やらかさない

 

佐々木 眞

 
 

人はみな、何かを、やらかす
やらかし、やらかし
やらかし続ける

恋を、やらかす
結婚を、やらかす
子育てを、やらかす

人はみな、何かを、やらかす
生れてから、死ぬまで
やらかし、続ける

勉強を、やらかす
旅行を、やらかす
金儲けを、やらかす

人はみな、何かを、やらかす
やらかし、続ける
それしか、やることがないと、思い決めたように

シャブを、やらかす
バクチを、やらかす
ついには、戦争まで、やらかす

けれども
やらかすだけが
人生なのだろうか?

恋を、やらかさない
結婚を、やらかさない
子育てを、やらかさない

勉強を、やらかさない
旅行を、やらかさない
金儲けを、やらかさない

シャブを、やらかさない
バクチを、やらかさない
もちろん、戦争も、やらかさない

そんな人たちも、町の片隅に住んでいて
人知れず、静かに生きて
人知れず、静かに死んでいる

なにもやらかさない
そんな人生だって
立派な人生なのでは、ないだろうか?

 

 

 

閑雲

 

佐々木 眞

 
 

横須賀に行くと、詩ができるのは、なぜだろう?

私は歯が痛くなると、いつも横須賀大滝町のキシモト歯科に行く。
そして治療が終わった後は、いつも「閑雲」へ行って、お昼を食べることにしている。

「閑雲」の前は、三崎ビルの商店街の中にあった横須賀一美味い香港料理の「朝廷」で、上品な薄味のぬるいラーメンと餃子を食べていたのだが、コロナ禍で殆ど閉店休業状態になってしまった。

それで、ほかの食堂をあちこち試してみたのだが、どこも気に入らず、三崎街道を闇雲に歩いていたら、この不思議な名前の和食屋にぶつかったのよ。

いやあ、なんたって店の名前が面白いよね。
もしもおらっちが、新しい飲食店を始めることになって、その名前を考えても、まず出てこないネーミングだよね、これは。

待てよ、もしかすると、横浜美術館の館長、蔵谷美香さんなら、思いついたかも知れないが、その場合はおそらく「暗闇」か「闇雲」になっただろう。

ともかく、無闇に素晴らしい店名だ。

地下へと続く階段を降りて扉を開くと、いつも3人のおばさんが、
「いらっしゃいませえ!」を、元気にハモらせながら迎えてくれるので、うれぴい。
「今日もなんとかぐあんばろう!」という気持ちに、なれまっせ。

それにしても、横須賀に行くと、詩が闇雲にできるのは、なぜだろう?

 

 

 

花より団子

 

佐々木 眞

 
 

花より団子
団子よりタンゴ
タンゴより丹後

丹後より丹波
丹波より哲郎 
哲郎より鉄道 

鉄道より自転車
自転車より散歩
散歩より散髪

散髪よりパーマ
パーマよりパーマン
パーマンよりアンパンマン

アンパンマンよりセールスマン
セールスマンよりウルトラマン
ウルトラマンより人世マン

人世マンよりマントヒヒ
マントヒヒよりネアンデルタール
ネアンデルタールよりホモ・サピエンス

ホモ・サピエンスよりホモ・セクシャル
ホモ・セクシャルより野茂英雄
野茂英雄より野口英雄

野口英雄よりリービ英雄
リービ英雄よりリーバイス
リーバイスよりストラウス

ストラウスよりシュトラウス
シュトラウスよりベートーヴェン
ベートーヴェンよりモーツァルト

モーツァルトよりモンドリアン
モンドリアンよりエイリアン
エイリアンよりシガニー・ウィバー

シガニー・ウィバーよりマリリン・モンロー
マリリン・モンローよりオードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーンより若尾文子

 

 

 

「夢は第二の人生である」或いは「夢は五臓六腑の疲れである」第99回

 

佐々木 眞

 
 

 
 

2022年6月

生まれて初めて仲間とゲーセンに行ったら、意外にも超満員で、見知らぬ連中のチームに混ぜられてしまった。茶髪の少女がめちゃくちゃに上手いので、大人はしらけて画面を眺めているばかり。6/1

田舎の寄席に登場した下手糞な芸人だったが、たまたまどこかのテレビ局が全国に紹介したら、あっという間に有名人になって、暫くの間は超人気者になってちやほやされた。6/2

寺の上で戻れなくなって、眠りながらコマを数えていたら、ヌンとスウが刺されたので、嗚呼おらっちは、やっぱアケミ、ミワヒデだったんだ、と思ったずら。6/3

我々の小舟は、かつて兵士たちが流した血の海の上を、白い帆を左右に揺らせながら疾走していた。6/3

人事課長は、何度も面接を繰り返したのだが、誰が有能であるか分からなくなったので、ともかく体矩が頑丈で、上司の命令に無批判に従う、体育会系の男子学生ばかりを採用し続けたのよ。6/4

ここは東京のど真ん中ながら、戦災に遭わなかった地域なので、森が鬱蒼と茂り、江戸時代の武家屋敷や寺社仏閣、はっさんくまさんが住んだ長屋や井戸がそのまま残されている、まるで夢のような一郭なのだった。6/4
 
その男は、婦人服用の薄地のウールを超安価で大量に買い付け、これで仕立てた紳士服を「世界一軽いスーツ」と名付けて、大大的に売りだしたら、爆発的なヒットになったという。6/5

おらっちは、満員電車の中で、吊革を下げる横棒に、6つのペーパーバッグを吊るしていたんだが、いざ駅で降りようとしたら、そのうちの5つは、影も形もなかったずら。6/6

家で窓を開け放してくつろいでいたら、見知らぬ6人の成人男女が、その窓からではなく、分厚い壁をスッと通り抜けて居間に入り込んできたので、いたく驚いた。こいつらは一体何者なのだ?6/7

ふと思い立って、新幹線で静岡に行き、文化会館へ行くと、ハロルド・ピンター展をやっていたので、ぶらぶら見物していると、イケダノブオの奥さんとスタッフの姿が見えた。6/8

その夕べ、カンダ、ハセガワ、ウエガキ、サガワ、ウエノ、ミヤネという、ヤクザよりもヤクザちっくなやさぐれ業者が、ひとつ船中のヒトとなって、♪アラエッサッサアと道頓堀川に乗り入れたので、宗右衛門町は大騒ぎになったずら。6/9

