石化2022

 

工藤冬里

 
 

May 9
評判のサメ映画no sharkをアマプラで観た。アメリカを食い殺すのはロシアではなくアメリカ合衆国自身である。
Saldrá furioso a aniquilar y destruir a muchos
Translate Tweet
8:29 AM · May 10, 2022·Twitter for iPhone
ベルセバ新譜は引き潮で顕になったレフトのしがみつく唱歌の岩礁のようだ
Translate Tweet
10:00 AM · May 10, 2022·Twitter for iPhone
君を忘れない
まがリープクネヒトった道を行く
天皇クネ仁と波は黄色く盛り上がる
三度目は戦争と呼ばなかった
グリズリーの短い日きっと想
像した以上に騒がしい未来が朴を待ってらいし

テールの若葉だけで通用
食うなレール木が下よ笹
塚な綻びをツブ貝舗道に唾棄指名手配
Translate Tweet
7:37 AM · May 11, 2022·Twitter for iPhone
ベリーズのクレオール語は最高だ
ラリーズのクレイヨラがエチオピアだ
タリーズなら愛大病院にある
久万に喰われて死にたいとシアトルの本店に伝えたが
今日は曇りなのでその日ではない
河岸を変えよか、と吉原潤はよく言っていた
吐くなよ、とも。
別のインベーダーゲーム機の店へ行くだけだったが!
Translate Tweet
7:55 AM · May 11, 2022·Twitter for iPhone
寒ければ着ればいいのよ秋までは水は冷たいままなんだから
Translate Tweet
8:30 AM · May 11, 2022·Twitter for iPhone
人が死ぬ首を吊ったり転んだり癌になったり滅ぼされたり
Translate Tweet
8:32 AM · May 11, 2022·Twitter for iPhone
一号螢出ました
もう、だめです
Translate Tweet
9:03 PM · May 11, 2022·Twitter for iPhone
うっすらと化石燃料の筋膜が黄色の側頭回合野を覆う
生活は
出来なくなるだろう
料理をしないまま電池を買いに行く些事だけになる
崩れかけた煉瓦の演出と石油由来の壁面は断罪される
仕舞いには泣く力も失くなった
食事を作る気力も失ない、胡桃の脳は石化したのだ
寒い夏の木に負けて家の水圧が低い
植物たちと戦後教育が話し合っている

かっこいい病気 脚気(かっけー)
Translate Tweet
9:49 AM · May 13, 2022·Twitter Web App
El que muere queda absuelto de su pecado
Translate Tweet
8:14 AM · May 14, 2022·Twitter for iPhone

耳のある人は見ず
目のある人は聞かなかった
左に、と言われたら右と思い
昼に、と言われたら夜か、と考えた
Joey Ramoneの前屈姿勢で祈ったが知らないと言われる
白化した背景の上で定規を動かし
目と口に見える化石を探す
聞くだけの骨になってしまったので筋膜ごと石化したのだ
眼鏡ケースか筆箱か、アイヌ紋様の布製で、
左ハンドルのダッシュボードにはミイラの粉が積もっている
注射場に停めるわたくし
ブランケットを分かち合い
新しい人格はパーツで切り離して考えるものではないと教えられる
首を傾けて喋る癖を無くさないと耳が聞こえなくなる
更地にして大樹を生やすわたしの権力も
落下する車から飛び出した
磁界も電界もこの谷底の白化の上で定規を動かして

 

 

 

#poetry #rock musician

薔薇の名前

 

工藤冬里

 
 

アニソンを通してしか真理を語ることが出来ないのでアキシュの王を騙す
格上シャンベルタン対密造ビオのような敗戦が繰り越されている
名前を見てから花を見るのと、花を見てから名前を見るのとどう違うか比べながら歩いた
どうも言葉が先らしい
脳は誰だか分からぬまま一枚づつ着せられて何処に戻るか
薔薇は花ではない

