去年11月26日、27日 無罪之俘

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

更。寒冷的月份來臨。
在準備春節的時段審訊
山水的底層,殯葬肺腑
看骨格透明的磁場,山巒無知。
密碼中昇起燃燒的地圖;
盲目的蝙蝠掠過被遺忘的彈孔,
老虎的各種椅子、桌子,
改造我們的寬忍,
追問失憶的友朋⋯⋯訊號消失。
去年的11月,去年的白紙。
你們喊呀!沉痛的親屬們
死者冰冷的夜階磚,排列通道。
夜深了,便湧起灰……

你是水,但
你必須飲水,夜
鐵定黑,你黑如白紙!飲水
淚珠就墜毁。

你們是不曾被飲到的河水
負載着失敗,灌溉黑樂譜。
此刻街上已無人等待,
無人號喊,
而寒夜微茫,不可言傳
廣場黑著臉,找不到一點星火。
亡魂們又一次猶豫不決。

我記得你,你是飲水的水。

僅此致敬彭立發先生。記住李康夢、吳正楠、烏衣、洋流、阿墨、秦梓奕……寒夜抱薪的孩子們。

 
2023年1月11日西貢雨中

 
 

 

 

 

年终总结
年の終わりの締めくくり

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

手中的命運線鬆開,
樂師鬆開了琴弦,
彷彿要撈起那些暗黑的血姓名,
讓沉默開始沉默。
這一年死期將至,一如少年。
昨日的月亮,血眼睛,全食。
且石頭正緩慢成熟,
趨向着行星,成為光束
去承認黑暗,瀕臨垂熄的手相。
哦,鹽越來越重。低音。
這一年堅硬無色,鹽艱困成巖。
鐵淚渾圓,她淚懸一線!
她沿着鐵道,沿着坍塌的長城
讀我,讀杜甫!沿着忘川之水。
沿着籟籟之聲,脆弱的秋色。
擋住去路的水馬鐵馬,
哭號南無!誦讀詩篇。
掌心的命運線填滿陡峭的雨,
垂直。直擊秋日的深處。
從大海。

 
2022年11月9日、12日
血月次日 西貢

 
    .
 

手中的命運線鬆開,
 掌の運命線が緩やかに開き、
樂師鬆開了琴弦,
 奏者は琴の弦をゆるめて、
彷彿要撈起那些暗黑的血姓名,
 まるであの黒々とした血の名前をすくい上げようとするかのように、
讓沉默開始沉默。
 沈黙を沈黙に向かわせる。
這一年死期將至,一如少年。
 この一年が臨終の時を迎えるのも間もないのだが、変わらぬ少年のようだ。
昨日的月亮,血眼睛,全食。
  昨日の月は、血の眼の、皆既食。
且石頭正緩慢成熟,
 まさに石は緩慢な成熟をとげつつあり、
趨向着行星,成為光束
 惑星に向かって、光の束となるが
去承認黑暗,瀕臨垂熄的手相。
 暗黒の行方を認める、薄れ消えかかった手相なのだ。
哦,鹽越來越重。低音。
 おお、塩はいよいよ重く。低く音を響かせる。
這一年堅硬無色,鹽艱困成巖。
 この一年のうちに堅く無色の塩は艱難のうちに岩となった。
鐵淚渾圓,她淚懸一線!
 鉄の涙はまん丸な粒となり、彼女はいまにも溢れ落ちんばかりの涙をたたえている。
她沿着鐵道,沿着坍塌的長城
 彼女は鉄道に沿い、崩れた長城に沿って、
讀我,讀杜甫!沿着忘川之水。
 私を読み、杜甫を読むのだ!忘却の川の水にそって。
沿着籟籟之聲,脆弱的秋色。
 かそけき風の音に寄りそう、はかなげな秋の色。
擋住去路的水馬鐵馬,
 行く手を遮る放水とバリケードに、
哭號南無!誦讀詩篇。
 南無と泣き叫び、詩編を朗誦する。
掌心的命運線填滿陡峭的雨,
 掌の運命線は激しく降り注ぐ雨に充填され、
垂直。直擊秋日的深處。
 垂直に。秋の日の深みを直撃して。
從大海。
 海にいたる。

