colloquial・口語(体)の *

 

さとう三千魚

 
 

新しい
感染症で

たくさん
ヒトが死んでいるという

中国や
イタリアや
アメリカや

日本で

ほかの国でも
ヒトが死んでいるという

いつか
死ぬんだから

みんな死んじゃえ

とは
思わない

今朝
ぼくのモコに

おはようといった

口語でいった

今日も
窓を開けて

西の山をみている
雨に霞んでいる

白い

 

 

new
Infectious disease

Many
Humans are dead

China and
Italy and
America and

in Japan

In other countries
Humans are dead

Someday
I’ll die

Everyone is dead

What is
Do not think

this morning
For my moco

Good morning!

Colloquially

today as well
Open the window

Looking at the west mountain
Hazy in the rain

white

 
 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.
**英語への翻訳はGoogle翻訳を使わせていただきました.

 

 

 
#poetory #no poetry , no life

エフェクトのない竹林の静止 *

 

西の山が霞んでいる

見えない

山を
窓を

開け

見ている
風を入れ換える

道を行く
犬を

連れた女

傘差していない

止んでいるのか

止んだのか

若狭だったか
奈良だったか

若いころ
竹林が風に揺れるのを見た

動物の背中が波打つよう
震える

揺れる

ああ
これ

背中

忘れていない
忘れられない

こまかく

震える
揺れる

そして静止する

女も

獣のような背中をもつ
こともある

物語ではない


でもない

竹林が揺れていた
竹林が静止する

 
 

* 工藤冬里の詩「ふたつの詩のある風景」からの引用

 

 

 

証明写真の背景に寒色が入っている *

 

朝食は

ちりめん干しと大根おろしだった
鱈の粕漬けも

焼いて
食べた

大根おろしには
牡蠣しょうゆを垂らした

そして冬里の

白い
碗で

お茶を飲んだ

フィンランドの
fbフレンドのTepiのwordsに出会った

I refuse to be unhappy ! 🙂

すこし
気持ちを溶かした

それから
車で

街の犬猫病院に行き
モコのサプリメントをもらってきた

モコは
ソファで待っていた

最近モコと
お風呂にはいっていない

お風呂には

ボタニカルの入浴剤をいれてはいる

明かりは
消してはいる

少女みたいだ

たまに
防水スピーカーでパルティータを聴く

Partita no.4 D major BWV 828 II Allemand

ぼくは
ここにいて

遠くを見ている

西の山のうえの空を見ている

きみはいまどこにいるの?

 
 

* 工藤冬里の詩「春」からの引用

 

 

 

あきれて物も言えない 10

 

ピコ・大東洋ミランドラ

 


作画 ピコ・大東洋ミランドラ画伯

 

虹をみている

 

3月16日はわたしの母の命日だった。
わたしの母、絹は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)という病気と10年ほど闘い、死んでいった。

ALSは手足、喉、舌、呼吸器などの筋肉が痩せて力がなくなり自分では動かせなくなる病気だった。
10万人に一人から二人という難病であり、
だんだんと全身の筋肉が痩せていき、自分で歩けなくなり喋れなくなり寝たきりになり、食べれなくなり呼吸ができなくなった。

それで姉の家の母の部屋は病院の病室のように介護用ベッドがあり、
人工呼吸器機があり吸引機器があり母の足には脈拍と血中酸素濃度を測るセンサーが取り付けられていて、
そのセンサーの音が間断なく鳴っていた。その音が母が生きている証だった。
食事は胃ろうといってお腹に穴を開けて胃に直接、流動栄養食やお茶を流し込んだ。
東日本の震災以後は人工呼吸器の電源確保ということが課題となった。
当時、自宅でALS患者を介護することは珍しかったようで見学にみえる医療・介護関係者の方もいた。

母との会話は当初はメモで行っていたが、手も指も動かなくなり、質問に瞼の開閉で答えるということをしていた。
最後には自分で眼も開けられなくなった。
わたしが帰省した時には母の瞼を指で開いてあげるとそこには母の眼球があり、わたしをみていた。
眼が泣いていた。笑っていた。

自分の身体のどこも動かせなくなった母が人工呼吸器で肺を上下させていた。
わたしの姉は働きながら母のベッドの脇に布団を敷いて夜中に何度も起きて喉から痰の吸引をしていた。
姉は最後まで自宅で母を介護した。
また長年の介護スタッフの皆さんはまるで母の家族のようになっていた。
母はだんだんと痩せて萎んでいったが、ピカピカの綺麗な顔と身体をしていた。

