Snow is falling thick and fast.
雪がどんどん降っている。 *

 

さとう三千魚

 
 

sunday
afternoon

I talked to my old sister in Akita on the phone

“already”
“the snow on the road has disappeared”

“it’s sunny today”
“ate lunch with my friends”

so
my old sister said

her husband is gone
the dog also died

her child went out to the city

she lives with a cat
she said she was up at 4am and shoveling snow

it was snowing
it is snowing

Snow is falling thick and fast *

 
 

日曜日
午後

秋田の姉と電話で話した

もう
道路は

雪が消えたよ

今日は晴れて
友達とランチを食べてきたの

そう
言った

義兄は逝き
犬も死んだ

子どもは都会に出た

姉は猫と暮らしている
朝4時に起きて雪かきをしていると言ってた

雪が降っていた
雪は降っている

雪がどんどん降っている *

 

 

* twitterの「楽しい例文」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

旅立ちが遺すものは

 

ヒヨコブタ

 
 

真っ黒に焼けた顔でにかっと笑うとき
少し黄ばんだ歯がのぞくのを覚えている
その口で
俺は学がないからねといつも口癖のように

学がないということの意味はそのうちにわかってきた
祖父母の意向で長男だけは上の学校に進めなかったこと
代々の土地を
畑作を守るためのひとだという理由で
さして年も変わらぬおばは女学校に
兄弟姉妹を親が働く間子守りまでしていたのはそのひとだというのに
にかっと笑うその笑顔はすこしさみしそうで
自嘲気味のことばも
意味がわかってくるたびにかなしくて

存分に与えられたのはお金だったろうか
本当に欲しいものは
ほんとうは
愛情だったのではないかと

気弱な父と姑に逆らえぬ母をそれでも慕う
そのおじが
旅立った
いつもかあさん、いるかい?
と裏口から入ってきて
人形遊びをしている姪にちらりと視線をくれるひと

親同士が仲違いをしてもうしばらくになった
会うこともかなわなかった

こうしてひとりひとりのおじやおばが
旅立っていく
わたしにすこしのさみしさと
温もりのある記憶をおいて

行かないでと幼ければ泣いたろう
いまは
行ってしまうことの安らぎを願う
またあたらしい日々が戻れば
週明けにはにかっと笑うのではないか
幼いわたしに残したおじの笑顔が
焼きついて消えない

 

 

 

島影 28

 

白石ちえこ

 
 


長崎県諫早

田んぼといえば、里山の田園風景思い描いていたが、長崎県諫早には、どこまでも続くまっすぐな道と大きな四角い田んぼが広がっていた。
地平線のむこうから洋犬も走ってきて、ここには、いつか雑誌で見たオランダのような異国の風景があった。

 

 

 

I remember this poem in particular.
私は特にこの詩を覚えている。 *

 

さとう三千魚

 
 

this morning too

you came

from morning
it was raining

I didn’t go for a walk

that man
what are you doing

are you looking at the tree and plants which died of the rainy garden

this morning too
you came

white-eye was beaking the tangerine at the tip of the driftwood branch on the windowsill

green body
the area around her eyes is white

cute

when I was 18

I was reading a poem by Junzaburo Nishiwaki at Sakurajosui’s apartment
it was the poem “eggplant”

“Apollon” **
“Silk tree”
“Human feces”

and
a few years later

I met “Puapua” in Higashi-Nakano

“Grotmantica” ***
“Grotmantica”

“Nipe Porto Pain”
“Good good good good”

I remember this poem in particular *

 
 

今朝も

来てくれた

朝から
雨は降っていた

散歩に行かなかった

あのヒト
どうしているのかな

雨の庭の枯れた草木を見ているのか

今朝も
来てくれた

窓辺の流木の枝の先の蜜柑をメジロは啄ばんでた

緑のからだで
眼のまわりを白くして

いて
可愛いな

18の頃

桜上水のアパートで西脇順三郎の詩を読んでた
“茄子”という詩だった

空0アポロンよ **
空0ネムノキよ
空0人糞よ

そして
数年後に

東中野で”プアプア”に会った

空0グロットマンティカ ***
空0グロットマンティカ

空0ニーぺポルトペイン
空0イイイイイイイイ

私は特にこの詩を覚えている *

 

 

* twitterの「楽しい例文」さんから引用させていただきました.
** 西脇順三郎「茄子」より引用しました. (新潮文庫 村野四郎編 西脇順三郎詩集)
*** 鈴木志郎康「口辺筋肉感覚説による抒情的作品抄」より引用しました. (思潮社現代詩文庫22 鈴木志郎康詩集)

 

 

 

#poetry #no poetry,no life