ヴィブラートが滅びを跨いでいる
怯えたヴィブラートは無駄な信仰
石の上の奇矯な行動によって認められる
娼婦の行動も記念として垂れ下がった
個人の墓から思いの中に取り出して
さらに餅をください
生来の意欲の前段階をimmnotherapyで強めてください
中間色の版画家の石の色した物語りの中で
家族は
民族浄化の決定がなされてからエステに意味を付与するしきたりが始まった
王にもフィッシング・メールを送ったので
教授の講義のテーマが変わった
仮面の内側の大三島は
ビールだけではない
royce’は信じない
負けない
親しくならない
死ななくていいので地上の体の各部を殺せば
プレス機で押し潰される前に弁当箱を救う
トイレで平手打ち
あゝ無理なことではないんだ
石化した盾型の白や青ざめた孔版画のヴァージョン
無理だと分かるには時間がかかる
毎日が宴会
限界だが離れたくはない
新しい人形の筋膜注射
音声案内のAI嬢にG.I.joe
思い出グラスシャンベルタン
東西南北ではなく上下内外を見る
今は木はみどりではなく黄色
石手川のほとりで枯れなかった
嘘をつくことだけ不可能
形式を遡る
踵を砕くとはもう地上でサンダルを履くことはないから
見えるものは張りぼてなので
ものづくりに価値はなかった
時間は水とは違って溜めることができない
午後の秋
のいろどり
従順な行動を伴っている千人に一人
の花

 

 

 

#poetry #rock musician

発車オーライ

 

工藤冬里

 
 

私が私にもなってはいけない理由
Cristo fue levantado de entre los muertos
複数形の死から受け身でよみがえらされる
やばいうやまう
対面通行事故お巡り
あやめ見に行く
影のクラウド
意欲と力の両方

発車オーライ
パロールは服の縫い目
縫い目が無ければ脱ぎ捨て易い
縫い目のない服
縫い目の無い服を私は着たい
水のような化粧品
化粧品のような水
水のような酒
酒のような水
エレカシのサラサラは難しい曲だ
縫い目の無い下着のように彼は黙っていた

 

 

 

#poetry #rock musician

THOSE WERE THE DAYS, MY FRIEND

 

工藤冬里

 
 

Apr 17

Apr 18
中西龍
https://youtu.be/ZQHDUmiujc8

Muerte, ¿dónde está tu victoria? Muerte, ¿dónde está tu aguijón?


https://youtu.be/s2AVr0-R0G4

Apr 19
「失われたのはパブリックである」から10年経った。今や世界は音声off機能の無いzoomのようなもので、理性の外側の領域の炙り出しが始まっている。強者と弱者はメビウスの輪のように絡み合いながら共に死滅するのだ。

私は自分の頭がネズミの頭のように小さくなったのを感じた。死ぬ前に一回り小さくなるのは知っている。

前もって死体を溢れさせている、現象ですらない裂け目が私である
らしかった

「悪にでもなる」がコンビニに溢れていた時期があった。裂け目としての自分があり得ない未来に跳躍するのが希望なら、つまりその等式が希望なら、私たちは「ナチにでもなる」

40万と聞いてそのクラスなら「目覚める前に遺伝子組み換え添加物漬けにする」の符牒だったのでは?と一瞬は思った

Tengo esperanza de que va a haber una resurrección tanto de justos como de injustos

Apr 20
ロンドンに居た頃日本語というと義父から毎月送られてくる文藝春秋しかなかったので頭のなかがすっかりおじさんになるという剰余享楽を体感しました
https://twitter.com/KS_1013/status/1513954014538637312?s=20&t=oJilCN9ubciA2jsYJ5FYBw

日常など続いていくわけがない。右手と額のしるしが続いていくだけだからだ。明日がデジタル・タトゥー化されていく進み行き
進み行きて大江の文末によくある
大江

人間が戦いを終わらせることができないのはなぜだと思いますか

藤棚の傍には必ずホークウィンドのジャケみたいなmumble beeがいるが怖くない

山越のsikuruスリランカでゲロおいしかった今日はホタルイカ

Apr 21
クラクラアブリール

足を洗ってカウンターだけのサイフォンを始めて、おいこれなんだっけママ、都忘れよ。

年号や数え年の共通点はゼロを1と見做すことである
令和ゼロ年の不在は不在(ゼロ天皇)自体を積極的に規定するものと見做される
それは既存の天皇に含まれない全ての天皇を一つの年号として含む
これはすなわち天皇としての浩宮、天皇全体の一部ではない部分としての浩宮part of no partなのである

