ノラと 燕たちと

 

さとう三千魚

 
 

昨日
日曜日だった

午後に
モニターを通して

ユアンドアイの詩人たちと会った

詩を
持ち寄り

その詩について

感想を
交換した

自身の言葉が他者にどのように伝わるのか

わたしの呟きが
他者に

ほんとに伝わるものなのか

検証する

夕方には
モコと近所を歩いた

ノラが工場の倉庫のパレットに寝そべっていた

欝陶しそうに
こちらを睨んだ

言葉はない

ノラに
言葉はない

燕の夫婦が
幼稚園の玄関で

巣づくりに飛びまわっていた
泥や小枝を嘴に咥えて巣に戻りすぐに飛びたっていた

燕たちがチキチキと鳴いて空を飛ぶのを
見たことがある

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です