思いだせる

 

さとう三千魚

 
 

朝早く
西の山の上の雲の金色にかがやくのをみた

スーパーの駐車場のアスファルトに水色の線が羽にある蝶をみた

いくつもいくつも雪は降ってきた

夕暮れの町の淵で
水の流れるのをみていた

思いだせる
偶然の必然に驚く

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

あきれて物も言えない 25

 

ピコ・大東洋ミランドラ

 
 


作画 ピコ・大東洋ミランドラ画伯

 
 

東京五輪が開幕した。絶句した。呆れた。物が言えない。

 

ここのところ絶句している。

ほとんど、
絶句している。

あきれて物も言えない。

夕方に、
モコと散歩して近所の黒白のノラに会う。

挨拶する。

工場の倉庫のパレットの上で、
鬱陶しそうにノラはこちらを見ている。

この暑いのに暑苦しいおじさんと家犬のチビが来たわいと思っているのだろう。
この男には夕方に犬と散歩して黒白のノラと会うのがほとんど唯一の楽しみになってしまった。
地上では東京五輪がお祭り騒ぎのようだ。
TVのチャンネルを変えてもどこもオリンピックの映像が流れている。
ニュースもこの前まではコロナ映像が多かったがいまはオリンピックが主役になってしまった。

真剣な選手の皆さんに申し訳ないですが、
オリンピックをこれほどくだらないと思ったことはなかった。
オリンピックのプレゼンテーションの際にこの国の首相がマリオになった時もくだらないと思ったが、
今回の開会式の映像も途中でTVの電源を切った。

これがクールジャパンなのか。
呆れる。
物が言えない。

東日本大震災からの復興を世界に示すというビジョンは、
コロナに打ち勝つというビジョンに取り替えられたのだったか。
日本の被災地の人々の本当の姿が発信されているわけでもないし被災地の復興の現在が発信されているわけでもない。
日本はウイルスに打ち勝ってもいない。

嘘だった。
愚劣だった。
腐った意味を盛りだくさんに盛っていた。

女性蔑視発言でオリンピック組織委員会の会長を辞任した森元総理大臣を「名誉最高顧問」にするということが、
組織委員会と政府の間で水面下に進んでいるのだという。

日本はもう終わっているのだろうか?
日本の子どもたちはこの腐った政治家や大人たちをどのように見るだろうか?

体操の内村航選手が鉄棒から落下する映像とその後のインタビューの映像を朝のTVニュースで見た。
美しかった。
自分に失望しながらこの世界の地上に佇っているひとりの男がそこにいた。

そこに小さな光が見えた。

今日も、
夕方には犬のモコと散歩した。

近所の黒白のノラとあった。
ノラはこちらを鬱陶しそうに睨んだがわたし笑ってノラに挨拶した。

 

呆れてものも言えないが言わないわけにはいかない。

 
 

作画解説 さとう三千魚

 

 

 

モコといる

 

さとう三千魚

 
 

朝になる

窓を開けて
西の山を見ている

西の山は灰色の薄い空の下にいる

青くいる

蝉が
いる

蝉が鳴いている

モコが足下にいる

暑いからか

朝早く
ベッドで

モコは起きてしまう

わたしの部屋についてきて

机の
足下にいる

抱きあげて
膝の上にのせる

モコ
呼吸してる

モコ
あたたかい

モコの鼓動がわかる

桑原正彦は逝ってしまった

わたし
モコと

女の

傍らにいる
なにも残されないところにいる

無いものの
隣りに

いる

わたしを立てている

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

to know * 知ること

 

さとう三千魚

 
 

more and more
I don’t know

more and more
Jeez

I don’t know

to know
I don’t know

I want to be by your side

so
thought

from Seattle
You taught us english

Someday
While looking at Tacoma Fuji

Drink beer
I wanted to talk to you in english

I was a bad disciple
I was a spoiled disciple

You have gone far

suddenly
You have gone

do not know
Jeez

I don’t know

to know
I don’t know

I don’t know your death

We were by your side
I want to be by your side

ますます
わからない

ますます
まったく

わからない

知るということが
わからない

あなたの傍らに
いたい

そう
思った

シアトルから
英語を

教えてくれた

いつか
タコマ富士を見ながら

ビールを飲んで
あなたと英語で話したかった

だめな弟子だった
甘えた

弟子
だった

遠く行ってしまった

突然
行ってしまった

わからない
まったく

わからない

知るということが
わたしわからない

あなたの死がわからない

傍らにいた
傍らにいたい

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

すっからかん

 