だから数え年の人生は、人間が絵の一部ではなく、絵についた染みであることを正しく示しているのだ

いや僕も最初はアブリルラヴィーンか思てんけどな、オカンが言うには、店長自ら炙ってくれるらしいんや

毎日がXデーです
ヒロシ

I wanna be your dogは淡々と歌わないと眈々とはならんとです

Apr 22
重層を使うことを思いついた時点で路地の鉢植え氏は負けていた
逃げる場所は非決定ではなく逃げる場所がないという決定だからである

リベラル左派の分断こそがパンデミックの目的であった
そしてそれはこういうことかと接種してみせる魂が逆説的に命の芳名録にカウントされたのだ

Le digo a cada uno de ustedes que no piense de sí mismo más de lo que debe pensar

ポンコピピンはびっくらポンコピピンに変えたらいいと思う
今来たがってるのは城戸君、ゑでぃさんたちとかだけど投げ銭以上の援助が出来ないのがパンデミック以前みたいで

THOSE WERE THE DAYS MY FRIEND
https://youtu.be/2KODZtjOIPg

Había paz en la región.

近い戦争と遠い戦争がある。きみたちは戦争の音、戦争の知らせを聞く。

https://6105.teacup.com/iaf/bbs/5615

Apr 24
白い、薄汚れたとまではいかないけれどトドのように大きい
千羽鶴を折る時間を生贄にする
理性
ロギコス
合理的な
聡明な
言語化された原則の、文法を理解する
規則を探すな

無差別攻撃を避けるためにプロにやらせろという一理は宇田丸の押井新作への批判を少しばかりは、虚無の鏡餅の上に乗ってるお飾り付けた蜜柑くらいの一理という意味で、ずらしますかね

Me alegra recibir insultos

飛行機の残骸


https://youtu.be/0awFe4yYFzo

Apr 25
Sigamos amándonos unos a otros

コブラで落ち着くのはエンタメとして良いがじゃ参加ウグライナフェンの戦果どうなったんだと諦めの地盤沈下

八重までも散って呑み込む茶漬哉

 

 

 

#poetry #rock musician

ぎりぎりまでこの調子

 

工藤冬里

 
 

夜馴れ馴れしく池の水を飲んでいた。タヌキかと思った

theが2つ付け足されている
https://www.radiopanik.org/emissions/l-etranger/show-445-celestyn-dirt-opinion/
ジョンのボードにtheを入れるのはイギリスのオタクの意地なんだろうな

Sigan haciendo esto

痛みには理由があると言うのなら夜啼く鳥の意味を教えよ
痛みに十段階があるのなら
理由も十段階に分けられるのか

八重と赤い藤の公園だったのが今年は藤の赤青の競合が始まっており世界中の大統領選のようでもある

平静を保つ戦争機械は電気羊の夢を見る

黄バラ 豚バラ 榊原
今日も 枯野の すすきはら
あなたの下る下水道をわたしは上る
黄バラ 気晴らし ネコジャラシ
アルツハイマー・ソナタ
黄バラ 気張らんでもええ
牙ら
黄バラしきかな人生
キバちゃん
キバラモーンズ
キバモン
princess of wales
ガラ刑 バラ黄

Los llamo amigos

家出した猫の自由
神が死んだのではない
人が死んだのだ

ナイルはセブンの展開を恨まれたのか
骨から削ぎ落とすサーヴィスが過剰過ぎたか
労働者と女性の告発はフーコー的に常に正しくメビウス状だから
ウスメの美を飲み下すように
スパイスを内外に循環させろ

ぎりぎりまでこの調子

通りすがりの平面

セブンにウォッカがない
ナイルはチキンマサラだけ残っていたが鷹の子の豚と同じくケミカル
日本人は腐らないから皆ミイラになれるね
てゆうことは腐女子が一番添加物なしてことね

ゑでぃさん大変絵が上手でアケビの花のようである


国家や生活上の問題を一つ一つ解決するというADHD的な期待は、普遍性という夢に過ぎない。主体は、亀裂に過ぎない。

https://youtu.be/HaIC9SxXajA

Passover 2022
https://www.nytimes.com/live/2022/04/15/world/jerusalem-al-aqsa-mosque/al-aqsa-mosque-clashes
https://youtube.com/shorts/qDv8GPXkJLk?feature=share

敵の名前さえしばらくは教えなかった
わたしの死には何の価値もない

ラジオ。明菜て力んだ無関心みたいな時に音程下がる人なんだなキワメさんと同じだ
上ずってる曲もある
スタジオでピッチをいじられたのか
どちらにしろルート音が不安定なのだからすべて伴奏者が悪い
差異そのものと化した矢切のわたしが一番成功している

 

 

 

#poetry #rock musician

花を見届けるためには狂人のふりさえするだろう

 

工藤冬里

 
 

Apr 3
国立はノースウエスト的リベラルの牙城になってる、包囲網が狭まっている、どっちだ?

