うさぎ

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 12     tomoharu 様へ

さとう三千魚

 

 

ひとり

たたずむ
のかな

佇んで
いたな

きみは
ピンクの

グラジオラス
なんだね

なにを
思い出して

いたのか

うさぎ
瞳が黒かった

 

 

memo.

2022年7月3日(日)、静岡市の水曜文庫という書店で行ったひとりイベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩! 第二回 」で作った詩です。

お客さまにお名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、捧げました。

タイトル ”うさぎ”
花の名前 ”グラジオラス(紅、またはピンクの)”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

かの鳥は塔の岪(へつり)に住む

 

一条美由紀

 
 


彼女は正義の味方だった
鉄腕アトムは彼女の仮の姿だった
少女の時はなぜ世間は窮屈で偏見に満ちているのかと思っていた
大人になり、いろんなこととうまく距離を持つことを覚え、
母になり悩みながらも子供に多くの愛情が自分から生まれてくることに驚いた
その中でも彼女は正義の味方だった
時に間違いも犯したが、いつも正しいと思うことを目指した
今彼女は少し背中が丸くなり、膝は歩くたびに痛む
アトムだった女は、もう正義の味方ではなく、自分自身の味方となった

 


生(せい)のあるものだけが知っているフィクション
Yesの意味は無限にあり、どれを選んでも正解である

 


変形自在な価値観が世界を覆い、
自分の目と感覚の自信が壊れてしまう。
迷い児となり助けを求めても、
流れをやめない喧騒に溶けて行く

 

 

 

緑と青

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 11     mitsuru 様へ

さとう三千魚

 

 

赤だったり

ピンク
だったり

黄色だったり
した

きみは
咲いていた

ならんで
揺れていた

緑と
青の

わたしは
場所にいた

 

 

memo.

2022年7月3日(日)、静岡市の水曜文庫という書店で行ったひとりイベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩! 第二回 」で作った詩です。

お客さまにお名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、捧げました。

タイトル ”緑と青”
花の名前 ”チューリップ”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

透明なアクリル板

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 10     saki 様へ

さとう三千魚

 

 

からっぽ

いうのかしら

透明な
アクリルと

いうの
かしら

そこに
白く

咲いていたよ

リョウブの花

咲いていた
揺れていた

 

 

memo.

2022年7月3日(日)、静岡市の水曜文庫という書店で行ったひとりイベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩! 第二回 」で作った詩です。

お客さまにお名前とタイトル、好きな花の名前を伺い、その場で詩を体現しプリント、押印し、捧げました。

タイトル ”透明なアクリル板”
花の名前 ”リョウブ”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

Tango de las madres locas
狂った母親たちのタンゴ

 

工藤冬里

 
 

https://youtu.be/Kl43ObkSgS0

https://twitter.com/twisuspendead/status/1543419493644652544?s=21&t=JjknLd53yvjsdcrDgbhXZA

適度の心配、適度に自分を愛すること、それらはためになることがある。(だから)心配しすぎないようにして、説明のつかない平和を味わい、基準を下げろと言ってくる器(ヤカラ)を無視し、軍事用語で見張る。
将来は(今のように)平和を追い求める必要はなくなる。乱すものはすべて自己愛から来ている。平和は気の持ちようだということだ。私たちは(毎日)夜に死んで、(それによって)(やっと)生きているのではないか。(それなのに)死ねない夜があると、気の狂った母親たちのタンゴが、長調と短調を点滅させる。(そのようにして)平和は正しさと結びついていることが知れる。(フラメンコの)タンゴ、(フラメンコの)ルンバ、死ねなかった夜たちの、異なった現実を翻訳してみる。

凄い地形ね

Todos los jueves del año
A las once de la mañana
Junto a la Plaza de Mayo
Con lluvia frío o calor
Te esperaré vida mía
Frente a la Casa Rosada
La espina de tu mirada
Clavada en mi corazón.

Me dicen que no te fuiste, mi bien
Que te desaparecieron
Que te vieron en la cuneta
Cantando “El Yira” de Carlos Gardel
Que de pronto te esfumaste
Que te borraron del mapa
Que ni siquiera naciste
Que medio loca mamá te inventó.

Con Malvinas o sin Malvinas
Grito tu nombre por las esquinas,
Mientras que los generales
Se dan al Tango
Por los portales.
Tango de las madres locas
Coplas de amor y silencio
Con vida se los llevaron
Y con vida los queremos.
Con Malvinas o sin Malvinas
¿Dónde está Pedro? ¿Dónde está Lidia?
Con Malvinas o sin Malvinas
Grito tu nombre por las esquinas.