さとう三千魚

 
 

もう
おとといか

その先の

日か

ひとりの
男が

会いに来てくれた

宣言の

だったか

それで
港の脇で

クラフトビールを試して
それから

別の店で

ビールと
日本酒を飲んだのだったか

その男に
なにも

与えられなかった

かも
しれない

すっからかんであることしか
与えられなかった

だろう

すっからかんは
死の

傍らで
生きるということ

かな

どうぞ
傍らで

この平らの
でこぼこの

この
世を

生きてください

生きて
ください

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

リュビモフのフォルテピアノの

 

さとう三千魚

 
 

昨日

出掛けなかった


女が出掛けるのを

モコと見送った
道路に落ちた

ノウゼンカズラの花を
拾って

捨てた

夕方
モコと

近所を歩いた

深夜に
荒井くんから

電話を貰ったのを
憶えている

眠ったまま電話に出たのか

今朝は
机の上を片付けた

机の隅には
スヌーピーや

オットセイや
クジラや馬のツラや

テラコッタの天使が

いた

机を片付けて
窓から

西の山を見ていた

リュビモフの
フォルテピアノの

“k280 adagio” を

繰り返し
聴いていた

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

桑原正彦のドローイング “はなとゆめ” を掛けた

 

さとう三千魚

 
 

日曜日の
午後の

海の

ひかるのを見た

浜辺の

渚の
家族たちの

遊んでいた

海は
凪いでいた

子どもたち石を投げてた
カニを捕まえた

クルマで帰った

走って
帰った

帰って居間の壁に
桑原正彦のドローイング “はなとゆめ” を掛けた

かつて

新丸子の
夜の東急ストアーで

桑原から電話をもらったことがあった

光だねと
桑原は

かすかに言った

うん
光だ

そう応えた

はなも
ゆめも

光だった

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

あきれて物も言えない 24

 

ピコ・大東洋ミランドラ

 
 


作画 ピコ・大東洋ミランドラ画伯

 
 

工藤冬里のボックスCD「goodman 1984-6」が届いた

 

24回目の5月には、なにを書こうとしていたのだったか?
5月の「あきれて物もいえない」を飛ばしてしまった。

“あきれて物も言えない 21 “では、わたしが毎日、詩を書くことについて、書いた。
2月だった。

“あきれて物も言えない 22 “では、モコと、女と、わたしの暮らしについて、書いた。
3月だった。

“あきれて物も言えない 23 “では、福島の原発汚染処理水の海洋放出ついて書いた。
4月だった。

書くべきことがないのはいつものことだった。
書くべきことがないということをいつもことさらに書いてきたのだった。

詩もそうだ。
はて、困ったと、いつも空を見上げて、書きはじめるのだった。

困ったなと、
あきれるところから書きはじめるのだった。

そして、
6月には、

工藤冬里のボックスCD「goodman 1984-6」が届いた。
ボックスCD「goodman 1984-6」の工藤冬里の音楽を聴いている。

絶句した。
あきれた。

工藤冬里もあの1980年代を生きていたのだったろう。
ほとんどすべては終わっていたように思えた時代だったろう。

絶句の後に、
工藤は、
ピアノの鍵盤を叩いたのだろう。
ギターの弦を爪弾いたのだったろう。

演奏中に電話が鳴ったりしている荻窪のGoodmanという場所で仲間たちと鍵盤を叩いたのだったろう。

わたしはいま、
工藤冬里の「僕は戦車[I am a tank](20 Feb 1985)」に絶句する。

空0戦車の中でまどろんでいた
空0目覚めぬ見張りの鎧の中は血でいっぱい
空0血は戦車の内側に流れ出ていた
空0この辺り一帯は廃墟
空0ペリカンの上に空漠の測り網
空0やまあらしの上に荒漢の測り網が張り巡らされる
空0Singing’ with the harp
空0is prophesying my wars.
空0Singin’ with the harp
空0is prophesying the war. *

そして、「unknown Happiness ‘of’ the past(20 Feb 1985)」に絶句する。
そして、また、「guitar improvisation ‘86 7/3 at home」にも絶句する。