Apr 4
互いにナチ呼ばわりして罵り合う中間の、存在しない虚構の虚構がハードコアとしての現実であり、それ以外の表現は力を持てない
国立は存在しない。攻撃されているのは存在しない国立のイデアである。必要なのはすり寄せや統合ではなく、幻想と幻想の間の断片に過ぎない現実を先鋭化させることであり、ばくぜんと歩道橋からサクラを俯瞰することではない、ぼくらは一片の花弁にすぎない。

Apr 5
彦坂さんは達成感から饒舌になっているがあれは野獣の残骸ではなくただの南北であることがはっきりしてきた。彼は後続のものは発表しない方が良かった。
真実よりもフェイクの方が重要であることをきみたちは知らない。フェイクのみが存在しない真の現実を照らすのだ。照らされるのはあり得た現実たちのハードコアである。
そうしたあり得ない現実こそが存在しない真の現実なのであり、絵画はそこにしか存在し得ない。
フェイクニュースに照らされた絵画。しかし、フェイクニュースになってしまった絵画しかたいていは見ることができない。それを僕はworldlyと呼ぶ。
新たな戦争画の時代なのだ
非戦を貫くにはきみの絵画をやめなければならない
絵画をやめた人が描く絵画こそがつきづきしいのはそのためである
帰納的に想像されるロシアは存在しないし、存在しない人格から個々の出来事を演繹することもできない。われわれの特殊な球体の眼球で下から見上げる癖は拭い去らねばならない。

Apr 6
ゑでぃさん「悲しい顔をしてた していた」は翻訳が難しい、日本語表現の白眉だと思ってた 思っていた
ネカフェの食べ放題の具のないカレーを米なしで二皿食べてた 食べていた
路肩にタヌキが死んでた 死んでいた
肩を痛めてもスマホをいじってた いじっていた
バズったのでバズリンコフに、改名してた 改名していた
うまい安いという看板を見てにっこりしてた にっこりしていた
二人共ラーメン屋では小を頼んでた 頼んでいた
レベルが落ちてきたのでやめます
団地横のフィリピンパブのカラオケからとなりのインド人が流れてくるのを、昭和とか安心リベラルとかと同じく深掘りするジャンルではないと思い乍ら過ぎた。
AIのモアイ像かなんかだと思ってた 思っていた

Apr 7
東京は疲れている。自作自演は流行らないよ。
東京に求められているのは腕力でも知力でもなく笑顔で嘘をつくことができるという演技力のみである
疲弊しているので消耗せずに殺したいという切実な願いが伝わってくる
歩数だけは8000と一人前で、間違った正論しか無く、言わせた言わせられただけの世界観である
3年も行ってないと僕にはそう見える
ケレン味もゼレン味もある映像

煉込蛍手高杯

そのためには狂人のふりさえするだろう
マスクの中で困難な呼吸を続けている
指を何回怪我したかとかは何億年も経ったら覚えていない
瞬きする度に睫毛に引っかかった前髪が揺れて耳も腕も腐って落ちた

Apr 8
罪悪感でおぎした」

萌え系やサイバーパンクが何とか芸術になる形で窓に持っていくケースが多いがしかし

しかし窓はアクシデントでできた孔を埋めるためだったことを忘れてはならないししかも
しかもはめ殺しで10階から飛び降りはできないことも知っておいたほうがいい

言っちゃったね恣意いいんちょ
それでもわたしはわたしを使わずわたしを守らない

緑化した種芋のように不可逆的な九条を植え
メラトニンの夢を見るきみはメラニン

庭の蕗の葉の佃煮で弁当、茶も庭の柿の若葉と蓬

Apr 9
阻まれて蕎麦焼酎雲海状態のサウルが川の流れのようにとか唄って青線街は閉じてゆく 削られてゆく島の牝牛も痩せ細り閉じてゆく

Como la muerte vino mediante un hombre

医大病院近くのローソン店員の物腰が明らかに医大生で苦学してらっしゃるのねと思う

「スター劇場」のチラシを作るときこのロゴが欲しくてgoodman近くの映画館のポスターから「京王地下」という字を切り取ろうとしていたら映画館から出てきたヤクザ二人組にお嬢ちゃん何してんのと声をかけられ、ボコボコにされて血だらけになったことがある

