花と会う

 

さとう三千魚

 
 

今朝も
早く

目覚めて
河口まで

歩いていった

川沿いの桃畑の
桃の木にはピンクの花が咲いていた

菜の花も
まだ咲いている

茎の下のほうは
尖ったさやとなっている

ヘラオオバコかな
ほそい茎の先に白い花穂が風に揺れている

ヒメツルソバとも会った
ピンクの星雲が路傍に群れ咲いている

大病院の下の小道では木のベンチに座った
縦に割られた波の文様の木のベンチだった

このところクルマで黄色の花と擦れ違うことが何度かあった
レンギョウの花だろう

レンギョウの黄色の花と街中で出会った
一瞬だが黄色の花がこの世を貫いていた

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

駅前に立つ

 

さとう三千魚

 
 

昨日
午後に

静岡駅の
北口の

地下広場の
市立美術館のポスターの

前にいた
立っていた

月の最初の日曜日に
いつも

駅前に佇ち

通る人たちの
花の名を聞き

詩を書き捧げる日だった

駅前にいた
立っていた

 “戦争、やめれ!”
 “すぐ、やめれ!”

 “殺すな。”

そう叫んでいた
そう拡声器で叫んだ

一昨日も
東京の水道橋の駅前にいた

立っていた
叫んでいた

高橋朝さんが足元に横たわってくれた

駅前の道路に
横たわってくれた

どうだろうか

声は届くだろうか
その声は届くだろうか

ガザの人びとに届くだろうか
蝶は羽ばたくだろうか

駅前を人びとが通り過ぎていった
夕方には吐く息が眼鏡を白くした

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

猫の縁側

 

さとう三千魚

 
 

そこにいた

そこに
いて

しばらく
横に

なっていた

白い脚を伸ばしていた

緑色の
爪が

きれい

一瞬
空の蝶を眼が追っていた

空に雲が流れていた

 

・・・

 

この詩は、
2024年3月27日水曜日に、書肆「猫に縁側」にて開催された「やさしい詩のつどい」第3回で、参加された皆さんと一緒にさとうが即興で書いた詩です。

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

また海を見にいく

 

さとう三千魚

 
 

今日も
見ていた

波は打ち寄せていた

小雨のなかを
しらす漁の船が出ていた

ふたつの船に
網を渡してしらすを掬いあげる

しらすは

生きているとき
透明な

鰯の子だ

帰りに
セリアで

空色の食器洗いのスポンジと
ピンクのマイクロファイバーの布巾を買ってきた

部屋では
リュビモフの弾く平均律を聴いている

広瀬さんから
メールが届いていた

今夜も飲むかもしれない

昨日も
駅ナカの店で

詩人たちと芋のお湯わりをのんだのだった

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

リュビモフを聴く

 

さとう三千魚

 
 

海から帰って
リュビモフを聴いていた

リュビモフの弾くピアノを聴いていた

リュビモフは
義兄に似ている

ほほえみの向こうに

悲しみが
いる

どうだろう
海の波は打ち寄せていた

なんども
なんども

打ち寄せていた

人が生まれている
人が死んでいいる

笑っている
笑っている

部屋の窓を開けて雀たちに花の種をあげる

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

海から帰ってきた

 

さとう三千魚

 
 

モコは
いないから

居間のソファーの
モコの

傍らにいることもない

仏間の
小机の

本や
資料を

二階にあげた
二階の机の上の積まれた本を下ろした

半年
二階のこの部屋は使わなかった

ダンボールは畳んで
クルマのトランクに積んだ

ホームセンターのリサイクル置き場に出して
海を見にいった

フロントガラスの向こうに

半島はいた
貨物船は浮かんでいた

水平線が光っていた

海から帰って
ベッドに大の字に眠った

呻いていた

夢なのか
憶えていない

なぜ呻くのか
わからない

ベッドから起きると羽毛布団は身体の形に凹んでいた
身体の形の凹みを見ていた

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

モコ、ぼくの犬

 

さとう三千魚

 
 

今朝
木蓮の白い


咲いたよ

モコ
お母さんと植えたね

白木蓮の花だよ

木蓮の花は
モコのようだよ

ふんわりと
白く

ひらいたよ

 

・・・

 

この詩は、
2024年2月28日に、書肆「猫に縁側」にて開催された「やさしい詩のつどい」第2回で、参加された皆さんと一緒にさとうが即興で書いた詩です。

また、2024年3月3日 15時〜18時に、静岡駅北口地下広場にて、「無一物野郎の詩、乃至 無詩!」第22回としてスタンディングを行い、この詩と憲法前文などを拡声器を使って朗読しました。

以下、資料をご参照ください。

・・・

イスラエル軍の攻撃で3万人以上が殺害されたパレスチナ自治区ガザで、2月29日、支援物資を求めて集まった人々が発砲を受け100人以上が死亡したことが報道されました。
国連安全保障理事会は緊急会合を開き「深く懸念する」という声明に、理事国15カ国中、14カ国が賛成しましたが、米国が反対し、合意に至りませんでした。


ウクライナでもまだ戦争は続いています。

日本では、いま、憲法の基本原理である「国民主権主義」「基本的人権尊重主義」「平和主義」が脅かされ、軍事費が増強され、国内で製造された兵器が輸出され戦争に加担されようとしています。

戦争 やめれ!
すぐ やめれ!
殺すな。


・・・

日本国憲法 前文 読みます。


日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

・・・

先の戦争の過酷な体験を基盤とした日本国憲法の基本原理である「国民主権主義」「基本的人権尊重主義」「平和主義」を、わたしたちは忘れてはならない。

戦争 やめれ!
すぐ やめれ!
殺すな。

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

海を見に行く

 

さとう三千魚

 
 

昼前に
銀行の

キャッシュコーナーで
現金を下ろした

それから
帰って

いくつか
浜風文庫を更新していた

辻さんの赤ちゃんの詩と
広瀬さんのブロック塀の写真を

公開した

午後に
海を

見に行く
クルマで行く

椅子を
すこし倒して

海を見てた
ポットのコーヒーを飲んだ

西の山がいた
灰色の空がいた

この空に
ドローンはいない

砲弾も
機銃掃射も

ない

ミサイルも飛んでこない

鳩たち
寄ってきた

海は
昨日の雨で濁っていた

波立って
いた

午後の海を見て帰ってきた

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

雨を受ける

 

さとう三千魚

 
 

墓参に
行った

昨日
女と

行った

義母の命日だった
犬のモコの四十九日だった

雨が
降っていた

アスファルトが濡れていた

墓参の後
女と

蕎麦を食べて帰ってきた

庭には
白木蓮の花が咲いた

白い蕾と花は
空にひらいていた

雨を受けていた

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

海と空と雲をスケッチする

 

さとう三千魚

 
 

夕方に

コーヒーをポットに入れて
クルマで

海に出かけた

モコはいない
海がいた

空がいた
雲もいた

カモメがたくさん飛んでいたよ
風が吹いていたよ

クルマのバックドアを押し上げて
その下に

椅子を置いた
コーヒーを飲んだ

それから
0.35mmのシャープペンで

海と空と
雲を

スケッチする

 

 

 

#poetry #no poetry,no life