴いてます

 
 

* 工藤冬里の詩「spring without winter」からの引用

 

 

 

その天辺で男が歌っている *

 

墓参してきた

けさ

義母の
墓に

線香をあげた
手をあわせた

きょう
きみのお誕生日だね

きみの幸を

祈った

詩を書くために
君たちから

離れた
かもしれない

いま海を見てきた

海は

空を映して
青く

平らだった

ヒトは何万年もまえから
海をみてたろう

このまえ駿河さんの詩を読んだ

宇宙はまったく待ってなどいない **
という詩だった

そう
宇宙はまったく待ってなどいない **

だけど

海をみてると

この海も
この男も

宇宙だと思う

宇宙は待ってなどいないよ
だけどこの胸の中にあるよ

その天辺で男が歌っている *
その天辺で男が歌っている *

その歌をきみに伝えたい

ここがほんとうのはきだめなら *
ここがほんとうのはきだめなら *

その歌を

きみに伝えたい

 
 

* 工藤冬里の詩「三つ巴」からの引用
** 駿河昌樹の詩「宇宙はまったく待ってなどいない」からの引用

 

 

 

馬の首を折る *

 

姉と

甥夫婦が
週末に遊びにきていた

甥夫婦は

さわやかと
動物園と
駿府城と
海に
行きたいといった

それで車でさわやかに寄り海を見に行った

姉は
味噌と荏胡麻とふくだちを

送ってくれていた

納豆汁を
作ってくれた

ふくだちは湯掻いて食べてといった

秋田では
まったく雪が無いといった

めまいがして
このまえ仕事を休んでいたのだと姉はいった

日本平動物園では
チンパンジーと

ハイエナ

キリン
白クマ
ゴマフアザラシ
ジャガー
ライオンを見た

ペンギンも見た

どの動物も寒そうに丸まっていたが
ペンギンとゴマフアザラシは元気に泳いでいた

キリンは冬の空の下で長い首を捻り高い木の葉を食べていた

キリンは

どうしてそんな首が伸びたか
わからない

 

* 工藤冬里の詩「二月」からの引用

 

 

 

せめて真っ新のゴミ袋くらいにはなりたかった *

 

雨は
あがった

高地では

雪なのだという

ここは
高地ではない

海辺の街

みかんとお茶がとれる
白子もいる

ヒトは
曖昧だね

笑っている

三保の
海は

急深かになっていて
離岸堤の近くに鯛もいる

このところ舟を浮かべていない

なにも
海に

浮かべるものがない

雨は
あがった

せめて真っ新のゴミ袋くらいにはなりたかった *
せめて真っ新のゴミ袋くらいには *

壇蜜の日記が届いた

 

* 工藤冬里の詩「焼肉屋」からの引用

 

 

 

どんな希望があるか *

 

今朝も

仏壇に
水とお茶とご飯を供えた

花の水をかえた

味噌汁を作った

サラダを
女に持たせた

モコは

女から薄いハムを貰ってた
キャベツの千切りと人参と犬飯を食べた

羽毛ふとんのなかに埋まってモコはねむった

洗濯物を干し
ゴミを出しにいった

さざんかが紅く咲いてた

西の山の上には
雲が

いない

この窓からヒトの姿がみえない

どんな希望があるか *
どんな希望があるか *

地上にはいま77億人のヒトがいるのだという **
2050年には100億人に達するのだともいう **

地上にいて
西の山を見ている

雲が
いない

山の向こうに

いないヒトがいる

 

* 工藤冬里の詩「自販機」からの引用
** 国際連合広報センター「世界人口推計2019年版:要旨 10の主要な調査結果(日本語訳)」を参照
https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/33798/

 

 

 

あきれて物も言えない 08

 

ピコ・大東洋ミランドラ

 
 


作画 ピコ・大東洋ミランドラ画伯

 
 

やらなければならないことを置いて

 