アルトーそっくりなN響好きだが部屋はゴミ屋敷のワタナベさんが自転車を失くしたのか足を少し引き摺りながら歩いているのが見える。春の弁当特集良いですねと分館の司書に声をかけてダイドープレミアムデミタス最高峰のコク豆量1.5倍当社デミタス微糖史上プレミアム豆ブレンド微糖を買い山間部に向かう

ムサシアブミ割れて黒い花が咲き始めたけどほんとうに怖い

 

 

 

#poetry #rock musician

わかりみがふかい

 

工藤冬里

 
 

何も失われていないが現象学的なエポケーによって変容するのはただその経験に対する主体の関係の仕方である

世界は変わらないように見えた
ただ私が抜き取られていた
後は現象のダンスが知覚されるだけだった
何も感じないダンスが続きその一環として私も動いている
メタはナイーブな自我の上に確立されている
直感のレベルで真になる可能性がないゆえに、それは真だと言える
国を擬人化することが普遍なのではない。個人こそが擬人化され、動物が喋るように喋っている、と看破されるべきなのだ
仏教的に透明な脳のダンスは済んだ
踊りながらのexitは見つからない
それでも核のボタンを押す禅坊主のように迷いがない
しかしそれは終わりの只中の或る一日に超越論的判断停止に一章を割くといった程度の箸休めに過ぎない
ハイデガーはマルクス、及びニーチェによるその転倒、そしてその後、をロック史だと思っている
その後、の連鎖から抜け出るのはロックでもロックの終わりでもなくある種の歴史性の無さであり、永遠についての誤解を殺すことだったりするのだろう

私たちは何とかしてガレルを赦してやりたいと思って観ている。存在の側から諦めて近付くか、出来事の側から現象化して遠ざけるかでアプローチは異なる。今回の鍵は涙の結晶化だ。*

独観念論の敗北後、哲学の仕事は不良ジジェク**に贖いを教えることではあるのだが、それがとてつもなく難しいミッションであり続けることによって問いじたいを延命させていくだけの装置なのだとしたら。

ああ! ――そのやうな時もありき、***

セラヤ 大体アサフ 顔に麻布
https://twitter.com/gruppa_voina/status/1509155364733960210?s=20&t=xKmER60i3j9cqRBUBV7Njw

わかりみがふかい
てはやりことはね
きゃうりゅうもてぬまつじつはみきこみがたかいし
でんきガスはねあがりみがねあかリミット
ひらかないつだつみはつかさみがある
おはらしょうすけは終了みがある
二枚貝しか加担
ウイルスミスみがないふきとぢよをとめのすがたしばしとどめむ
をとめみ、、ガーリック
ガリにシャリ
あるふれたジャリの指王
フェイクみのあるクライングVがUVelvetsカットメディア観音関門峡に水は流れてありにけり
別人みが尊く打ち止めみの高いミーム
山頭火三頭飼ってサントーム
哲学者は大他者の中に欠如を見出し、分離を避けるためにそこに同じく欠如としての自己をはめ込み、そこから大他者を非難し続ける。
月とは対象αでありS1→S 2が昔の月(月やあらぬ春や昔の春ならぬ わが身ひとつはもとの身にして)と考えるとサントームみがふかい
三重の人は大体べちゃってしてる(平手打ち)

彦坂さんさっきハヤカワ娼婦を喰った野獣の残骸デジタル屏風を挙げて到達店だと宣言した

ラジオ。グロフェは畏怖と荒廃を取り違えた採掘場跡としてのキャニオンを黄土色の凡庸に染め上げた

カレー皿は民芸などと言う前に最後の湾曲の角度がないと、コロナ下にスプーン一本で食べるのは難しい
じゃなきゃ右手で掬えということになるがそれが野蛮ではないという論争よりもとりあえずは縁の角度と底面に対する黄金比が実際的な知恵ということだ

