徒党を組んで *

 

さとう三千魚

 
 

昨日
女と

港の温泉に行った
二十年

女と
暮らした

二十年が過ぎた

女と
風呂を出る時間を決めた

温泉に浸かり

露天で
浜風を嗅いだ

サウナを出て水風呂に入った

三回繰り返すと
汗は出ない

クラフトビール屋で女を待っていた

ビールは
蜜柑とメロンの香りがした

浜風が吹いていた
浜風は吹いていた

きみはそこにいた

きみは
風は

吹いていた

きみは群れることがなかった
きみは徒党を組むことがなかった

 

* 高橋悠治のCD「サティ・ピアノ曲集 02 諧謔の時代」”犬のためのだらだらとした前奏曲” より

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です