用雙重的季節向妳致意。
二つに重なる季節の挨拶を君に贈る。

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

等一等,黑沉沉的玫瑰;
重傷的青銅已沉默不歌。
不辭的心充盈着秋闇的餘輝。

等一等,賦格的玫瑰;
醉舟離開妳睫毛的星座
離開星星的群島。

等一等,不眠的玫瑰;
詩節骨離,杯酒往何處?
最 !
瀝血的刻度寸斷象牙。

以後,我詩中的玫瑰不再是玫瑰。

 

 

待ってくれ、黒々としたバラよ;
深く傷ついたブロンズはもう沈黙して歌わない。
諦めない心は秋の闇の余韻に満たされている。

待ってくれ、フーガのバラよ;
酔いどれ船は君のまつげの星座を離れ、
星の島々を離れる。

待ってくれ、眠らぬバラよ;
詩片はバラバラになり、グラスの酒はどこに向かうのか。
最高じゃないか!
血の滴る目盛りは、象牙を寸断する。

これから、私の詩の中のバラは、もうバラではない。

 

日本語訳:木之内誠

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です