1980年代以降の資本主義は世界を平らに踏み潰していたのだったろう。
わたしもその時代を東京で生きていた。
わたしの知らなかった工藤冬里も荻窪のあたりで生きていたのだろう。
1980年代に「キャタピラー」というタイトルの詩をわたしも書いていただろう。
いま彼と彼の仲間たちの音楽を聴くと不自由の中での自由を感じることができるだろう。

工藤冬里のボックスCD「goodman 1984-6」には、
「パラレル通信」[ GO AHEAD,MAKE MY DAY 1987 5.1 ]という当時の冊子の複写が付録として付いてきていた。
そこには1985年当時の工藤冬里のテキストが資料として掲載されていた。

「私達はコード進行をその生み出す種々の実によって選びとり、更生することができます。決してそこから別の音楽様式が生まれる訳ではありませんが、私達はそのことによって音楽に対する平衡のとれた態度を示すことができます。高さも深さも私達にとって意味のないものになろうとしています。深い精神性なるものも他愛のない子供の歌も同じ平面で考えることができるようになります。それは良い果実を生みだすこと、・・・・・・・・・・何であれそうしたものを思いつづけていることです。」

いま、新聞には疫病や、ワクチンや、非常事態宣言や、宣言の解除や、オリンピックや、オリンピックにおける政府と専門家との意見や、対立や、河合元法相の実刑判決や、原発汚染処理水の海洋放出や、ミャンマーのクーデターと市民への弾圧、香港リンゴ日報幹部の逮捕、イランの保守強硬派新大統領の誕生などなどの記事が掲載されています。

混乱した世界のなかで人々はどこに向かっているのでしょうか?

ここのところ工藤冬里のボックスCD「goodman 1984-6」の音楽を聴きつづけていました。
工藤冬里の歌もこの世界の中にあります。

「それは良い果実を生みだすこと、・・・・・・・・・・何であれそうしたものを思いつづけていることです。」

私達はあの時代の中で発声された工藤冬里の苦渋に満ちた”肯定的な声”を聴くことができます。
そこに小さな光が見えています。

 

夕方の西の山は灰色の雲の下に青く佇んでいます。
呆れてものも言えないが、言わないわけにはいかないのです。

 
 

作画解説 さとう三千魚

 
 

* 工藤冬里の”僕は戦車[I am a tank](20 Feb 1985)”より引用しました。

 

 

 

工藤冬里の”I am a tank”を聴いている

 

さとう三千魚

 
 

夕方まで
働いて

帰ってきた

ソファーで
TVのニュースをみた

ワクチン接種のこと
オリンピックのこと

リンゴ日報幹部の逮捕のこと
イラン新大統領のこと

など
TVで

話していた

女が帰ってきた
お惣菜を作ってくれた

朝の残りのトウモロコシご飯を食べた
胡瓜と人参の漬物も

食べたな

夜半
工藤さんの

「Bluebeam、或いはツユクサは食べられます」という詩を浜風にアップした

それで
眠ってしまった

朝早く
モコに起こされた

おしっこを
させた

このところ
工藤冬里の”I am a tank”を聴いている

繰り返し
聴いてる

“戦車の中でまどろんでいた” *
“それは私のこと そしてそれはこの世のこと” *

そう
工藤さんは歌っている

そう
それはそう

それは
いまも そう

朝には

曇り空の
下の

西の山は佇っている

青く
佇っている

ハクセキレイが近くで鳴くのを聴いていた

 

* 工藤冬里の”I am a tank”より引用しました

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

女とランチにいった

 

さとう三千魚

 
 

朝までに
リュビモフのフォルテピアノを聴いてた

“k280 adagio” を

繰り返し
聴いた

志郎康さんの

“眉宇の半球”について

朝までに
書きあげた

志郎康さんは物の傍らにいるのだった

それから
女と

車で出かけていった
銀行で

通帳をひとつ解約した

10,000円
入ってた

15年ほどで
52円の金利がついていた

女と
ランチにいった

レストランには女たちがいて

男は
わたしだけだった

女たちの男たちはどこにいるのか

最後に
女と

杏のシャーベットを食べた
シャーベットは

紅かった

舌にのせた
あまい液体が

暗い喉を降りていった

 

 

 

#poetry #no poetry,no life