 
2022年11月9日、12日
血月次日 西貢
 ブラッドムーンの翌日、サイクンにて

 
 

日本語訳:ぐるーぷ・とりつ

 
 

 

 

 

碎斧
砕けた斧

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

再一次栩栩如生,在延期歸還的霞光中,舟楫
歲月遠去。最初的聲音,向
另一個人伸出手來
緊握,如同緊握未來的石斧。
"讓該死的死去吧"
碎片,原形畢露
手中之斧已跌落昨日的屠房
血氣彌漫,恐懼的低語停止了呼吸。
我們曾經見過的世界只剩下記憶
儲藏進這疼痛的口供。
羊村的囚徒從禁錮中歸來,
輓歌,填入裂開的空缺。
倏忽的靜寂,飲了一杯,
喪失的風再一次栩栩如生。

 
2022年10月10日 西貢

 
    .
 

再一次栩栩如生,
 またふたたび溌剌と生気に満ちて、
在延期歸還的霞光中,舟楫
 引き延ばされた帰還の彩なす光のうちに、船こぐ
歲月遠去。
 歳月は遠く去っていった。
最初的聲音,向
 最初の声が、
另一個人伸出手來
 別の一人にむけられ、手を差し伸べ
緊握,如同緊握未來的石斧。
 しっかりと握りあった。まるで未来の石斧を堅く握るように。
"讓該死的死去吧"
 「死んだほうがいい奴は、死なせてやれ」
碎片,原形畢露
 砕けたかけらは、すっかり正体を現して
手中之斧已跌落昨日的屠房
 手にした斧はすでに滑り落ち昨日の屠殺場には
血氣彌漫,恐懼的低語停止了呼吸。
 血なまぐささが満ち満ち、おののく弱々しい声は、呼吸を止めた。
我們曾經見過的世界只剩下記憶
 我々がこれまで見てきた世界は記憶だけを残して、
儲藏進這疼痛的口供。
 この痛々しい供述の中にしまいこまれる。
羊村的囚徒從禁錮中歸來,
 羊の村の囚われ人は禁錮から帰還し、
輓歌,填入裂開的空缺。
 挽歌は、裂けて口を開けた隙間に埋め込まれた。
倏忽的靜寂,飲了一杯,
 突然の静寂のなかで、一杯やれば、
喪失的風再一次栩栩如生。
 失われた風にもう一度生気が漲る。

 
2022年10月10日 西貢
 2022年10月10日 西貢にて

 
 

日本語訳:ぐるーぷ・とりつ

 

 

 

 

更日子的艱難來臨

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

更日子的艱難來臨
最後的金鏃射入堡壘
無聲地跌入灰暗蜂房,失血
還沒有到散場的時候。
粵語已經知道,十一月以後
不能安心回家,孩子們
一無所有,在我抵達之後,
法庭清白無辜。
看着鹽在傷口上宰制雨水。

"你不是花,你是,花。"
 深深地,如此的深
 如雀喉,如烏雲。

 
    .
 

更日子的艱難來臨
 さらなる艱難の日々がやってくる
最後的金鏃射入堡壘
 最後の金の矢じりが砦に射ちこまれ
無聲地跌入灰暗蜂房,失血
 音もなくほの暗い蜂の巣のなかに落ち込んで、血を流すが
還沒有到散場的時候。
 まだ終幕の時は来ていない。
粵語已經知道,十一月以後
 広東の言葉ではもう分かっている、十一月から先は
不能安心回家,孩子們
 安心して家には帰れないことを、子供たちは
一無所有,在我抵達之後,
 何もかも無くして、私が到着した後に、
法庭清白無辜。
 法廷で潔白を申したてる。
看着鹽在傷口上宰制雨水。
 塩が傷口で雨水をはねのけるのを目の当たりにしながら。

"你不是花,你是,花。"
  「君は花じゃない、君は、花なんだ。」
 深深地,如此的深  
    深々と、こんなにも奥深くに
 如雀喉,如烏雲。  
    雀の喉のように、真っ黒な雲のように。

 

日本語訳:ぐるーぷ・とりつ

 
 

 

 

 

喪亂帖的筆意在空雨中顯現

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

《喪亂帖》的筆意在空雨中顯現
雨,落。 奈何!
書頁也落; 羲之頓首
花容失卻病態
舌下的罌粟彌留, 居所!
血液沖刷著熱肺
受驚的魚躍出匿名的時間
與利爪搏鬥
不眠的手機月亮一般靠近頭顱
平靜,從湮沒的海中昇起
空氣中充滿了《喪亂帖》的筆劃
奈何,雨的種籽淌過夜,葉子
深處的歷史意亂情迷,無法注釋
雨水静靜地流向天賦的溪谷
被囚的骨鎖成為輪廓。
一切來臨,一切
             來臨。

2022年8月13日香港西貢

 
    .
 