おれたち朝鮮人は、日本人の家主の大きな2階建てに借家していたんだけど、夜になると銅鑼が鳴らされ、それを合図に全員が大広間に集まって、映画鑑賞とその後の大宴会を楽しんでいたのさ。6/10

わいらあ防空壕の中で、オラッチが死んだら、世界でたった一人のアナルコ・サンジカリストが居なくなってしまう、と心に念じつつ、敵軍の猛烈な空襲に堪えていたんや。6/11

防空壕の中で、「生き生きてなお生き生きて死ぬ死ぬ死ぬ」てふ俳句が出来たので、初句、2句と口の中で唱えて、3句にかかったところで、ミサイルの直撃を受けたおらっちは、即死してもうた。6/12

久し振りに田舎に旅行したのだが、林の中で寛いでいたら、まず東の方から大集団がやって来て、しばらくすると、今度は西から別の大集団がやってきたので、おちおち休憩するわけにもいかず、怱々に立ち去ったのよ。6/13

近く会社の大機構改革があり、そこで犬派社員か、猫派社員か、の振り分けが行われると知ったので、鵺派のおらっちは、急いで退社したのよ。6/14

鈴木財閥の御曹司は、大泥棒のおらっちが、とってつけたような襤褸スーツを一着に及んで、廊下で寝そべっている姿を見て、「お前はきっとわが社で一番の阿呆に違いない」と喝破したので、さすがはバカ社長でも人を見る目があるなあ、と驚いた。6/15

満員鮨詰めの線路際を歩いていると、石ゐサキとかいう、作家より優秀なゴーストライターが死んだ、という話を、周りの人間が話しているのを、耳にしながら町に入る。120段に及ぶ石段があった。今は11時。だ。6/16

隣にヨモギ蕎麦の店があったので、喰って行こうかと思ったが、12時に面接予定のビルが、どこにあるかも分からないのに、食事なんかしていてはヤバイと思ったので、大通りを直進していくと、町があった。ああここは、いつも夢に出て来る町だ、とすぐに分かった。6/17

久し振りに愛犬ムクと会ったので、両手で頭や首を撫でながら「お前は善い子だねえ」というと、その意味は分からずとも、その心が伝わったので、嬉しそうに、ウットリ目を閉じている。この心から心への通じい合いが、あの死刑囚には出来なかったのだ。6/18

ボビーのおじさんが、私の為に、意味の分からない不思議な文字を、毎日1字づつ届けてくれる。6/19

1時間後にそのホールのオープニング・イベントで歌うことになっている私は、さっきから喉を潤しているのだが、隣の席に座ったおかっぱが気になる。こやつはサンケイという赤新聞に、欧米人は2点和音だが、邦人は3点和音がよく響くと、訳のわからぬエッセイを発表した紅毛人なのだ。6/20

新車のデザイン開発で、新人の私がいきなりお手柄を立てたので、7人のベテラン揃いのチーム内では、私がもしかしてチーフに任命されるのではないか、と恐れているようだが、戦々恐々としているのは、こっちのほうだった。6/21

狙撃兵は、本編が終わっても、頭注の第1列を狙撃、粉砕していた。6/22

突然、見たことのない青年が、03部室に入って来て、「14時までに中山に来るように」と、言うた。6/23

「人新世について10首作ってくれよ」といわれたのだが、それが新生代についてなのか、人世代だか、新人世、だか新人代のことだか、さっぱり分からなくなったおらっちは、ジンジンジンと唄うばかりだった。6/24

空襲から逃れるために、おらっちは洞穴に身を潜めたのだが、そこは集計用紙の空欄だったので、しばらく進むと、行き止まりになってしまったのよ。6/25

中也みたいに詩集の校正刷を持ってアオヤマのところへ遊びに行ったら、「ちょっと貸してみな」と言うので貸してやったら、「ちょいとここらへんが弱いがな。鍛えなきゃ」とほざいて、すりこぎでゴシゴシ擦り始めたので、すりこぎを取り上げてどたまをぶッ叩いてやったのよ。6/26

立ち読みしていた週刊誌のグラビアの文字が、赤字に赤なので、てんで読めない。側にいた店の親父に「これは酷いね。社長に言うてやらねば」というたら、「お客さん、立ち読みは止めてください」と、ハタキをかけられたずら。6/27

父は、私を社長の後継ぎにするために、恩義ある大幹部の首を切り、忠犬子分だけを周りに配置したのだが、まともな人材が、一人もいなくなったために、会社は、すぐに潰れてしまった。6/28

来季の商品企画構想会で、ナベショウの提案が次々に東西営業部員から総スカンを喰らって却下されていくのを、おらっちは「ザマミヤガレ!」と思いながら、高見の見物を決め込んでいた。6/29

ウクライナの激戦地に突如として現れたトロイの木馬。ウクライナの兵士たちは、あれは古代ギリシアの神話の噺だと馬鹿にして、そのまま放置していたが、案の定木馬の中には最新式の武器を装備したロシア兵が潜んでいて、呑気なウクライナ兵は、みな虐殺されたのだった。6/30

 

2022年7月

私と世間がどんどんかけ離れていくので、どういう訳でそうなってしまうのかをつらつら考えながら、両手を広げて調べてみたら、そもそも私の手相には、とてもとても大事な世間線が、はなから欠落していたのだった。7/1

長い昼寝から目覚めてぼんやりと薄目を開けてみると、そこに誰かが棒立ちに立っていて、「神社、テンプルでしょ?」と訊ねるので、そこが我が家だということが分かった。7/2

早めに飯を喰うておこうと思って、御膳の上の一膳の上から軽く布巾を掛けたのだが、他の連中もおんなじようにしたので、どれがどれだか分からんようになっちまったずら。7/3

我々は、その海岸でしばらく野宿することになりましたが、砂浜にしゃがんで、ウンコしていると、むかし昔子供の頃、一家そろってここで海水浴を楽しんだ日のことが思い出され、懐かしくて堪りませんでした。7/3

ホストのおらっちの月極めの仕事は、男漁りをする人妻を午前に1人、午後に2人お相手することだったが、それだけでは到底食べていけないので、夜中から朝までに1人3万円の仕事を何口か取って、ようやく糊口を凌いでいた。7/4

