在最後的春天裡;

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

在最後的春天裡;
總是散去,雲和人
而靈床堆著經籍泥土
有蜂,有傷口
沈重的段落
是陰鬱的中提琴。

在最後的春天裡;
群蜂飛舞。
蜂鳴,將挖出的泥土存放。
骨頭!危機的碑片
岩塊和鐵,還有土,
以及水的阻力。

在最後的春天裡;
露出傷口。
哦!鳥啊,只有骨頭堆才算數!
寄存的雨如史無聲
而心,畫軸一般展開。

在最後的春天裡,
嶄新的特首說:「我,和我們」
預告春天的囚徒
明天將再被捕⋯⋯
而山徑通向原野,
拔節的芒草在練習祈禱。

在最後的春天裡;
一顆落單的念珠遺置靈床。
昏死如同「相信」。
我的呼吸只是風的一部分;
虎斑是聖城的遺囑。

 

2022年5月11日 香港西貢

 

 

 

 


在る

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

我敗
我旗
我病
⋯⋯骨
⋯⋯滿飲!
我夜晚
我街磚
我哭號
我吻你

⋯⋯

 
    .
 

我敗
 私は敗れ
我旗
 私は旗を巻き
我病
 私は病む
⋯⋯骨
 ⋯⋯骨よ
⋯⋯滿飲!
 ⋯⋯たらふく飲もう!
我夜晚
 私は夜中の
我街磚
 私は街路の煉瓦に
我哭號
 私は泣き叫び
我吻你
 私は君に口づける

 私は
⋯⋯

 かく在る

 

日本語訳:木之内誠

 

 

 

 

傷之俳 3月
悲傷の五七五 3月

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

西博寮海峽
正午,憤怒己暗淡
青銅無消息

復:撫摸眼淚
重傷銅沉默不歌
潜航吧……翼骨

不羈的翱翔
渴望於群星之上
突然被呼喚

恢恢海天間
誰在問順從的血
不確的流向

僅僅是個謎
美酒隱藏了盜賊
我不曾留意

 
    .
 

西博寮海峽
 西博寮の海峡の
正午,憤怒己暗淡
 真昼どき、憤怒はもはやぼんやりとかすんで
青銅無消息
 青銅は何事も伝えない

復:撫摸眼淚
 またも、涙をぬぐい
重傷銅沉默不歌
 幾度も傷ついた銅は、沈黙して歌わない
潜航吧……翼骨 
 潜航しろ……翼の骨

不羈的翱翔
 思うさまの飛翔は
渴望於群星之上
 群れる星々の上方で
突然被呼喚
 唐突な呼びかけを渇望している

恢恢海天間
 広々とした海と空の間で
誰在問順從的血
 従順な血の流れゆく
不確的流向
 不確かな行方を 誰が尋ねようとしているのか

僅僅是個謎
 たかがちっぽけな謎にすぎないのだ
美酒隱藏了盜賊
 うま酒が 盗賊の姿をくらませてしまったことなど
我不曾留意
 私は気にかけたこともない

 

日本語訳:木之内誠

 

 

 

 

當傍晚無聲地抹去星辰
夕暮れどき沈黙のうちに星々を消し去る

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

當傍晚無聲地抹去星辰,前世
塵土,起伏如波瀾
黑暗的文件如晦,裏面好黑
大地蟄伏,花朵猶豫

最難將息,寒冬骨架
從來世生出肋骨,種子沉痛
家譜灰燼;那就重讀灰燼,從此無名
此刻退色,你是唯一的音節。

就是不屈服的石頭
那些在流亡裡往返的孤魂
洗滌我們的盲文,奧德修斯!
來到盡頭我一無所見

 

 
 
當傍晚無聲地抹去星辰,前世
 夕暮れどき沈黙のうちに星々を消し去れば、前世の
塵土,起伏如波瀾
 土ぼこりは、大波のように高まり鎮まり
黑暗的文件如晦,裏面好黑
 暗黒の文書は読みようもなく、中身は真っ黒だ
大地蟄伏,花朵猶豫
 大地は寒気に沈みこんだまま、花はまだ開きかねている

最難將息,寒冬骨架
 いちばんの災いは終わろうとして、 寒い冬の骨組みに
從來世生出肋骨,種子沉痛
 来世からあばら骨が生え出しても、種子は悲痛のうちにある
家譜灰燼;那就重讀灰燼,從此無名
 系譜は燃えかすとなり、ならば燃えかすを読みなおそうとも、それからもう名前はない
此刻退色,你是唯一的音節。
 この時間は色あせて、きみがただ一つの音節だ。

就是不屈服的石頭
 これこそ不屈の岩石たる
那些在流亡裡往返的孤魂
 流亡のうちに行き来する寄るべなき彼らの魂は
洗滌我們的盲文,奧德修斯!
 我らの点字を洗い清めるのだが、オデュッセウスよ!
來到盡頭我一無所見
 しまいまでいっても私にはなにも見えないのだ

 
日本語訳:木之内誠

 

 

 

 

葉芝的愛爾蘭飛行員是雲端的曾經的父親
イェイツのアイルランドの飛行士は雲の父親だったことがあるんだ

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

昨夜的珍珠已黑
步妳後塵,成灰。
看妳的手勢如花一般地擺動。
字句碎身粉骨!
而星斗盡量符合著節拍
睜開眼!序幕
此刻我心中沒有仇恨,衹是努力平衡。
葉芝的愛爾蘭飛行員是雲端的曾經的父親