今朝の新聞の一面に、「やまゆり園事件 責任能力認定」という見出しがでていた。
相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で重度障害者19人を殺害し、職員2人を含む26人に重軽傷を負わせた植村聖という30歳の男の判決の記事だった。

死刑だという。

「判決は、被告が園で働く中で、激しい行動をとる障害者と接したことや、同僚が障害者を人間として扱っていないと感じたことから、重度障害者は家族や周囲を不幸にすると考えるようになったと指摘。過激な言動を重ねる海外の政治家を知り、「重度障害者を殺害すれば不幸が減る」「障害者に使われていた金が他に使えるようになり世界平和につながる」と考えたと動機を認定した。」 *

と新聞の一面には書かれている。

また、37面の詳細記事には、
「たしかに法廷では差別意識につながる断片的な事実が明かされた。小学校で「障害者はいらない」と作文に書き、大学では「子どもが障害者なら育てられない」と話した。やまゆり園では「障害者が人として扱われていない」と感じ、やがて「障害者は不幸を作る」と思うようになった。」 *
と、被告の差別意識について書かれている。

新聞には亡くなった19人のエピソードが法廷で読み上げられた供述調書、心情意見陳述から引用されていた。

「美帆さん(19歳、女性)音楽が好きで「いきものがかり」の曲などノリノリで踊った=母」 *

「甲Bさん(40歳、女性)家では大好きなコーヒーを飲むと、お気に入りのソファに座った=母」 *

「甲Cさん(26歳、女性)見聞きしながら、ひと針ひと針一生懸命作った刺繍も上手だった=母」 *

「甲Dさん(70歳、女性)園に着くとニコニコと私の手を取り、「散歩に連れて行って」と伝えた=兄」 *

「甲Eさん(60歳、女性)食パンが大好き。園ではスプーンを自分で使えるようになった=弟」 *

「甲Fさん(65歳、女性)買い物が好きで、お菓子や色鮮やかなレースやフリルのある服が好き=妹」 *

「甲Gさん(46歳、女性)職員にマニュキアを塗ってもらって、うれしそうに爪を差し出して見せた=母」 *

「甲Hさん(65歳、女性)電車やバスに乗る時は、高齢の人に席を譲る、心が純粋で優しい子=母、弟」 *

「甲Iさん(35歳、女性)手を握り話かけたり、散歩に連れて行ったりすると、笑顔で喜んだ=父」 *

「甲Jさん(35歳、女性)水をおいしそうに飲んだ。母が食事をさせるとくしゃくしゃに笑ったりした=弟」 *

「甲Kさん(41歳、男性)洗濯物を干していると、頼んでいないのに物干しざおを準備してくれた=母」 *

「甲Lさん(43歳、男性)相模湖駅前の食堂で一人で食べきれない量を注文し、全部食べて笑っていた=母」 *

「甲Mさん(66歳、男性)ラジオのチューニングが好きで、きれいな音になるとうれしそうにした=兄」 *

「甲Nさん(66歳、男性)面会に行くと、自分で車のドアを開けて乗り込み、笑顔を見せた=姉」 *

「甲Oさん(55歳、男性)家族の誕生日にはカレンダーの日付を指しておめでとうと表現した=妹」 *

「甲Pさん(65歳、男性)動物が大好きで、動物の絵本を持っていくとすごく喜んだ=兄」 *

「甲Qさん(49歳、男性)成人の時、本人の希望通りパンチパーマにスーツで写真を撮り、笑顔を見せた=母」 *

「甲Rさん(67歳、男性)「兄ちゃん帰るから、また来るからな」と言うと、右手をあげ「おう」と挨拶した=兄」 *

「甲Sさん(43歳、男性)車に乗るのが好きで毎年、家族で長野にドライブへ行った=母」 *

ここには亡くなった19人の被害者と家族との個別の経験と想いが述べられている。
施設では彼らはどのように扱われていたのだろうか?
わからない。
植松被告の”想い”は、重度障害者と家族との個別の経験と想いに届かなかったのだったろう。

