ぼくはちょっと *

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 31     michiuo へ

さとう三千魚

 
 

静岡駅の
北口の

地下広場には
水が

流れていて
小川のよう

水音がしている
水の流れの横を

人びとが
エスカレーターで

昇っていく

地上の
木立が

見える

ぼくはちょっと *
群青の空を

見上げてる

木の葉
ぜんぶ落ちている

 

 

memo.

2023年1月8日(日)、静岡駅北口地下広場で行ったひとりイベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」で作った31個めの詩です。
細野晴臣さんの”ぼくはちょっと”という曲をリピートしてJBLの小さなスピーカーで鳴らしていました。

自分のために書きました。

タイトル ”ぼくはちょっと”  * 細野晴臣さんの歌曲のタイトルからの引用です
花の名前 ”枯葉”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です