木下サーカスのテントが、一夜にして皇族の野宿テントに変身していくのを、おらっちは呆然と眺めていたのよ。7/5

「ちょっと聞いてみなさいよ」と言われて、彼女がそのフォルテピアノを叩くと、けっこう大きな音がけたたましく出て来たので、驚いたずら。7/6

その大金持ちは、自分の正妻の絵を掛ける代わりに、妾の肖像画を飾っていたので、周りの人々は、なにか良からぬことが起こるのではないか、と、ひやひやしていた。7/7

大河と思ったのだが、実際は白い紙が流れているだけだ、と気づいたので、思い切って身を乗り入れたら、これがけっこう流れが速いので、えらく戸惑っているところ。7/8

1945年の夏、もうどうあがいても日本が勝利することはないと分かったので、おらっちは、裏の物置から竹槍を取り出して一度しごいてから、無人の大通りへ飛び出していった。7/9

新幹線に飛び乗ったが、もうすぐ降りなければらなないのだが、切符なしで飛び乗ったので、「切符を見せろ」と言われたら困ってしまうので、いっそこのまま乗っていようかと思う。7/10

美大のギューちゃんといえば、まるで巨大な象のような異様な体躯の持ち主だったが、見かけとは裏腹に、とても善良なお人好しだった。7/11

名古屋支店の人事課に勤務するおらっちが作った社長、取締役人事を含めた新年度人事計画は、大阪支店、東京本社のそれとはまるで内容が異なっていたので、3つの案は、ちょうど関ヶ原の上空あたりで、行きあって浮遊していた。7/12

久し振りに教壇に立ったおらっちは、「さてそれでは、ここで永田氏が詠んだ代表歌を2首紹介しませう」と言うたものの、その歌の初句すら頭に浮かんでこないので、満場の失笑を買いながら退場する羽目に陥ってしまったずら。7/13

新旧2つの百年戦争が同時進行しているので、どっちにどのように加担していいのか、さっぱり分からずにいる。7/14

2階から茫漠と広がる工業地帯を眺めていたら、稠密に展開される工場、人家、路地、道路、電信柱、送電線、町内掲示板などの物件が、この地を支配する5つの豪族の銘柄別にたちまち区分けされていくので驚いた。7/15

アジア太平洋艦隊の米国海軍の駆逐艦に乗って、半年間訓練を受けていた間に、ラストコンドにホルトを入れられて失神したことがあったので、それ以来、船には乗らないようにしている。7/16

予を殺害せんとしている男からの殺人予告書が届いたが、余は「なんだトレンドに乗りやがって」と思っただけで、それ以降は、ことさら注意を払わなかった。7/17

ひよっこの♂♀判定器を、ヒトに宛がうと、以前なら直ちにいずれかの判定が行われたのだが、最近では、判断するのをひよって、いつまでたっても♂♀言わない判定器も出て来たずら。7/18

餌をやると、嘘から出た誠のように、死んだ金魚が浮かび出てくるので、おらっちは、この金魚は生と死を体現しているのではないか、と思うようになったずら。7/19

社長をやっている旧友が、「ぼくちゃん「チャイコフスキイ」とか「交響曲」とか「6番」とかいう商標を登録したんや。これで大儲けするんや」とほざいているので、呆れたホイ。7/20

その貴族は、領民の不逞の輩をピストルで銃殺したあと、「記念写真を撮りたいのだが、カメラはないか?」と訊ねたので、おらっちは「んなもん、ここにはないずら」と答えた。7/21

その純綿プロジェクトを、どのメーカーが担当するのかは、まだ決まっていない。71/22

おらっちは、とうとうインポテンツになっちまったよおなんじゃが、最終的に確かめるのが怖いので、あえてそのままにしておるのよ。7/23

「コロナ第7波」が猛威を振っているにもかかわらず、蝶よ花よと遊び歩いている連中が多いので、「魔法のはたき」をひと振りして、あらゆるワクチンが目で見えるようにしてやったら、その日以来、誰一人外出しようとしなくなったずら。7/24

10回目となるとさすがに詩集の校正ももう修正する個所もなくなったので、おらっちはおまけに書いた映画シナリオの校正をしてみようかと思ったのだが、これは本来は黒澤監督の仕事なので、下手に怒らせるとまずいと思って、触れずにおいた。7/25

43丁目のソニー・コロンビア映画の近所に、おらっちが、昔大変お世話になったバークシャ・アウトレット・レコード社の建物が見えたので、えらく懐かしかったずら。7/26

大阪市警が急遽でっちあげた暗殺犯人だったが、何者かが、あっという間に、そいつを暗殺してしまったので、事件は迷宮入りになってしまった。7/27

夜中に口笛が聞こえたのだが、誰が吹いた口笛だか分からない。もしかするとおらっちが自分で吹いた口笛かも知れないので、自分で吹いてみようとしたのだが、これって自分の夢の中の話だから、実際にその口笛がさっきの口笛と一緒かどうかを正確には判断できないだろう、と思って止めたのよ。7/28

前回の選挙では10万票を得て2名の当選者を出したわが党だったが、今回は8万票に減って、なおかつ2名の候補者を立てたので、ふたりとも落選してしまったずら。7/29

中国のナントカ大学に入学したんやけど、その名前が難しすぎて読めへんし、書けへんし、発音すらできへんのんで、困り果てとるずら。7/30

おらっちは「美術手帖アーチスト・ランキング」のベスト10に入ったらしいが、にもかかわらず、労作はこれまだただの1点も売れたことが無く、個展の口がかかったこともなかったので、なにかの間違いだろうと思ったずら。7/31

 

2022年8月

私はいつのまにか有名アーチストになってしまったので、マイクを突き付けられて逆上してこんな風に喋ったみたい。「死らなハこう。八郎は尤もため戦争をまなつに也な力ささて死にかいな」 8/1

さて君は、ここで選ばねばならぬ。3万円払ってビダル・サスーンのヘアカットへ行くか、それとも2700円のコバヤシ散髪屋へ行くか。を。8/2

私は旅に出る度に、何かを失くす。今度の旅は日帰り旅行だったのに、なにかとても大事な物を、どこかへ忘れてしまったのだが、それが何であったかすら、忘れている始末だ。8/3