芒はススキと読ませているが伏せ焼きのことである
覆輪を咬ませる代わりに低温の銅とかで上絵にしてみてはどうか。
乃木大将プロジェクト、ですな ゴールデンカムイも佳境だし ここは紋白蝶でしょうな
何言ってんですかこれが最後の口縁です

この前加西で手に入れたvin-shu2019開けた
ブラッディオレンジの単一

再遊記が必然的になのかどうか言葉を食べるところにまで進んでいて隔週置きのネカフェのマガジンラックが尊い

Miren, los campos están blancos, listos para la cosecha

https://youtube.com/shorts/fiyAPbQNWJI?feature=share
https://wehavenozen.bandcamp.com/track/psalm-27-11013
Єгова — світло моє і мій порятунок. Кого ж мені боятись? Єгова — твердиня мого життя. Кого ж мені лякатись?
Навіть якщо батько й мати покинуть мене, Єгова мене прийме.
Що було б зі мною, якби я не вірив, що побачу доброту Єгови в краю живих?

山野草フェアでいただきましたヒトリシズカとミヤコワスレとムサシアブミです

dogbowlをお使い頂いております

正津さんの文体には余人をして眼を見張らせるものがある

ただ、いかんせん、肺活量が足りない。

国立はノースウエスト的リベラルの牙城になってる、包囲網が狭まっている、どっちだ?

切り落とされた耳をまた付けてもらって国を守るために武器を取って戦うことはしないのだと理解した

声に曇りがあるままに前線は進み桜の下に潜り込んだ
上唇を上げないまま国民は真実のフェイクを語った
預言者のように振る舞いながら半身裸のサウルがイヌの歌を叫んだ
黄色人種のポピーオイルの急流が州を作り別の地肌を顕にした
短期間で石灰質の泥は固まりライダーやら針金やら、浅い同盟のように結石した
好きだというところまでは誰でも一緒だが、何合目かで2グループに分かれる
鎌の声に切られても断食してもロバは平たい石の休憩小屋から上へは登れない
そこから荷を負って雪男なりを探すのは自分なのだ
走馬灯の下界のネオンを精々見開きで
出来事を引き起こしているわけではないが、利用しようとしている

ロシアが先か己れが先か
いよいよ隕石衝突だ
それにしても肩が痛いわ

 

* Le sel des larmes: Philippe Garrel, 2020
**Sex and the Failed Absolute: Slavoj Žižek; Bloomsbury Academic, London, 2020
***冬の長門峡:中原中也

 

 

 

#poetry #rock musician

Le sel des larmes

 

工藤冬里

 
 

牡蠣地獄、掛軸、芍薬、門の外には犬、ブルース・ウェイン=リベラルの復讐、最後の晩餐の飛び出す絵本、阿漕なフォーク野郎、

3.22

https://www.instagram.com/p/Cblhu0nlja6/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

ゼレンスキーが教皇に仲介を頼みたいと

3.23

Su fuerza dependerá de que mantengan la calma

3.24

ラーメンは飲み物ですという幟の泡立て系に入ったらハルコ母が鶏白湯を啜っていてハルコが東に受かったと言うので見ると大きくなったハルコも隣にいて、放課後シロノトリコに寄ったりするようになるのだろうかと思う

今思い返すとポンコピピンの安土さんの網編みと数珠繋ぎの貝とグラスファイバーの可塑的な配置は時間の縦横を月に照らし返すもので、四国において丸亀のヤン・ファーブル以来の最も美しい展示であった。
https://youtu.be/yR-8vPgqS6M

ヤンマガ連載の図書館員マンガ「税金で買った本」が延滞、弁償、司書間の反目など描いてリアル

力が来る
肩が痛くなり陰鬱になる

https://youtu.be/J6XqjCsJNTo

小倉の江上展示はレコードジャケットに半身を 背負わせたユークリッドモンドリアンブギウギ意匠でありそのあまりのクラフト黄金比に作品全体が見えなくなるほどであった

3.25

salió afuera y lloró amargamente

今回東欧のナショナリズムが共産主義インターナショナリズムを完全に超えたことで2つの逆説的グローバリズムの未来が獣達の眼前に浮上することになるがどちらに転んでも人間製の世界政府である