ここのところ滅入っている。

そんなことを書くと幸せな方々の気分を悪くさせてしまうようで、
申し訳ない気分です。

どうして気が滅入るのだろう。

人には言えないような理由はいくつかあるのだがこの滅入ってくるという気分は、
わたしの平常心なのかもしれないとも思う。

この男、あまり面白くない奴なんですよね。

一昨日は、
やらなければならない事を置いて犬のモコと海を見にいった。

今日は、
やらなければならない事を置いて、
モコと居間のソファーで横になっている。

洗濯をする。

部屋の掃除をする。

トイレも綺麗する。

草をむしる。

玄関の絵を掛けかえる。

野菜と肉の煮物を作る。

水曜文庫に遊びに行き本を買ってしまう。

モコと散歩する。

そんなことでやらなければならないことから逃避している。

一昨年だったか、
東京からここに引っ越してきたが、
本の山をやっと二階の部屋に押し込んだのが去年だった。

それで下の部屋の襖が開かなくなったと女に小言をもらった。

だいたい、
本というものを売ることも捨てることもできない。

それでも本は買ってきてしまう。

本や詩集を送っていただいても、
なかなか読みすすむことができない。

お礼状も書かなければならないができていないものがたくさんある。
申し訳なく思っている。

だんだんと気が滅入ってきて身動きができなくなってしまう。
やらなけれならないことを置いている。

やらなければならないことは、
誰かと約束したことではないがやらなければならないと自分で自分に約束したことなのだった。

挨拶とか礼とかがある。
やらなけれならないことを置いているとやがて淋しい心細い場所にいることになる。

そんなことを考えているとよけいに気が滅入ってくる。

今朝も、
早く起きて、義母の仏壇に、お水とお茶とご飯をあげて線香をたてた。
それからモコと仏壇に手をあわせた。
義母のこと、母のこと、義兄のこと、
女とモコのこと、子どもたちのこと、秋田の姉と兄のこと、志郎康さんのこと、友人たちのこと、などなど、
みんなのことを祈った。

それから味噌汁を作った。

女の弁当とサラダも作った。
朝ごはんを食べた。
洗濯機を動かした。
洗濯物を干した。
浜風文庫にひさしぶりの志郎康さんの詩をアップした。
それでいまこれを書いている。

いまは、やらなければならないことを置いて、全部、置いて、詩を書きたいですね。
詩といっても詩とは別れて詩ではない詩を書きたいですね。

その後で、モコと浜辺に行きたいな。

あきれて物も言えません。
あきれて物も言えません。

 

作画解説 さとう三千魚

 

 

 

川床の工事 *

 

その女が
忘れられない

だけど

はは

それが誰だか
忘れた

それゆけ、ポエム。 **
それゆけ、ポエム。 **

遠い
遠い

俤の

裸足の

白い
ほそい中指が

綺麗

川床に
ゆらゆら

揺れてた

ゆらゆら
揺れていたな

コントラプンクトゥス

コントラ
プンクトゥス

コントラ
プン

死後 ***
未完のまま ***

出版された ***

川床をユンボで掘る
川床をユンボで掘る
川床をユンボで掘る

石は川岸に積む

その女は原発にやられた
その女は原発にやられた

 
 

* 工藤冬里の詩「森で眠るようになる」からの引用
** 鈴木志郎康の詩「詩」からの引用
***ウィキペディア「フーガの技法」からの引用

 

 

 

きみの夫は下層であった *

 

若かったころ

四谷の

三栄町の
公園の

鳩の

地面のパン屑をついばむのを
みてた

夏の初めの
空の

水いろの

松の葉がさわさわと揺れ
てた

さわさわと
さわさわと

揺れて

いたな
みていたな

若かったころ
きみの夫は下層であった *

鳩たちは

公園の
パン屑を拾って

生きてた

若かったころ
きみの唇は赤く睫毛は長く黒く

きみの夫は
四谷の

教会の鐘の音を聴いてた

若かったころ
若かったころ

知らなかった

ラルゴも
エレジーも

知らなかった

きみの夫は
松の葉がさわさわと揺れてた

きみの夫は下層であった *
きみの夫は下層であった *

いまは
1886年のエレジー **を聴いています

 
 

* 工藤冬里の詩「酢waters」からの引用
** エリック・サティ「1886年の3つの歌」の「エレジー」のこと

 

 

 

白馬に囲まれる *

 

空白から

はじめたのか

なぜ
空白から

はじめたのか

そこに波だつものがいたからか
そこに波だつうなばらの

女がいたからか

そうなのか

はじめたのか
同緯度同縮尺のつもりで *

旅に
でても

空白を連れていく

波だつもの


白馬

そこにわたしだけの白馬が裸足で佇ってる

女だ
白馬だ

白馬に囲まれる *
白馬に囲まれる *

白馬の汚れた長い髪を撫でる
白馬の汚れた長い髪を撫でる

うなばらの
汚れた長い髪の
女の
首の
白馬の

抱きしめている

うなばらに佇つ女の
白馬の

しろい首を抱いている

 
 

* 工藤冬里の詩「大阪で」からの引用