モザールのおらっちは、「フィガロの結婚」を上演中に、ヨーゼフ2世が居眠りを始めたので、しばらくタクトを止めて、聴衆と共に待機し、彼が目覚めてから、おもむろに演奏を再開したのよ。8/4

モザールのおらっちは今日も「フィガロの結婚」を上演していたが、またしてもヨーゼフ2世が居眠りを始めたので、いきなりハイドンの驚愕を演奏したら、びっくらっこいて目を覚ましたずら。8/5

マージャンなんかやったこともないのに、配牌をひらいてみたら、「テンホーで役満!」と言われたずら。8/6

「もしこの美味なる物に喰い残しあらばおらっち自身を喰い尽くすべし」てふ1首を巡って、全歌壇関係者による喧々囂々の大議論が始まったずら。8/6

ひょっとしたら、と思いついて、神田鎌倉河岸にある5階建てのビルを尋ねたら、相変わらずハセガワ氏は「ヌルヌルの蛇があ!」と叫び、ヒロセさんは「それじゃあ良いお年を」と挨拶し、ハシモト&イマナカ両氏は「ナチュラルグロオー」とハモッテいた。8/7

うちらのよおなシュガイシャ向けのウエアは、探せばいろいろあるようだが、おらっちは何をするのも億劫なので、ただただ芋虫のように寝転がっていたのよ。8/7

おらっちは、なぜか世界的に有名なアーチストに成り上がっていたので、仕事などは全然しないで、毎日遊んで暮らすことができました。8/8

商品企画室のマーチャンダイザーでありながら、結局マテリアルにしかかかわらないので、ドタマに来たおらっちは、イデっちのネクタイを、ググウつと締めあげてやったんだ。8/9

何百年もに亘って継続蓄積されてきた欧州映画の歴史的作品のフィルムが、この度の戦役で灰燼に帰すことが分かったので、おらっちは、さる貴族の別荘に長期にわたって逗留し、来る日も来る日もモノクロフイルムの銘品を鑑賞し続けた。8/10

私は久し振りに無限電池を取り出して、いろんな電子機器に取り付けた。これで私が死んでも、彼らは、永遠の生命を獲得した生物のように、作動することだろう。8/11

ともかくみる夢みる夢2日後に死ぬとか、3日後に死ぬとかの、予告限定付きの夢なので、おらっちは、「これっておそらく死目前の妹の影響なのだろう」と思いながら、夢を見続けていた。8/12

映画「心の旅」でハリソン・フォードがスーツを焼き捨てたと思い込んで、その旨映画感想文を書いたら、編集者が「そんなシーンはありませんでした」というてきたので、撤回したが、たしかにそんな光景を見たはずだ。もしかすると別の俳優が出る別の映画だったか?8/13

このせつは、各局のコメンテーターがコメントする代わりに、思い思いの祝詞をあげるので、問題になっている。例えばこれは、スシローとかいう男のばやいだが、「スーシー、スーシー、アベスガキシダ、スシスシ、クイネー」としか言わないんである。8/14

テロリストのリンゴ・スターが粛清される、というので、マスコミは色めき立ったが、それは完全なフェイクニュースで、小物のコソ泥2、3人が粛清されたのみ。8/15

与謝蕪村であるおらっちは、若い頃、百日間ヌミュアヒクソンちに居続けたことを、懐かしく思い出しながら、夏の朝の光の下で、息絶えていた。8/16

先住民たちが病気になったり、死が近づくと、Odds Peopleという地区で暮らすことになっていたが、8月9日からコロナに罹り、陽性になっていたおらっちも、そこで暮していたのよ。8/17

ネコ嫌いのおらっちが貸してやったスペースに、大量のネコどもが、勝手に勢ぞろいして、気勢を上げている。みんなクロネコだ。8/18

オネチャンは、「俺に殺されるか、それとも俺の手下になっていうことを聞くか、どっちを選ぶ?」と、ナイフを突きつけながら迫ったので、おらっちは、すぐさま後者を選んだのよ。8/19

超右翼のファシストチャンネルが、パソコンの起点に繰り返し出て来るので、そいつを、なんとか消去しようとするのだが、消しても消しても、また現れるのだ。8/20

モザールだけでは、ちと物足らないので、たまにはハイドンを振ってみるのだが、やはりなんとなくものたらないのは、なんでだろう?8/21

おらっちは、今まではすべての商品特徴について、テッテ的にあまさずPRしようとしていたのだが、このたびコロナ患者になってからは、万事についてたいがいにするようになった。変わった。すっかり変わった。8/22

一瞬の吸い取り團に、雇われ心中するところまでいったのは、おらっちが自分がコロナ患者であることを忘れていたからだった。ゴホゴホとせき込むおらっちの哀れな姿をみた父母は、天上から舞い降りてきて、心配そうにおらっちの顔を覗きこむのだった。8/23

ちょうどその頃、私のSNSは誰かに乗っ取られてしまったので、私は途方に暮れてしまい、どうしたらよいのか分からなかった。8/24

高名なる大作家が、新人のひどい作品を手放しで激賞しているので、おらっちはいたく失望してしまった。8/25

インドネシアからウミウシに跨ってやってきたヨモタ長者を讃えて、年が年中苦労しながら地底でハコ作りをしているハコ野郎たちは、声を揃えてウミウシ音頭を大合唱したのだった。8/26

短い休憩時間を利用して、死刑囚たちはたった一人の女性の囚人のところへ押し寄せてくるのだった。8/27

いい夢と悪い夢とをそれぞれに溜めておく2つの壺があることにはじめて気がついたのは、今日が73歳でみまかった妹の葬儀の日であるからかもしれない。8/22

地上からは1本の水道管しか見えないが、あの下には大量の天然ガスに包まれた希少金属の塊が眠っていることを、私だけが知っていた。8/23

そもそもその時点では協会は連日大売り出しを開催していたのだから、それを知らないで勝手に集客を図っていた彼奴等が莫迦なのだ。8/24

ゴミ出しの比重が、いつのまにやらAからBに逆転していることに、市民は気づいていたが、市長と当局は、いつまでたっても知らんかった。8/24

戦争していると、勝っている間も、負けている間も、どんどん死傷者が増えていくのだがどうしようもない。「戦争に勝つためにはデジタルラボの操作に慣れておかないと駄目だな」と、誰かに言われるまでもなく自分で思うのだが、ではどうしたらいいのか、てんで分からないずら。8/25