障害者施設のことをわたしは詳しくは知らないが、
何度か義母を病院に入院させた経験から総合病院のことは少し知っている。
病院の5階のフロアーの全てのベッドに老人たちがいた。
わたしは毎日、義母の病室に見舞ったが、他の老人たちに見舞いにくる家族はとても少なかった。
老人たちも家族に迷惑をかけたくないと思っているのか静かにしていたのだったろう、なかには泣き叫ぶ老人もいて、その声に義母はおびえた。
病院の医師や看護師たちの仕事は過酷にも思えた、医師たちはいつ家に帰っているのだろうと思えた。
看護師たちは少ない人数で効率的に作業をすることを求められているようだった。
そこには決められたことをマニュアルに沿って施すという”作業”が見られた。
おそらく過酷な作業環境の中で患者である老人たちと人間的に接するという機会は制限されるだろう。

義母を病院に入院させておくのが可哀想に思え担当医に余命を聞いて退院させてもらったが、
自宅に老人たちを迎えられない事情を持った家族が大半なのだと思えた。
病院が姥捨山のようだったとは言わない。
なかには子供たちや孫たちを連れて見舞いにくる家族もいたのだ。

 

まど・みちおに「虹」という詩がある。

 

虹 **

 

ーーーー白秋先生を想う

お目を 病まれて
おひとり、
お目を つむって
いなさる。

心の とおくに
虹など、
いちんち 眺めて
いなさる。

虹が 出てます
先生、
障子の むこうで
呼ぶ子に、

見てるのだよ と
おひとり、
やさしく 笑って
いなさる。

 

まど・みちおの詩を読む時、
そこには、まど・みちおと白秋先生の個別の生があり、
個別の生を超えて、まど・みちおの想いが白秋先生の虹に届いているように思える。

そこに詩が生まれている。

 
あきれて物も言えません。
あきれて物も言えません。

 

作画解説 さとう三千魚

 

* 朝日新聞 2020年3月17日朝刊からの引用
** 岩波文庫「まど・みちお詩集」からの引用

 

 

 

民家なのに自販機置いてる *

 

この町では

きのう
学校がひらかれた

子供たちが
道を歩いている

もうすぐ春休みになる

民家なのに自販機置いてる *

大人たちは
仕事にいく

今日も

ウィルスと
交わる

交わりはDNAに記録される
子孫に残す

能記所記の
所記に

男と女の幻影は佇つ
交わりは

マスクして戸は開ける *

マスクして *
戸は開ける *

松崎の
海の見える岩山の林の中の

林の中に

女がいる
風が渡っていく

 
 

* 工藤冬里の詩「あ、と@ー」からの引用

 

 

 

遠近法に従って立つべきだ *

 

西の山をみる

今朝も
目覚めて

机の前の窓をあけて
西の山をみている

山の上の空は
少し

明るいが
その上に暗い灰色の雲がいる

今朝は
鳥も鳴かない

高速道路の騒音が聞こえる

雨になるのか
尾形亀之助にそんな詩があった

遠近法には
消失点があるのだという

若い時
宇宙の地平線ということを思った

宇宙が光速以上で拡大しているとしたら
そこには宇宙の地平線があり

その先はみえない

だけど
その地平線からこちらをみたら

消えていくわたしがいる
消えていくわたしたちがいる

消えていく地平線をみて
それで

このままでいいんだと思った

いまも

西の山をみている

山の向こうに
いまは

いない人たちがいる

 
 

* 工藤冬里の詩「(電信柱が)」からの引用

 

 

 

空の青 *

 

5時に目が覚めた

それで
階段を

下りて
いった

モコを起こさないように

そっと
いった

そっと
トイレの水を流した

紅茶をそっと淹れて
カップを持って

階段を上った

それで本のある部屋で岡潔をすこしひらいたのか

7時になり
階段を下りて

仏壇に蝋燭を灯し水と飯を供え花の水を替え線香をあげる
手をあわせる

モコを抱きあげる

味噌汁を作り
野菜を切り
犬飯と
サラダをモコにやる

女を送り出した

モコを抱いてた
木蓮の白い花をみあげた

今朝はそんな感じだった

もう昼が過ぎている
晴れてる

工藤冬里の”徘徊老人”を聴いている

さて
空は青い

別に付け足すこともない

Thinkin”Bout You. **
空を見ている

青い

 
 

* 工藤冬里の詩「もうだめだ」からの引用
** 工藤冬里のCD「徘徊老人 その他」収録曲のタイトル

 

 

 

あらゆるものを透過するジンの草いきれ *

 

