季節がよくわからぬ日々

 

ヒヨコブタ

 
 

体調よくないターンに陥る
とにかく寝すぎていて起きていない
ここまでは久しぶりかな
外の風があたたかいのかもわからぬ日々
時折少しだけ歩く
問題の根っこを知っている
と思いこんでいたのだけれど
だとしたら生きるしかないんだ
ここでこの世よさらば! 
なんてまったくの論外
わたしはこの生にしがみついて生きるのだと決めたのだ
けれども年齢的に若過ぎもせず、熟成もされていないちゅうぶらりんのわたしは
何を見、何を書けば生きていけるのだろう
何もかもを見て、何もかもを書き出したいのに
今はその時ではないということか

私のあとに何が残るのだろうな
誰の記憶にもあまり深く刺さらぬ存在でいたいような
けれどもことばだけは誰かのこころに
ずんとくるいっしゅんくらい、あったらいいのに
高望み高望みと、通院帰りをとぼとぼ歩く

 

 

 

よくあること

 

工藤冬里

 
 

泥色の河岸の風景に崩し字の火災が興っている
繋がれた先の犬の色にズボンが当たっている
若布の海水浴場で遠泳を追う
独りで暮らす
巻く料理のように遅くまで碧い残照
電磁波が立っている
流しのステンのひんやり
蛍への虞に崩し字の若布が川を流れている
赤に染めてみる液晶
軸のように野菜
赤い御影石が光って
ジオラマの目線で
会話を始める
高いバンドエイドを買う
透けた角部屋の壁面に赤い崩し字が流れて
苗字がコロコロ変わるミイラ
折り込み広告に児童画

父親が悪魔だというのはよくあることだ

 

 

#poetry #rock musician

早起き ***

 

無一物野郎の詩、乃至 無詩! 68     yuuki さんへ

さとう三千魚

 
 

目覚めた

朝に

雀に
餌をやる

庭の
カサブランカに

水を
やる

まだ

つぼみは
小さい

きみは
きみになる

白く
かおる

花を咲かせる

きみは
花になる

 
 

***memo.

2024年5月25日(土)、
静岡一箱古本市の日に水曜文庫での即興詩イベント、
「 無一物野郎の詩、乃至 無詩!」第二十五回で作った68個めの詩です。

タイトル ”早起き”
好きな花 ”百合”

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

キガキ ガキガキ

 

辻 和人

 
 

キガキ
ガキガキ
ガキ
じゃない

ころっ寝返りいつでもできるようになったコミヤミヤとこかずとん
夜中見守り用ベッドから見る2人の姿が
顔マットに向けてグーグー
うつ伏せまずい、窒息しちゃう
胸と足の下に腕を入れてコミヤミヤ持ち上げる
熟睡中のコミヤミヤ空中で回転させマットに下して仰向けに
すやすや、これで安心
と思いきや
寝返ってころっ
うつ伏せに戻る
するとさっき仰向けに直したこかずとんも
ころっ寝返って
うつ伏せうつ伏せ
顔は横向きになってるからとりあえず呼吸は大丈夫か
せめて顔を少し上向きに角度つけとくか
やわぁーらかな頭2つ動かして
はい、ひとまずこれで様子見

仰向けに直しても直しても
コミヤミヤがころっ
こかずとんがころっ
気道が塞がれて
息が苦しくならないか
まさか死んじゃうんじゃないか
かずとんパパはとっても心配
ころっといっちゃったらどうしよう
キガキ
ガキガキ
ガキ
じゃない

顔が下を向いてると落ち着くね
マットが頬っぺたにくっついてるのって落ち着くね
すーはー、すーはー
ほらね
吐いた息が逃げないで
すぐ傍にあるよ
あったかくて安心できるね
湿っぽくて安心できるね
薄暗くって安心できるね

すーはーすーはー規則正しい2つの寝息
うつ伏せ横向きの顔眺めて
かずとんパパもごろっ見守りベッドに仰向けになる
コミヤミヤ開いた両手の先をちょこちょこさせてたな
こかずとん首をゆっくりふりふりさせてたな
これも息してるからできること

そういやぼくも息はしてるんだった
暗い天井見上げながら
すーはー、すーはー
吐いた息は規則正しく上へと逃げては消えていく
コミヤミヤ、こかずとん
上がポカンと開いた仰向けってのも悪くないよ
ひと眠りしてから
また様子見
キガキ
ガキガキ
ガキ