どこで飯を喰うても旨くないので、目の前にあった、なんたら食堂の520円のなんたらランチを食べたら、意外にも旨かったのだが、これって、コロナ感染の副産物で、味覚変動が起こったせいなのだろうか?8/26

英雄たちが、ギリシアの神殿に出入りしている間、その犬は外出を禁じられ、みずからが見聞したことだけを記録するように、ゼウスから命じられていたが、この記録犬の記録が、ギリシア神話の伝承の基本となったのだ。8/27

高校野球で仙台育英が優勝し、これからはやっぱ東北だというので、アキヤマミチオとかオノヨーコとかと一緒にオープンカーに乗って、キャンペーンしているようだ。8/28

「もう一枚お願いします」と言われたので、振り向いて撮られたが、コロナで息をするのも苦しくて、自画像の製作協力どころの騒ぎではなかった。8/29

死んだおらっちの全身を青いシートで覆うようだったが、4枚では足らないので、「おいおい5枚目が要り用だぜ」と呟いてみた。8/30

独逸兵の飢餓戦争の陣営に残っている野菜や果物を捜したが、なにひとつ残ってはいなかった。8/29

ミッキーマウスとピンクドラゴンの商標を持っていたのに、イデっちが、自分の娘の色香を使い倒して、おらっちを籠絡したもんだから、結局全部を失う羽目になったのよ。8/30

脱いだ半袖のシャツなんかを、畳の上に無造作に重ねていたら、どれがどれだか、時系列も汗経歴も分からなくなってしまったずら。8/31

 

2022年9月

ヨシダさんは、下から順番に各製品の製造の仕方とその要点を誰にもわかるように、ゆっくり説明していったので、我われ新人は、心から納得しながら、膨大なメモをこさえることができたのよ。9/1

僕のいろんな内臓の部位は、順番に切り取られ、熱さましをしてから次々に食べられていった。9/2

リュドミラ夫人は、植民地の経営には無関心で、現地の子供たちと遊んでいるのが大好きでした。ブラジルでも、コンゴでも、中南米でも。9/3

戦闘で斃れたばかりの若い兵士の目玉をつつく飢えたカラス共を、わしらは「シツ、シッ!」と言いながら追い払ったが、彼奴等は、すぐに舞い戻るのだった。9/3

モリ・シンイチ選手が宇宙旅行に出かけたのだが、搭乗に一番大事な「電子合言葉」を失念したらしく、公衆電話でと問い合わせて来たので、「MORI SHINNITIだよ」と教えてやった。9/4

「それはオカシイ」と最初に言い出した人が、いつのかにか沈黙するようになり、その代わりに。その他大勢の有象無象が、大声で追従しているのだった。9/5

せんだっての台風で、最大の被害を蒙った出入り口を修復しなければならなくなったので、おらっちはそこを「高倉門」と名付け、亡くなった社員のを刻んだ。9/6

「77年間お待たせしました!」とおらっちが叫んだが、誰一人として振り向く人はいなかった。9/7

記念式典がまもなく始まるのだが、おらっちは、新旧2つのカルテットのために、演奏曲の調整と痛み分けをしないわけにはいかなかった。9/8

ウクライナ軍は南部で決戦に出たが、ロシア軍の反撃に遭って、欧米から提供された最新兵器を使い果たし、たくさんの死傷者を出したので、当分の間は戦闘中止の已む無きに到ったようだ。9/9

その旅館では、家族旅行にやって来た夫婦を別々に寝かせて、別の夫婦と一緒に寝かせ、朝になると、また元の夫婦を一緒に寝かせる、というサービスを自慢にしていた。9/10

おらっちは、去年ロシアがパリコレに出した「007型のサーカス・ジャンプスーツ」を巴里の超分解センターでテッテ的に調査したところ、無数の戦争ポイントが内蔵されていることが分かった、のであった。9/11

そこには、8本のスピーカーが並んでいたが、そのうちのどれが鳴っているのかに、すべての注意を奪われていたので、コンサートの感想など、なにも無かった。9/12

ユニークなその課長は、「今日はお前たちを鍛え上げるぞ!」と宣言して、課員の全員を引き連れて、飛鳥山公園に花見に出かけ、呑めや歌えやの大宴会を繰り広げたのであったあ。9/13

カーツ大佐は、食堂で受け取った機密メモを時折眺めながら、お昼のカツランチに、舌鼓を打っていた。9/14

戦争か反戦かを決める野球大会が開催された。反戦チームは、9回2死満塁の絶好のチャンスに登場したリリーフエースが、4番を空振りの三振に仕留め、その裏にサヨナラ負けを喫したので、翌日第3次大戦がはじまった。9/15

水中に浮かんでいる詩は、素早く救い上げないと、あっという間に波間に沈んでしまう。9/16

仏におうては仏を殺し、人におうては人を殺してきたその男は、もはやその生き方を変えようとしても、変えられなかった。9/17

運動のために断崖絶壁のように聳え立つ、ゼンダ城の外壁にぶら下がっていたら、キタジマ君が、縁を掴んだおらっちの両手を振りほどこうとするので、「冗談はよせやい」というたが、聞こえぬ振りをしてなおも続けるので、怖くなってきた。9/18

海の向こうからやって来る新種を含んだ魚類の数々は、細大漏らさず、魚類大臣であるおらっちに報告することが、義務づけられていた。9/19

キャンパスのはずれの田舎に「古文研」という名札をつけた古い小屋が建っていて、中には一人の青年がその名の通り古い書物に囲まれて座って居たので、ああ自分も本当はこんな仕事がしてみたかった、と激しい嫉妬と羨望に駆られたのよ。9/20

川沿いの両岸の2つの街だけをしらった所いづれも別べんひせかいになってウンチへうたいったんで、きっと内陸部もやられているだろう。9/21

私なんか、なーんにもしてないのに、モノスゴイ勢いで、町全体が流され、生きている人も死人も、もろともに流されていくのだ。9/21

ここ安アパートの3階でも戦争がおっぱじまり、血を血で洗う熾烈な戦いから帰還した連中を、4階の天井桟敷の人々は、扇子を開いて「あっぱれ!あっぱれ!」と褒めたたえた。9/22