Cada vez que dicen : “Patria”
Pienso en el pueblo y me pongo a temblar
En las miserias que vienen
Y en los fantasmas de la soledad
¿Petronila qué te hicieron?
¡Qué mala cara tenéis!
– La que me dejó Videla
– A mí Galtieri ya ves…

Con Malvinas o sin Malvinas…

 

参考までに。昨日広島でフラメンコのピアノの仕事でこの曲を弾いたのですが、固有名詞が沢山出てくるので何の歌が調べたら、フォークランド紛争の時に息子を失くしたアルゼンチンの母親たちの歌なのでした。彼女たちは毎週木曜日にデモをしていて、まだ続いているそうです。キーが短調と長調を行き来する不思議な「タンゴ」ですが、フラメンコのタンゴは4拍子ではありますが現行のアルゼンチンタンゴとは違い、恐らくは発生時のタンゴに近いもので、リズムの切れを曖昧にして、わざと社会との距離を取っているように聞こえます。

 

 

 

#poetry #rock musician

野菜作り

 

みわ はるか

 
 

最近始めたことの1つに野菜作りがある。

 

小さなその土地は、わたしが初めて訪れたときは雑草ばかりであった。

昔は果樹を植えていたらしいが、そんな面影は微塵もなかった。

昔、わたしが小さいころ、今では珍しくなったが3世代で暮らしていた。

おばあちゃんが畑をせっせとやっていたが、他の家族は誰もやっていなかった。

興味がなかったのだ。

そう、わたしは全くの素人。

まずは、ホームセンターに向かった。

種からは無理にしても、苗からならなんとかなるのではと考えたからだ。

ホームセンターはものすごく混んでいたし、ほとんど来たことがなかったのでその大きさに心底驚いた。

苗の種類はたくさんあった。

種類によって支柱が必要となるもの、カバーをした方がいいもの、追肥をした方がいいもの・・・・・。

たくさんやること、買わないといけないものがあってどっと疲れてしまった。

ナス、キャベツ、ブロッコリー、カボチャ、ミニトマト、ししとう、ピーマン、きゅうり、レタスを購入した。

帰ってまず行ったのは除草剤をまくこと。

1週間ほど待って、今度はマメトラで土を耕しにかかった。

これが本当に重労働であった。

長年使っていなかったので、土が固く、大きな石がゴロゴロでてきた。

知り合いのおじいちゃんに色々借りて一緒に作業したのだが、こんな土は珍しいと言われてしまった。

1日がかりで耕し終わると、次の日は畝を作った。

草が生えないようにきれいにマルチングもした。

苗を植えられるように穴を空け、丁寧に全ての苗を植えきった。

初めてにしてはなかなか上出来だ、ニヤニヤしてしまった。

が、しかし、畑をなめていた。

それからも大変で、青虫は来るわ、茎が伸びれば支えが要るわ、摘花しなければいけないものもあるわで頭がぐちゃぐちゃになった。

その辺からだろうか、わたしは水やり専門になった。

見兼ねた知り合いのおじいちゃんが、わたしの知らない間にどんどん作業を進めてくれた。

常にわたしの畑は知らぬ間に日々アップデートしていったのだ。

さすがに申し訳ないので、時々わりと上等な菓子折りなんかを贈った。

あっという間に収穫の時期となった。

採れたてが美味しいというのは本当だった。

サラダや塩漬けタコライスなんかで食べたのだが、スーパーのそれとはだいぶ異なる気がした。

後半、ほとんど何もやっていないことに罪悪感はあったが、パクパクと食べてしまった。

 

今もまだ、野菜たちは成長し続けている。

「そろそろ採った方がいいぞ~。」なんて知り合いのおじいちゃんが教えてくれる。

もはや、誰の畑なのか分からない状態だ。

 

結論

わたしは野菜作りには向いていなかった。

多くの時間をとられること、手間がかかること、費用もそれなりにかかることにうんざりしてしまったのだ。

ベランダにキャンプ用の椅子を置いて、風鈴の音に耳を傾けながらうとうとする。

お菓子をボリボリかじりながら好きなドラマを見る。

友人に手紙を書く。

のんびり犬の散歩に行き、力強い入道雲を見る。

川の流れをじーっと見つめる。

そんなようなことがわたしにとっての幸せな時間なのだ。

ただ、畑作業を楽しいと思う人はたくさんいる。

そういう人達の顔はキラキラと輝いている。

そういう方々にうーんとたくさんお野菜を作っていただいて、わたしは直売所で購入することに決めた。

 

例年より梅雨の期間が短かった今年の初夏。

とってもいい経験ができた。