pity・あわれみ

 

Michio Sato

 
 

this morning too
on the ground

it was raining

wash the dishes for breakfast
do the laundry

then
I took out the trash

because it’s raining
Moco was waiting at the entrance

Some people were killed by the muddy stream

because of the plague
Some people can’t go anywhere

The purple morning glory flower was wet in the rain

When I get home
Moco had leaked pee in the living room

 

 

今朝も
地上に

雨が降ってた

朝食の食器の洗い物をして
洗濯をして

それから
ゴミを出しにいった

雨だから
モコは玄関で待ってた

濁流に流されて死んだ人もいる

疫病で
どこにも行けない人もいる

紫色の朝顔の花が雨に濡れていた

帰ると
モコは居間にお漏らししていた

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

stray・道に迷った

 

Michio Sato

 
 

this morning

my brother
admitted to a hospital

That he has a throat illness

He liked liquor and cigarettes
Did not stop

He liked mountains

He liked fishing

I can’t go to visit him

Masahiko Kuwahara’s solo exhibition begins tomorrow

I
Can’t go

got lost

We were
We got lost

We can’t go anywhere

 

 

今朝

わたしの兄が
病院に入院するという

喉の病気だという

酒と煙草が好きで
やめなかった

山が好きだった

釣りが好きだった

わたしは見舞いに行くことができない

明日から
桑原正彦の個展がはじまる

わたしは
行くことができない

道に迷ってしまった

わたしたち
道に迷ってしまった

どこにも行くことができない

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

dispense・なしですます 分け与える

 

Michio Sato

 
 

at midnight
woke up

I was Sleeping on the sofa in the living room

with Moco
was on the sofa

at midnight

The news of heavy rain was reflected on TV

Epidemic also
Heavy rain also

there is none
give separately

we would be happy if we could do that

 

 

深夜に
目覚めた

居間のソファーに眠ってた

モコと
ソファーにいた

深夜に

TVで豪雨のニュースが流れていた

疫病も
豪雨も

なしですます
分け与える

そうできたら嬉しいです

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

feature・特徴 容貌

 

Michio Sato

 
 

at evening

When I get home
Moco was waiting in the front door

When I open the front door
You look up

and
Yawned

You have a big mouth open

and
closed your eyes

Yawned

Were you tired of waiting at the entrance and slept?

Moco
Moco

Childhood
You were like a baby bear

You are leaving an innocent

 

 

夕方

帰ると
モコ

玄関で待ってた

ドアを開けると
見あげて

あくびをした

おおきな口を開いて
目を瞑って

あくびした

玄関で待ちくたびれて眠った
のか

モコ
モコ

子どもの頃
子熊のようだった

あどけない俤を残してる

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

sterile・不毛の

 

Michio Sato

 
 

Raindrops were hitting
The wind was blowing strongly

Such a morning
The woman went out

after
I collected empty bottles and went to the trash

Moco was
waiting at the entrance

The world may be sterile

but
moment

sometimes smile

I can call it poetry

unnoticed

It’s
a faint light

 

 

雨粒が打ち付けていた
風が強く吹いていた

そんな朝
女は出かけていった

その後
空きビンを集めてゴミ出しにいった

モコは
玄関で待ってた

世界は不毛かもしれない


一瞬

微笑む時がある

そのことを詩といってもいい
気づかないほど

微かな
ひかりだ

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

figurative・比喩的な

 

Michio Sato

 
 

if I can
The metaphor is

I don’t use

if I can
To a deer

want to meet

I want to touch a deer

Not a metaphor

 

 

できれば
喩は

つかわない

できれば
鹿に

会いたい

鹿に触れてみたい

喩ではない

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

toil・あくせく働く

 

Michio Sato

 
 

At midnight
The woman

was crying on the sofa

She was

crying that her mother had died and she was lonely

Forever
She was crying

I took her and Moco to bed

She lay on the bed
And cried

I was beside her for a while

We work hard
And we have run out

 

 

深夜に
女は

ソファーで泣いてた

母が死んでしまって寂しいと
泣いてた

いつまでも
泣いてた

わたしは女とモコをベットまで連れて行った

女はベッドに横になった
そして泣いた

しばらく女のそばにいた

わたしたちはあくせく働く
そして使い果たす

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

chuckle・くすくす笑う

 

Michio Sato

 
 

When I was a child

had a cat

She was a calico cat

Her nose
was black

I called her Chaco

Chaco
Chaco

Chaco was vague
She was quiet

She gave birth to many children

Around winter

From home
Gone

Next spring
The body of Chaco was found in the barn of the neighbor’s house

Chaco
Chaco

chuckled

 

 

子どものころ

わたし
猫を飼ってた

三毛猫だった

彼女の鼻のあたま
黒かった

チャコと呼んでた

チャコ
チャコ

チャコはぼんやりしていた
静かだった

子どもをたくさん産んだ

冬になる頃

家から
いなくなり

翌春に
隣家の納屋でチャコの死体が見つかった

チャコ
チャコ

クスクスと笑ったね

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

yell・怒鳴る 叫ぶ わめく

 

Michio Sato

 
 

today
It was raining

Wind too

It was blowing strongly

Already
Late at night

Wind and rain is hitting the shutter

Screaming

Yelling

Now
I have nothing

The thing is

Nothing and
The same thing

drop the raindrops there

 

 

今日は
雨だった

風も

強く吹いていた

もう
深夜だが

風雨が雨戸を叩いている

叫んでいる

叫んでいる

いま
わたしには空無がある

そのことは

なにも無いことと
おなじことか

雨のしずくをそこに落としてみる

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

method・方法

 

Michio Sato

 
 

It was last week
It was friday

Morning

with dog moco
I took out the trash

go home
tried to wash the garbage bucket

There was slugs
There was at the bottom of a blue poly bucket

There were two

In the morning light
Golden

Shiny

Both of them
It was shining golden

There were two slugs
They were moving slowly

It was shining

 

 

先週だった
金曜日だった

犬のモコと
ゴミ出しにいった

家に帰って
ゴミのポリバケツを洗おうとした

ナメクジがいた
青いポリバケツの底にいた

二匹いた

朝の光があたって
金色に

光った

二匹とも
金色に光っていた

ナメクジがいた
ゆっくりと動いていた

光ってた

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life