「ブンガクオーという馬は、絶対にいけるよ」と、その道では権威者のウミウシ氏がのたもうたので、有り金全部をた単賞レースに投じたら、3000万円ほどの儲けがあったので、おらっちはそれで「文学王」という名の古本屋兼出版社を設立することができたのよ。9/22

いきなり敵兵に頭からザックリやられたおらっちを、当の敵兵も、味方の兵士たちも、思わず息を呑んで見つめているので、おらっちは、もしかするとここで息絶えてしまうのではないか、と次第に薄れていく意識の奥で思った。9/23

車が突如停まってしまったので、よく調べてみると、誰かがガソリンタンクに石や砂を入れたらしい。この村は危険だ。9/24

LAのベニスの海岸で寛いでいたら、どこかで見たような顔をした、年齢不詳の女性が隣に座っているので、「こんにちは」から始まって、いろいろ話をしたのだが、いくら喋っても接点がないので、たぶん赤の他人なのだろうが、えらく気になる人物だ。9/25

おらっちとコウ君は、2人揃って道頓堀のグリコのようにゴールインする計画だったのだが、途中で思い直して、それぞれが全力疾走することにした。結果は親子同時のワンワンフィニッシュ。応援に来てくれたシロウヤスさんも、大喜びだった。9/26

「兵士なんか、復員してから3年経ったらデクノボウに戻ってしまうぜ」と、その軍人が力説するので、なるほどそれならプーチンが何百万人を総動員しても烏合の衆なんだ、と一安心していた。9/27

「この人の、昔と今の作品を、年代順に並べて比較検討してみましょう。そうすれば、この人が進化するより、むしろ退化し続けてきたことが明らかになるでしょう」と、誰かがおらっちのことを陰口していた。9/28

英国を代表するシェークスピア学者が来日したので、早速インタビューをしたんだが、この男は「シェークスピアのどんな作品も、詰まらない」と断言するので、驚いてしまった。「詰まらない作品ならなんで研究するんだ」と聞いたら、「他の作家の作品もみな詰まらないのだが、食うためにシェ氏を選んだんだ」と答えた。9/28

仰向けのままで、瞑った目をパッと開くと、小さなダイアモンドが、顔の上にポロッと転がり出る。また瞑った目をパッと開くと、小さなダイアモンドが、顔の上にポロッと転がり出る。瞑った目をパッと開くと、小さなダイアモンドが、顔の上にポロッと転がり出る……。9/29

冒頭で、世界のミフネとドロンが、クラウディア・カルデイィナーレに襲いかかって、いきなりの片肌をひんむいたので、これはどういう映画なのか、と、おらっちは急いで記憶をたどったのだがあ。9/30

 

 

 

Les Petits Riens ~40年もひと昔

 

佐々木 眞

 
 

1981年6月30日 火曜 
記事欠落。

1982年6月30日 水曜 
巴里Rue de Carneの Hotel Stellaに宿す。

1983年6月30日 火曜 
AddendaのCM。CⅩのアナウンサーのフィッティング。

1984年6月30日 土曜 曇り時々晴れ
AddendaのCM。ベルギー大使館のシャンタル・コルネイユ美人にて好まし。モデルが地球儀を投げるアイデアは余の演出案なり。
久野去り、永原入社。

1985年6月30日 日曜 晴れ
巴里にて朝から夕方まで愛機ベータムービーにてセーヌ、エッフェル、凱旋門、ノートルダム寺院、メトロの中などをライブ撮影。
夜Hotel Concorde St.Lazareのバーにて偶然J=L・ゴダールに会う。昨日はスイスのロールの自宅兼スタジオで一緒だった。

1986年6月30日 月曜 曇り
午後電通にてソフィージョルジュTVCM試写。原君の演出なり。

1987年6月30日 火曜 
アルフィオにて池田ノブオvs今井広報室長MTG。

1988年6月30日 木曜 曇り
今年の梅雨はうっとおしいが空梅雨ではない。雨も降る。
橋本次長、宣伝部長としてダーバンに転籍。

1989年6月30日 金曜 晴れ
ナベプロS課長来社。チョー・ユン・ファの「男たちの挽歌Ⅱ」をみる。日本のやくざ映画からの引用があって笑わせる。

1990年6月30日 土曜 曇り
会社休みて「福翁自伝」を読む。
プロパン屋のおじさんが、プロパンの運搬で傷ついた玄関の石段を丁寧に直してくれた。
次男のテスト結果悪し。前途を憂う。

1991年6月30日 日曜 くもり
妹が黙想会を終えてわが家にやって来た。新宗教家となりて大悟せしか。
ユーゴ・クロアチア共和国と連邦軍の戦い、再燃の気配あり。

1992年6月30日 火曜 雨
課長会。気合いを入れて報告してやった。マリークレール、GQ、オッジの編集の人たちと会う。

1993年6月30日 水曜 雨
ボーナスでる。去年より多いのか少ないのか分からず。
田中さんが庭に植えてくれた桃が2個なりました。

1994年6月30日 木曜 くもり
午前中かなり大きな地震あり。
午後3時より会社の前の大蔵省住宅で不発弾処理あり。村山内閣組閣終わる。副総理兼外相に河野、大蔵武村など。主要部は自民が抑える。
スタイリストの鈴木さんから、パーカー万年筆を頂く。余に「啓発された」と仰るが身に覚えなし。

1995年6月30日 金曜 くもり 蒸し暑い
真夏のような暑さの中を表参道、原宿、渋谷とマーケットリサーチ。
HMVにてマクベス,死の都、薔薇の騎士のLD買う。1万4千円也。

1996年6月30日 日曜 くもり
昨夜次男がパリに行きたいというので、地図を出して説明してやった。
長男と一緒にいると、私を嫌って叩くので困る。

1997年6月30日 月曜 晴れ
香港、本日をもって英国より中国に返還さる。じつに155年ぶりのことなり。
チャールズ英皇太子、マウントバッッテン総督、中国李鵬首相参加の祝典開かれたるが、香港は生憎の雨なりき。

1998年6月30日 火曜 晴れ 暑し
失業率1%。午後伊藤忠ファッションシステム、米国マテル社との三者会談。
交渉不調ならタカラのジェニー人形と組むという案もある。