《喪亂帖》的筆意在空雨中顯現
 『喪乱帖』の趣はきまぐれな雨のなかに現れ出る
雨,落。 奈何!
 雨は、降る。 いかんせん!
書頁也落; 羲之頓首
 本のページも脱け落ちる、 羲之拝啓
花容失卻病態
 花の容色は失われていた病態を現出し
舌下的罌粟彌留, 居所!
 舌下の芥子粒は留まりつづけ、 身を何処に置く!
血液沖刷著熱肺
 血液は熱き肺より激しく押し流し
受驚的魚躍出匿名的時間
 驚いた魚は匿名の時間に躍り出し
與利爪搏鬥
 鋭い爪と闘う
不眠的手機月亮一般靠近頭顱
 眠れぬ携帯電話は月のように頭蓋に近づき
平靜,從湮沒的海中昇起
 平静は、沈み込んだ海中からわき上がり
空氣中充滿了《喪亂帖》的筆劃
 空気の中に『喪乱帖』の筆さばきが満ち溢れた
奈何,雨的種籽淌過夜,葉子
 いかんせん、雨の種は滴って夜を越え、木の葉の
深處的歷史意亂情迷,無法注釋
 奥深くひそむ歴史は思い悩ましくかき乱され、
  注釈を施すすべもない
雨水静靜地流向天賦的溪谷
 雨水は静かに天賦の谷間にむかって流れ行き
被囚的骨鎖成為輪廓。
 囚われた骨の鎖が輪郭となる。
一切來臨,一切
 すべてがやって来る、すべてが
             來臨。
                やって来る。

2022年8月13日香港西貢
 2022年8月13日香港サイクンにて

*『喪乱帖』 中国東晋の書家王羲之 (おうぎし) の書蹟。戦乱の中、先祖の墓が再度北方の異民族によって荒らされたのを悲しんだ手紙を後人が模写したもの。「羲之頓首」はその冒頭と末尾の語。

 

日本語訳:ぐるーぷ・とりつ

 
 

王羲之 喪亂帖

​釋文:
羲之頓首。 喪亂之極。 先墓再離荼毒,追惟酷甚,號慕摧絕,痛貫心肝,痛當奈何奈何。 雖即修復,未獲奔馳,哀毒益深,奈何奈何。 臨紙感哽,不知何言。 羲之頓首。

 

 

 

 

6月9日香港

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

暴雨的六月,坍塌。
緊閉的眼不在,
暴露出遺忘的內部。
美哉!少年郎……

經歷過的人們停止了活著,
他們飲茶飲恨,
卑微地儲蓄著陰性的雲雨,
綿綿不斷。他們交稅交水費
而眼睛這無辜的石頭
被噴滿殘暴的胡椒
少年 ! 大雨滂沱
鼓點因拒絕漠然而狼狽
如不堪的雷聲。
心裡的暗啞成了叫喊,
以後的沈重加深月份,
流火的化石眼神卷刃……..
追随雨,殘缺的編年史。

少年,你還好嗎?

 
    .
 