3.26

Mantendré mi confianza

ちょっとした後始末さえ出来ず焼け焦げた家や車が放置されているのだからAIが全員を管理するという夢想は全てを砂粒に還元してしまいたいサラ地の強迫でありそういうのは必ず潰える

心が読めないというのが唯一のコンプレックスであるわけだから携帯に心を読ませる偽旗も考えつくという

個人は雑然としていて四角に分けられた部屋に収まる和菓子のようにほとんど身動きが取れない

耳鳴りの中行軍の蟻に落日
落日を行き落日を行く
雑然として雑然として落日
落日に熔ける現実播州野

焦茶色の未整理が蹲っている
今日は外は嵐です

https://www.instagram.com/p/Cblhu0nlja6/?utm_medium=copy_link

3.27

「鴻池」という、名前は立派だが与島を過ぎて最初の、目立たぬSAである。人影も疎なレストランの、カツカレーのルゥが欧風王道で、特に目立った産物もなく「うみのおともだち」などというコーナーに縫いぐるみを置いていたりしているわだけなのが良い。

柳井町の展示は今日迄です。僕は「宴と孤心」という書の作品を出品しています。皆頑張っていましたが松宮さんの立体がバットマンの「俺がマッチ棒だ」みたいで良かったです。

And now I’m ready to close my mind
– I wanna be your dog

It won’t shine
It won’t shine for me
– The light of love

Like I see through the water That runs down my drain
– masters of war

I would hit me
– if I had a gun

when you’re near me
your love is all I need
– What do you want from me

the world is your oyster

he will have to come all the way to his end and there’s no helper for him
– the king of north

 

 

 

#poetry #rock musician

小倉 小文字通りの他者

 

工藤冬里

 
 

船の名前はフレデリック

クマやライオンや猪が敵ともなり友ともなりうるという事例から時間と自由意志について何が分かりますか

脛の骨に触ると平たくてスペアリブのようだ

長生きした人たちからの往生際の啓発本が沢山出ているが、我々の最期は虐殺されるか、緩慢に虐殺されるかのどちらかでしかない。

謙遜なら仕返ししない

ロシアのアカウント達がVPNを利用してSNSに食い下がってる

https://worldlyfrequency1.tumblr.com/

人権裁判所が効かなくなるてことは洪水の腕はもうなしてこと
抗原検査とpcrは道の駅のゴミとサービスエリアのゴミくらい違う

小麦ともお別れ

スポンサーのついたミルクボーイみたいにつまんなくなる時の比率は0か1しかない中間はない

こうもり君が出てきたってことは虫も出てきたってことだ

あとひと月で全部終わらせないとほんとに間に合わないかも

パトリックみどりのワールドリィ

アゾフ
力も知識も備えもなくTL上に放り出されている春の白濁の先に澄んだドブの上澄みに似た透視画法
ヨットでフォアグラworldly

タイコク
わたしはタイコクに行った
タイコクは動かなかった
タイコクは病んだゾウのようであった
タイコクはヨットでフォアグラを3皿食べた
それでわたしはタイに行きフォーを食べようとしたが
それはベトナムでしょうとやんわり嗜められたのだ

小倉最高の旅
スイスイと着いて薄い豚骨を食べshallallaの大合唱、白頭山で大盛り上がり

小倉最低の旅
雨で渋滞、路肩に死体、戦争の親玉はウケず、誰もshallallaと唱和しない。豚骨は薄くなく白頭山は閉まっている。工藤と主張するも工藤会に絡まれフグの餌となる。

music is not your Load

いつまで現実がひとつしかないと思い込んでいるのか
思い込みの数だけ現実は併立しているのに
死ねば分かると思っているようだが死んだら分からないだろう

春から一年のカイチ君は走ってきてきょうりゅうの本を6冊借りた
ディノケイルスは中国で新しく発見されたのだ、と詳しい

世界がドブの上澄みのようにくっきりと透明なのは動乱状態だからではない。静止しているからだ。すべての動画は静止している。動いているように見えるのは、あれは眼球の錯覚だ。

youtu.be/ASGdvDr19VE/
ポールシュレイダーがdog eat dog、魂のゆくえの次に作った遺作?カードカウンターの音楽を担当したのはブラックレベルモーターサイクルクラブのロバートレヴォンビーン
人々の小さな終活の集積が今なのだ

the spirit of the world
the ruler of the authority of the air

小倉現実の旅
予定通り6時に着き、ニュー一平で薄い豚骨を食べていると笑点にミルクボーイが出ていた。ネタはオーヴァーオール。小文字通りの他者と白頭山に行った。MEGAHERTZには行かなかった。翌日由宇のミクロ生物館に寄る。