1999年6月30日 水曜 雨
昼、豪雨あり。余は長年務めた会社を辞するのほか道なきか。

2000年6月30日 金曜 晴れ
午後同文社の前田、斎藤両氏と池袋に無印良品を訪ね、婦人画報メンクラ企画を売り込む。
午後五反田ダーバンにてメンズ打ち合わせ。同窓の直木賞作家、高橋義夫氏起用案でOKとなる。

2001年6月30日 土曜 小雨
終日文化服装学院講義の準備をする。

2002年6月30日 日曜 くもり
W杯決勝戦カーンの健闘空しくドイツ0-2でブラジルに敗れる。
北朝鮮が韓国船を銃撃し、4名死す。
太刀洗にてニイニイ蝉鳴く。

2003年6月30日 月曜 はれ
昨夜突然次男帰宅し、寿司を喰らいて夜また戻る。3月以来の椿事なり。丸坊主となりてなかなか男前なり。余を前にしていろいろ批判する。頼もしきかな。

2004年6月30日 水曜 雨
台風襲来の余波で、新幹線止まる。
義母縁側から転落すれど、さいわい無事なりき。

2005年年6月30日 木曜 雨のち曇り
工芸大の三浦さんは綺麗だ。次男に30万振りこんだので、次男よろこぶ。ビデオを買ったそうだ。

2006年6月30日 金曜 曇り暑し*
とうとうたまりかねて文芸社に催促のメール入れる。
文化の試験の採点をする。
小泉がブッシュを訪ねて、プレスリー大好き等々、莫迦なことを喋っている。

2007年6月30日 土曜 晴れのち雨
カーペットを干した。
耕と熊野神社に行ったが、例の怪しいメガネ男はいなかった。
先日宮沢元首相が死んだ。

2008年6月30日 月曜 小雨のち曇り
文化服装学院授業。建築課題で都庁タワーに登る。文化女子大講義はネット広告。

2009年6月30日 火曜 曇り
東京工芸大学へ行く。就職相談相手の学生は1名のみ。就職課のS課長は本日より厚木へ転勤となり、厚木から新任女性課長がやってくるそうだ。

2010年6月30日 水曜 雨のち曇りのち晴れ
猛烈な暑さなり。
昨夜W杯日本PK戦でパラグアイに敗れる。岡ちゃんも選手もよくやった。

2011年6月30日 木曜 晴れのち一時にわか雨
耕を迎えにいったが、雨が上がる。十二所で義姉たちとランチ。従弟の子の障がいありやなしやを案ず。

2012年6月30日 土曜
この日の記録欠落して無し。

2013年6月30日 日曜 晴れたり曇ったり
日経歌壇投稿全滅。
市内の商工会議所で行われた高橋源一郎氏の講演を聞く。はなはだ面白し。彼はまた鎌倉に戻り、比企ガ谷辺に住んでいるようだ。

2014年6月30日 月曜 曇り
妻、湘南鎌倉病院にてパニック障害の判定。すべて余のなせる業と深く反省するも、時既に遅し。

2015年6月30日 火曜 曇り 蒸し暑し
新幹線車内で焼身自殺。2名死亡、負傷者多数。
ギリシアは借金を返せず、債務不履行寸前。財政破綻の責はチプラス首相と国民自身にある。もって他山の石とすべし。
歯痛に耐えながら、藤沢で息子の小田急回数券、大船で乾電池を買う。
次男は可愛い子猫を拾ったが、アパートで飼えずに困っている。

2016年6月30日 木曜日 くもり
無くした十二所の鍵が出てきた。

2017年6月30日 金曜日 くもり
半蔵門の国立劇場にて文楽若手会の「菅原伝授手習鑑」、都美術館にてブリューゲル「バベルの塔」展をみる。

2018年6月30日 土曜日 はれ 暑し
吉祥寺に行き「二葉FA」を訪ね、吉野学長と久し振りに再会。お元気そうでなにより。
11時から吉祥寺シアターで平田おりざ作・演出の「日本文学盛衰史」をもる。面白し。

2019年6月30日 日曜日 ふったりやんだり
「大阪G20」閉幕。アベは誰からも相手にしてもらえなかった。
トランプがキムと板門店で会談。驚きだ。

2020年6月30日 火曜日 雨
横浜で、大勢のコロナ感染者出る。

2021年6月30日 水曜日 曇のち小雨
東京714人感染。第5波到来せり。

2022年6月30日 木曜日 快晴 猛暑
鶯と燕鳴く早焼けの空、赤と青の美しさ類なし。1週間連続の真夏日なり。
明日、新しい植木屋が入ることになる。

 

 

 

家族の肖像~親子の対話 その62

 

佐々木 眞

 
 

 

お父さん、神社、テンプルでしょ?
そ、そうだよ。よく知ってたね。

ミエコさーん、ハスはジュンサイによく似てるよねえ?
似てますねえ。

シンキンコウソクって、なに?
心臓から酸素が無くなってしまうのよ。

ボク、ハス好きですお。
好きだよね、コウ君は。

お母さん、平和って、なに?
みんながしあわせに暮せることよ。

お母さん、むかし「ふきのとう舎」だけだったよね?
そうね。あとから「向生舎」なんかが出来たのよね。

お母さん、どこ行ったの?
さてどこへ行ったでしょう?当ててごらん。
セイユー?
ブ、ブー。
なにがつくもの?
キだよ。
キシモト歯科!
あったりーー!

「ボク、サトイモ好きですお」
そうなんだ。
サ、ト、イ、モ、サ、ト、イ、モ

海水は海みたいですね。
そうですね。

オサナナジミって、なに?
小さい頃からのおともだちよ。

車体構造って、なに?
車の中の様子よ。

お父さん、「ドクターヘリ」、録画してね。
分かりましたあ!

お父さん、「ドクターヘリ」見ますお。
分かりましたあ!