暴雨的六月,坍塌。
 激しい雨の六月に、崩れ去る。
緊閉的眼不在,
 固く閉じた眼は、いまは無く
暴露出遺忘的內部。
 忘れていた内部をさらけ出している。
美哉!少年郎……
 すばらしいぞ! 少年よ……

經歷過的人們停止了活著,
 時を経た人々は生きることをやめ
他們飲茶飲恨,
 彼らは茶を飲み、うらみを飲み込む
卑微地儲蓄著陰性的雲雨,
 陰性を示す雨は意味もなく溜め込まれて、
綿綿不斷。他們交稅交水費
 降り止まない。彼らは税金を納め、水道料を払い
而眼睛這無辜的石頭
 そして眼というこの罪のない石くれには
被噴滿殘暴的胡椒
 乱暴に胡椒をぶちまけられている。
少年 ! 大雨滂沱
 少年よ! 大雨はふりしきり
鼓點因拒絕漠然而狼狽
 鼓の音は、拒絶され、所在なげにうろたえる
如不堪的雷聲。
 しようのない雷鳴のように。
心裡的暗啞成了叫喊,
 心のうちの暗い沈黙は叫びとなり、
以後的沈重加深月份,
 それからの重苦しさは、月ごとに深まり、
流火的化石眼神卷刃……
 流れ星は化石となり、その眼差しは鈍く濁り……
追随雨,殘缺的編年史。
 雨を追い従うのは、とぎれとぎれの年代記。

少年,你還好嗎?
 少年よ、きみはまだ大丈夫かい?

 

日本語訳:ぐるーぷ・とりつ

 
 

 

 

 

在最後的春天裡;
最後の春のなかで、

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

在最後的春天裡;
總是散去,雲和人
而靈床堆著經籍泥土
有蜂,有傷口
沈重的段落
是陰鬱的中提琴。

在最後的春天裡;
群蜂飛舞。
蜂鳴,將挖出的泥土存放。
骨頭!危機的碑片
岩塊和鐵,還有土,
以及水的阻力。

在最後的春天裡;
露出傷口。
哦!鳥啊,只有骨頭堆才算數!
寄存的雨如史無聲
而心,畫軸一般展開。

在最後的春天裡,
嶄新的特首說:「我,和我們」
預告春天的囚徒
明天將再被捕⋯⋯
而山徑通向原野,
拔節的芒草在練習祈禱。

在最後的春天裡;
一顆落單的念珠遺置靈床。
昏死如同「相信」。
我的呼吸只是風的一部分;
虎斑是聖城的遺囑。

 

2022年5月11日 香港西貢

 
    .
 

在最後的春天裡;
 最後の春のなかで、
總是散去,雲和人
 結局は散ってゆく、雲も人も
而靈床堆著經籍泥土
 そして遺骸を横たえるしとねには古書が泥のように積み重なる
有蜂,有傷口
 蜂がいる、傷口がある
沈重的段落
 重苦しい一節は
是陰鬱的中提琴。
 陰鬱なビオラだ。 

在最後的春天裡;
 最後の春のなかで、
群蜂飛舞。
 蜂が群れ飛ぶ。
蜂鳴,將挖出的泥土存放。
 蜂は羽音を立て、ほじりだした土を置いていく
骨頭!危機的碑片
 骨! 危機を伝える石碑の破片
岩塊和鐵,還有土,
 岩塊と鉄、そして土、
以及水的阻力。
 さらに水の抵抗。

在最後的春天裡;
 最後の春のなかで、
露出傷口。
 傷口をさらけ出す。
哦!鳥啊,只有骨頭堆才算數!
 ああ!鳥よ、骨の山が築かれてそれでやっと恰好がつくというのか!
寄存的雨如史無聲
 預けられた雨は歴史のように音もないが
而心,畫軸一般展開。
 心は、掛け軸のように拡げられている。

在最後的春天裡,
 最後の春のなかで、
嶄新的特首說:「我,和我們」
 こんどの新しい行政長官はいう、「私、そして私たち」と
預告春天的囚徒
 それは春の囚われ人が
明天將再被捕⋯⋯
 明日にはまた捕らわれるのを予告するかのようだ・・・
而山徑通向原野,
 そして山道は原野に向かって通じ、
拔節的芒草在練習祈禱。
 ずんと伸びたススキはお祈りの稽古をしている。

在最後的春天裡;
 最後の春のなかで、
一顆落單的念珠遺置靈床。
 ぽつんとひとつの数珠が遺骸を横たえるしとねに残された。
昏死如同「相信」。
 気絶して正気を失うことは「信じる」ことと同じだ。
我的呼吸只是風的一部分;
 私の呼吸は風の一部分にすぎないのだが、
虎斑是聖城的遺囑。
 南の海の宝貝は聖なる都の遺書なのだ。

 

2022年5月11日 香港西貢 
 2022年5月11日香港・サイクンにて

 

日本語訳:ぐるーぷ・とりつ

 

 

 

 

 


在る

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

我敗
我旗
我病
⋯⋯骨
⋯⋯滿飲!
我夜晚
我街磚
我哭號
我吻你

⋯⋯

 
    .
 