 

 

昨夜的珍珠已黑
 ゆうべの真珠はもはや黒ずんで
步妳後塵,成灰。
 きみの後を追いしたがううちに、灰になった。
看妳的手勢如花一般地擺動。
 きみの手ぶりが花のように揺れ動くのを見れば
字句碎身粉骨!
 字句はその命も惜しむまい!
而星斗盡量符合著節拍
 そして星々は一心に、そのリズムに合わせようとしている
睜開眼!序幕
 目を見開け! 幕開きだ
此刻我心中沒有仇恨,衹是努力平衡。
 いま我が心中に恨みつらみなく、ただ平衡を保とうとするだけだ。
葉芝的愛爾蘭飛行員是雲端的曾經的父親
 イェイツのアイルランドの飛行士は雲の父親だったことがあるんだ

 
日本語訳:木之内誠

 

 

 

 

安靜的刻度
しずかに刻まれる目盛り

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

安靜的刻度。
落花 落光羽。
青銅,山脊線。
肩胛骨 ,眼淚青銅!
我打開典籍;
信念 領略 耳朵 痕跡
翼,不翼。
帆失去帆,
黑暗的漏洞在星光深處
銅鲸的槳葉自昏水中破冰而來。
而今我立於銅墙之下,
傾城在即。朗誦
波濤。這不朽的青銅
沉睡如風的殘骸。

 

 

安靜的刻度。
 しずかに刻まれる目盛り。
落花 落光羽。
 散る花 落陽の羽衣。
青銅,山脊線。
 青銅、峰々の稜線。
肩胛骨 ,眼淚青銅!
 肩甲骨、涙の青銅!
我打開典籍;
 私は古い書物をひらく;
信念 領略 耳朵 痕跡
 信念 了解 耳たぶ 痕跡
翼,不翼。
 翼は、羽ばたかない。
帆失去帆,
 帆は帆を失い、
黑暗的漏洞在星光深處
 真っ暗な抜け穴は、星の光の深みにあって
銅鲸的槳葉自昏水中破冰而來。
 銅の鯨のオールが、暗い水中から氷を破って現れる。
而今我立於銅墙之下,  
 いま私は堅固な壁のもとに佇み、
傾城在即。朗誦  
 都市は破滅に瀕している。声高らかに読み上げるとき
波濤。這不朽的青銅  
 大波が。 この不滅の青銅は
沉睡如風的殘骸。  
 風の残骸のように眠り込んでいる。

 
日本語訳:木之内誠

 

 

 

 

用雙重的季節向妳致意。
二つに重なる季節の挨拶を君に贈る。

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

等一等,黑沉沉的玫瑰;
重傷的青銅已沉默不歌。
不辭的心充盈着秋闇的餘輝。

等一等,賦格的玫瑰;
醉舟離開妳睫毛的星座
離開星星的群島。

等一等,不眠的玫瑰;
詩節骨離,杯酒往何處?
最 !
瀝血的刻度寸斷象牙。

以後,我詩中的玫瑰不再是玫瑰。

 

 

等一等,黑沉沉的玫瑰;
 待ってくれ、黒々としたバラよ;
重傷的青銅已沉默不歌。
 深く傷ついたブロンズはもう沈黙して歌わない。
不辭的心充盈着秋闇的餘輝。
 諦めない心は秋の闇の余韻に満たされている。

等一等,賦格的玫瑰;
 待ってくれ、フーガのバラよ;
醉舟離開妳睫毛的星座
 酔いどれ船は君のまつげの星座を離れ、
離開星星的群島。
 星の島々を離れる。

等一等,不眠的玫瑰;
 待ってくれ、眠らぬバラよ;
詩節骨離,杯酒往何處?
 詩片はバラバラになり、グラスの酒はどこに向かうのか。
最 !
 最高じゃないか!
瀝血的刻度寸斷象牙。
 血の滴る目盛りは、象牙を寸断する。

以後,我詩中的玫瑰不再是玫瑰。
 これから、私の詩の中のバラは、もうバラではない。

 
日本語訳:木之内誠

 

 

 

 

最後一次睇吓呢個風景

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

最後一次睇吓呢個風景
妳如是說

如是雙重的季節向妳致意。

等一等,黑沉沉的玫瑰;
重傷的青銅已沉默不歌。
不辭的心充盈着秋闇的餘輝。

等一等,賦格的玫瑰;
醉舟離開妳睫毛的星座
離開星星的群島。

等一等,不眠的玫瑰;
詩節骨離,杯酒往何處?
最 !
瀝血的刻度寸斷象牙。

以後,我詩中的玫瑰不再是玫瑰。

.

 

 
 

・翻訳はこちらで
https://www.deepl.com/translator

 

 

 

在與不在之俳5句

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

1.
敗戰的時刻
殘暴著市場。充滿
我們的祖籍。

2.
蟬聲奏悶沉
怒放的鮮花、孩子……
重啟了五月

3.
用火焰發聲
超越生者的語言
此時此刻,在。

4.
重啓的時刻:
浩然若風的內部
沉醉於不在。

5.
在鏡子深處
我是我所看到的
成熟了决意。

.

 

 
 

・翻訳はこちらで
https://www.deepl.com/translator