光の中で

 

さとう三千魚

 
 

大風は
過ぎていった

窓の外の緑が揺れている

きみは
いつか

“光だね”といった

電話で
いった

志郎康さんも
“光で生きのびた。” *

そう
書いてる

“生きのびることが、” *
“生きのびることが、” *

と二度
繰り返している

そこには闇があったのだと思います

いまも
闇はある

闇のなかで乳房を探している

 
 

* 鈴木志郎康「赤ちゃん」より引用しました。

 「赤ちゃん」
https://beachwind-lib.net/?p=21235

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

あたかも今朝の

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 18     megumi 様へ

さとう三千魚

 
 

白も
あるけど

淡い桃色もあります

瀬戸内の
島を

渡ってきた

川口の
アパートで育った

工場の煙突が見えた

ぬかるんでた
裁縫が上手だった

母と
旅もした

いまは
丹波にいます

ひとり
男が

佇っていた

あたかも今朝
硬い蕾

ひらいた
秋明菊の花が咲いた

 

 

memo.

2022年9月12日(月)、自宅にて、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」として作った詩です。

お名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、お送りしました。

タイトル ”あたかも今朝の”
花の名前 ”秋明菊”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

夏の終わりに

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 17     koichi 様へ

さとう三千魚

 
 

おわった
のか

おわったのかな

朝顔
咲いていたな

青かった
青かったな

虫の声
聴こえて

いた

眠るまえに
聴いてた

きみの
声を

聴いたことがある

いまも
聴いている

 

 

memo.

2022年9月4日(日)、静岡駅北口地下広場で行ったひとりイベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」第四回 で作った詩です。

お客さまにお名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、捧げました。

タイトル ”夏の終わりに”
花の名前 ”朝顔、青い”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

また泣いてしまったょ

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 16     kyoko 様へ

さとう三千魚

 
 

たわむれていた

はじめは
じゃれて

戯れていた

男と
女が

いた

水辺にいた
寝そべっていた

駅があり
駅舎があり

戦争があった

草原があり
雪の草原があり

ひまわりがあり
見渡すかぎりのひまわりの草原があり

女も
男も

年老いていった

ひまわり
揺れていた

 

 

memo.

2022年8月29日(月)、自宅にて、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」として作った詩です。

お名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、お送りしました。

タイトル ”また泣いてしまったょ”
花の名前 ”ひまわり”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

とても難しい

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 15     yuko 様へ

さとう三千魚

 
 

食べる
歯をみがく

歩く
生きる

わたしを見る
子ども

わたしの
子ども

いない
子ども

生きる

ポピーが好き
赤いポピーが好き

揺れていたね
ポピー

難しいね

とても
生きる

 

 

memo.

2022年8月22日(月)、自宅にて、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」として作った詩です。

お名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、お送りしました。

タイトル ”とても難しい”
花の名前 ”ポピー”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

お芋を煮る

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 14     motoko 様へ

さとう三千魚

 

 

おさとうと
おしょうゆだけ

入れた

お芋を
煮た

母から教えてもらった

父は
よく働いた

夏に
ひとり

青森の恐山に行ったことがあった
八重のドクダミが白く咲いていた

わたしのなかに
咲いていた

咲いた

 

 

memo.

2022年8月15日(土)、自宅にて、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」として作った詩です。

お名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、お送りしました。

タイトル ”お芋を煮る”
花の名前 ”八重のドクダミ”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

白と黒

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 13     yuri 様へ

さとう三千魚

 

 

白と黒の世界に
生まれた

わたし

ひかり
待ってた

あまい香り
した

オレンジの

花粉
こぼれた

白い花
カサブランカ

こぼれた
ひかり見てた

 

 

memo.

2022年8月6日(土)、自宅にて、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」として作った詩です。

お名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、お送りしました。

タイトル ”白と黒”
花の名前 ”カサブランカ”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

明かりについて *

 

さとう三千魚

 
 

“ひかりだね”

きみは言った
電話の向こうで言った

小舟で
夜明け前の

青黒い海に漕ぎだしたことがあるかい

沖に出ると
空は

透明の薄い青になり
太陽が

水平線から昇ってくる

ひかりが
海原にひかりの道をつくる

無数の
ひかりが

凪いだ
海の波間に輝くのを

見たことが
あるかい

またたくんだ
ひかりは

ランプの明かりじゃない

ひかりは
無数のひかりが

またたくんだ

 
 

* 高橋悠治のCD「サティ・ピアノ曲集 02 諧謔の時代」”自動描写” より

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

うさぎ

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 12     tomoharu 様へ

さとう三千魚

 

 

ひとり

たたずむ
のかな

佇んで
いたな

きみは
ピンクの

グラジオラス
なんだね

なにを
思い出して

いたのか

うさぎ
瞳が黒かった

 

 

memo.

2022年7月3日(日)、静岡市の水曜文庫という書店で行ったひとりイベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩! 第二回 」で作った詩です。

お客さまにお名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、捧げました。

タイトル ”うさぎ”
花の名前 ”グラジオラス(紅、またはピンクの)”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

緑と青

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 11     mitsuru 様へ

さとう三千魚

 

 

赤だったり

ピンク
だったり

黄色だったり
した

きみは
咲いていた

ならんで
揺れていた

緑と
青の

わたしは
場所にいた

 

 

memo.

2022年7月3日(日)、静岡市の水曜文庫という書店で行ったひとりイベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩! 第二回 」で作った詩です。

お客さまにお名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、捧げました。

タイトル ”緑と青”
花の名前 ”チューリップ”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life