我敗
 私は敗れ
我旗
 私は旗を巻き
我病
 私は病む
⋯⋯骨
 ⋯⋯骨よ
⋯⋯滿飲!
 ⋯⋯たらふく飲もう!
我夜晚
 私は夜中の
我街磚
 私は街路の煉瓦に
我哭號
 私は泣き叫び
我吻你
 私は君に口づける

 私は
⋯⋯

 かく在る

 

日本語訳:ぐるーぷ・とりつ

 

 

 

 

傷之俳 3月
悲傷の五七五 3月

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

西博寮海峽
正午,憤怒己暗淡
青銅無消息

復:撫摸眼淚
重傷銅沉默不歌
潜航吧……翼骨

不羈的翱翔
渴望於群星之上
突然被呼喚

恢恢海天間
誰在問順從的血
不確的流向

僅僅是個謎
美酒隱藏了盜賊
我不曾留意

 
    .
 

西博寮海峽
 西博寮の海峡の
正午,憤怒己暗淡
 真昼どき、憤怒はもはやぼんやりとかすんで
青銅無消息
 青銅は何事も伝えない

復:撫摸眼淚
 またも、涙をぬぐい
重傷銅沉默不歌
 幾度も傷ついた銅は、沈黙して歌わない
潜航吧……翼骨 
 潜航しろ……翼の骨

不羈的翱翔
 思うさまの飛翔は
渴望於群星之上
 群れる星々の上方で
突然被呼喚
 唐突な呼びかけを渇望している

恢恢海天間
 広々とした海と空の間で
誰在問順從的血
 従順な血の流れゆく
不確的流向
 不確かな行方を 誰が尋ねようとしているのか

僅僅是個謎
 たかがちっぽけな謎にすぎないのだ
美酒隱藏了盜賊
 うま酒が 盗賊の姿をくらませてしまったことなど
我不曾留意
 私は気にかけたこともない

 

日本語訳:ぐるーぷ・とりつ

 

 

 

 

當傍晚無聲地抹去星辰
夕暮れどき沈黙のうちに星々を消し去る

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 

當傍晚無聲地抹去星辰,前世
塵土,起伏如波瀾
黑暗的文件如晦,裏面好黑
大地蟄伏,花朵猶豫

最難將息,寒冬骨架
從來世生出肋骨,種子沉痛
家譜灰燼;那就重讀灰燼,從此無名
此刻退色,你是唯一的音節。

就是不屈服的石頭
那些在流亡裡往返的孤魂
洗滌我們的盲文,奧德修斯!
來到盡頭我一無所見

 

 
 
當傍晚無聲地抹去星辰,前世
 夕暮れどき沈黙のうちに星々を消し去れば、前世の
塵土,起伏如波瀾
 土ぼこりは、大波のように高まり鎮まり
黑暗的文件如晦,裏面好黑
 暗黒の文書は読みようもなく、中身は真っ黒だ
大地蟄伏,花朵猶豫
 大地は寒気に沈みこんだまま、花はまだ開きかねている

最難將息,寒冬骨架
 いちばんの災いは終わろうとして、 寒い冬の骨組みに
從來世生出肋骨,種子沉痛
 来世からあばら骨が生え出しても、種子は悲痛のうちにある
家譜灰燼;那就重讀灰燼,從此無名
 系譜は燃えかすとなり、ならば燃えかすを読みなおそうとも、それからもう名前はない
此刻退色,你是唯一的音節。
 この時間は色あせて、きみがただ一つの音節だ。

就是不屈服的石頭
 これこそ不屈の岩石たる
那些在流亡裡往返的孤魂
 流亡のうちに行き来する寄るべなき彼らの魂は
洗滌我們的盲文,奧德修斯!
 我らの点字を洗い清めるのだが、オデュッセウスよ!
來到盡頭我一無所見
 しまいまでいっても私にはなにも見えないのだ

 
日本語訳:ぐるーぷ・とりつ