 

 

 

#poetry #rock musician

Hitchhiking in Antarctica

 

工藤冬里

 
 

El que aguante hasta el fin será salvado

Este reino hará añicos y pondrá fin a todos esos reinos

川を渡るとき、きみが水にのまれることはない

ウリ坊が走っていてかわいいが最近大三島で猪骨ラーメンを食べたので美味しそうだなとも思った

砂原と柾木頑張ってんじゃん

ラフな漆喰は下から塗った方がいい。瓦とおんなじ理屈だ。ただ俺は自分のために装飾をしたことがない。
生活を楽しむなんてことは永遠にありえない。俺はpopだ。でも水谷みたいなやり方はしない。
基地があるのにプラズマとか両立しないだろ。エゼキエルじゃあるまいし。

江上さんとこでやるんで徐々にアゲていってる
life is my oyster とか if I had a gun とか
https://open.spotify.com/album/7faOMCAPAHZrJ9tEX2I8zt

浪に群れ飛ぶカモメさえ
no desconocemos sus tácticas
今年は梅を見てない、と梅を見ながら思う

その区域はぶどうとキウイ園を中心に四角く区切られ、北側に大家の家屋、畑の中には風呂トイレなしの二棟、外に接する両端にはアパートが食い込んでいた。西側のアパートの一階には砂に字を書く若夫婦が住んでいた。神様の名前はらうむ様といいます、と彼らは言う。コソボ空爆の頃で、このような蛮行をらうむ様が許す筈はない、と憤るので、ヨハネ14:16を見せると「助け手」を黒マジックで囲み、やっぱり、と喜ぶ。なんとか聖水というので点てた茶を振舞われたが嚥下せず飲むふりをする。全巻に対する敬意が無いと判ったので、それからはreturn visitは行(オコナ)っていない。園の中の別の戸口で、出てきたヒッピーの隣人に、断られて立ち去る時に、「今日は、晴れてますね」と言ってみたことがあった。彼女に顔が戻って、空が湿った土に堕ちてきたのが分かった。捨てられた猫が仔を産むので大家は殺して埋めているという噂が立っていた。その所為か、区画全体が薄暗かった。隣人たちは、出入りの際、キウイの太り具合を触って確かめていたが、僕は盗ったことはない。一日中アルトの練習をしている山梨の男も住んでいた。ピアノのコードが間違っていると、サックスが壊れる、と真顔で言う。ソプラノだったら捻じ曲がらずに献身できたかもしれない。勿論別棟にはソプラノの男もいた。三センチくらい積もった埃が舞い上がらないように、息を潜めて生活していたので、完成されすぎており、欠落を意識するところまではいかなかった。何をしていいか分からない男もいたが、食養を極める方向に進んだ。乾純とはまったく会話がなかったが、最近になって急に個展の連絡とかくれるようになった。など。

3月11日
Debemos soportar las debilidades de los que no son Fuertes

温暖化から気候変動に変わった時点で反石油ビジネスであることが露呈したわけですからチェルノブイリ攻撃は「それはこういうことか」的な居直りだと思います。
乱暴に言えばベイトソンや音響派は〈共存〉の環境ビジネスを準備していたことになります

3月12日
サメの後始末
予告編
https://youtu.be/Q6IrorTvt_w

自分が罹災するまでは増えていると言ってもニュースだけだ
当時の都知事が天罰だと言ったその災いは
潜る時お辞儀する国民の
娘核に置き換わった結界を意味していた
おのれが悪いと断定された温室の中で
大ドブきゅうりの後始末のように無駄
零下でも裸足の下駄に生き残るための指示が与えられた
鳥や獣を作ったことまでも悔やんだ
このマチの過ち
生き延びるための指示がトランス脂肪酸だけとか条件を満たしてない
アナニアスはフェストとアルビノスの端境期にヤコブを殺す権限があった
兄貴

 

 

 

#poetry #rock musician