モコを乗せて

そっと車に乗せて
いった

いってきた

街の犬猫病院に行ってきた

もう
11年は通っている

先生は

若くてボンヤリしてるが
頼りにしている

モコのことを好きでいてくれている

他の犬も猫も
好きなのだろう

モコもそのひとりだとわかる

その瞳と
笑顔でわかる

なにも代償はない
なにも代償はない

あらゆるものを透過するジンの草いきれ *
あらゆるものを透過するジンの草いきれ *

かつてはあったのだろう
それだけが杖となる

病院から帰ると

わたしの木蓮の

白く
白い

花たちがひらこうとしていた

 
 

* 工藤冬里の詩「マスク」からの引用

 

 

 

あきれて物も言えない 09

 

ピコ・大東洋ミランドラ

 
 


作画 ピコ・大東洋ミランドラ画伯

 
 

マスク外して海をみていた

 

「新型肺炎 国内感染が広がる」という見出しが新聞の一面に大きく出ていた。
ここのところテレビも新聞も中国から世界に拡散する新型コロナウイルスの感染被害について報じている。
ついに日本でも感染者は338人(2月16日現在)という、テレビで専門家はすでに数千の規模で日本でも感染者がいるだろうとコメントしていた。
中国では感染者が6万8,500人となり死者数がすでに1,665人だという。毎日100人以上が死んで行く。

最近では外出の際にはマスクをするようにしていた。
感染するのが怖いし他人に染すのも嫌だ。

ところでウイルスの直径は0.1マイクロメートルで、
1マイクロメートルは0.001ミリメートル、
マスクの網目は10マイクロメートル、
マスクの網目はウイルスの100倍も大きいのだから、おそらく、あまり、予防効果は無いだろうなと思いながら他人を怖がらせないためにマスクをしているようなところも自分にはあるのかな。

それで、日本ではマスクが品薄なのだという。

横浜港に停泊中の大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗員3,700人には感染が広がり、285人がすでに感染していて日々感染がひろがっているのだという。
それでアメリカは自国民、約380人をチャーター機で退避させるのだという。
アメリカや各国のメディアは「(日本政府の検疫は)感染を止めるものではなく、船内で感染を広げているという証拠が山ほどある」と専門家のコメントを紹介し日本を批判しているのだと新聞には書かれていた。

新型肺炎だけではなく、
中東やアフリカの紛争、難民、温暖化、気候変動、森林火災、環境汚染、経済の不安定化、などなど、
世界には問題が山積している。
全て、人間の問題だ。
地球という宇宙にとっては人間がもっとも危険な害毒であるのだろう。
そろそろ人間というリスクをどのように回避するのかを考えはじめているのだろうか。

そんなことを思いながら雨の日曜日、浜辺に出かけていった。

海浜公園には人影がなかった。
マリーナの隣の堤防で何人か釣りをしていた。

西の山が雨に霞んでいた。
水平線が横に伸びていた。
マスク外して海をみていた。
今朝の朝日俳壇の俳句を思いだしていた。

 

旅人の如くマスク探しけり *

 

さいたま市の齊藤紀子さんという方の句だった。

われわれはマスクを持たない旅人でありましょう。
明日さえも今日さえもわからない小さな旅人でありましょう。

あきれて物も言えません。
あきれて物も言えません。

 

作画解説 さとう三千魚

 

* 朝日新聞 2020年2月16日「朝日俳壇」からの引用

 

 

 

私は純粋に遭難した *

 

ここ
二十年ほど

高橋悠治のシンフォニア11を聴いてます

ジャケットの
表紙には

和田誠さんの描いたピアノを弾く
高橋悠治さんの

イラストが使われています

この
シンフォニア11を聴いてきました

義兄が死んだとき
葬式の後で

内陸縦貫鉄道に乗りました

ひとり
青森の深浦まで行きました

それで
深浦の海をみた

詩を書いた

その詩をみた志郎康さんが
いいですね

そう
いってくれた

言葉をドライブすることができれば
“芯”は独りでに出てきますよ

そういってくれた

中村さんが死んだ
渡辺さんが

死んだ

和田誠さんが死んだ

あのヒトも福島で死んだ

母が死んだ
義兄が死んだ
義母が死んだ

言葉は
無力だった

母の骨は
味がなかった

私は白骨化しました *
言葉の届かない場所がありました

きみにも
かれにも
あなたにも

あのヒトにも

じつは届かない

届いていませんでした

きみも
かれも
あなたも
わたしも

いつか

わからないことがわかるだろう
この音は

骨のようです

今朝も
シンフォニアを聴いてます

 
 

* 工藤冬里の詩「spring without winter」からの引用