ぼく、アオさん好きですよ。
そう、良かったね。

お母さんね、ここで躓いて倒れてね、血がいっぱい出ちゃったの。
そうお。良くなってくださいね。
お母さん、すぐにお父さんと病院行ってね、ここんとこ、縫ってもらったの。
早く良くなってくださいね。

お母さん、良くなってください。
分かりました。
早く良くなってください。
だんだん良くなります。

お母さん、良くなってね。良くなれ、良くなれ。
分かったよ、
明日お医者さんにみてもらう?
見てもらうよ。

ぼく、ひとりでトウキュウいきましたお。
え、東急。いつ行ったの?
今日、行きましたお。
そう、偉かったね。

お母さん、こんど、ユカリさんに会いたいですお。
そう、会おうね。

 ―コバヤシ散髪店にて
おじさん、エモトアキラ好き?
好きだよ。
おばさん、エモトアキラ好き?
好きだよ。
おねえさん、エモトアキラ好き?
好きですよ。
コウ君、エオトアキラ好き?
好きですお。

ミワさん、いなくなったね。
亡くなっちゃったね。

「千の風に乗って」、亡くなったときでしょう?
そうだね。

お父さん、お母さんは?
当てててごらん。
おばあちゃんチ。
ピンポーン。

お母さん、きょう、サケご飯とピーマンの肉詰にしてね。
分かりましたあ。

今日はコウ君、ごはん何にしますか?
コーンスープですお。コーンスープにしてね。
分かりました。

お父さん、お母さんには、朝6時に電話しますお。
お、うれしいね。よく覚えていたね。5時台は早すぎるからね。
分かりましたあ!

お父さん、あさってビデオ撮ってね。
分かりましたあ。

みんな、いなくなっちゃったねえ。
そうねえ、いなくなっちゃったねえ。
お母さん、そんなこといわないでください。
はい、分かりました。

お父さん、あしたビデオ撮ってね。
分かりましたあ。

お父さん、今日ビデオ撮ってね。
分かりましたあ。

お父さん、きのうビデオ撮ってくれた?
撮ったよ。コウ君がおうちに帰ったら、一緒に見ようね。
分かりましたあ。

ぼく、映画村好きですお。
そうなんだ。

いつ買いに行きますか?
来週のどこかで。
分かりました。

あした、図書館と西友へ行きます。
分かりました。

ままならない、って、なに?
いろいろうまくいかないことよ。
ままならない、ままならない、ままならない

ぼく、今日休みますお。
なんで?
台風だから。

コウくん、今日は何の日?
きょうろうの日ですお。
敬老の日でしょう。敬老の日はどういう日?
ええと、ボク、お父さんとお母さんを助けますお。
助けてくれるの?
そう。

イメージって、なに?
こんな感じ、っていうことよ。

お母さん、今日の夜ごはんは?
お彼岸だから、お赤飯とマーボナスよ。いいですか?
いいですおー、いいですおー、イイデスオー。

さまようって、なに?
ふらふらしてることよ。

てごわい、ってなに?
つよいなあ、ってことよ。

お母さん、今晩のおかずはなに?
今日はお赤飯と、クリームシチューと、肉詰めピーマンです。いいですか?
いいですお。

こらえる、って、なに?
我慢することだよ。
コウ君、こらえてるの?
いませんお。

お母さん、ドクダミ、おうちにある?
あるよ。
ぼく、ドクダミ好きですよ。
そう。お母さんもよ。

お母さん、ぼく、あしたセイユウいきますお。
いきましょうね。

ぼくレンブツさんとフクモトリコ、両方好きだよ。
そう。

 

 

 

真夏のサンタクロース

 

佐々木 眞

 
 

仏に会うたびに、仏を殺し
詩に会うたびに、詩を殺してきたおらっちだったが
寄る年波ゆえに、疲労が困憊してきたよ

でも、今日は朝からいい天気
コロナに感染して、長の自宅療養を強いられていたから
偶には息子のコウ君と一緒に、近所を散歩してみようじゃないか

「ほら、この道の先に、赤いポストが見えるだろう
そしてそのポストの先に、小さな橋が見えるだろう
それを左に曲がって、ちょいと進んだところに
車椅子に乗ったおじいさんが、いるはずなんだ」

コウ君は、大阪道頓堀のグリコの看板のように
両手を高く掲げ、まっしぐらに進んでいきましたが
満面の笑みを湛えて佇む、車椅子の老人を見て
「お父さん、お父さん、おばあちゃんちの前に、サンタクロースがいるよ!」
と叫びました。

すると、あの有名な詩人のシロウヤスさんは *
いきなり車椅子を乗り捨てて立ち上がり
「おらあサンタだ! サンタシロウヤスだあ!」と声高く宣言して
おらっちのコウ君と、ガッツリ抱きあったのでした。

 

* 鈴木志郎康(1935年5月19日 – 2022年9月8日)

 

 

 

真夏の夢のような

 

佐々木 眞

 
 

其の一 むらぎも

ある日、この国ではじめての国民投票が行われ、
その結果、日本国憲法第9条が、全面的に改定された。

もうその頃には、護憲派とかリベラル派の市民は、ただのひとりもいなくなっていたので、改定案は、思いがけない大差で承認されたのである。

ところが、そのビッグニュースを聞いたこの国の民草は、なぜか、彼ら自身にも意外なほどの大きな衝撃を受け、心臓にポカリと穴が開いたような喪失感から、長く立ち直ることができなかった。

あの日彼らは、みずからの手で、みずからの「村肝」を殺してしまったのである。

 

其の二 長夜

毎年夏のおわりには、本邦最大級の当地の花火大会に行くことにしている

打ち上げ花火、仕掛け花火、水中花火
上から見るか、下から見るか、真ん中から見るか?
時々休んでカキ氷を食べるか?

ストーン、ストーン、ストトントン
ズドーン、ズドーン、ズドドンドン

花火を打つのは、誰のため
かあちゃんのためなら、エンヤコーラ
とうちゃんのためなら、エンヤコーラ

ストーン、ストーン、ストトントン
ズドーン、ズドーン、ズドドンドン

いろいろ手の込んだいろんな花火が打ち上げられるが
けっきょく「4尺煙火玉」1発ドンが一番いい
そう再確認するために、ここに来ているようなものだ

ところが、ことしは勝手が違った
花火師の花火の代わりに、自衛隊員が、ミサイルを撃ち上げているのだ
それも「敵基地を叩く」と鳴り物入りの、最新型の極超高速ミサイルだ

ズドン、ズダーン、ウンポコペン

まず1発目は、日本海を越えて北朝鮮沖に!

ズドン、ズダーン、ウンポコペン
ズドン、ズダーン、ウンポコペン

2発目は、津軽海峡を越えてロシアが占有する北方領土へ!

ズドン、ズダーン、ウンポコペン
ズドン、ズダーン、ウンポコペン
ズドン、ズダーン、ウンポコペン

そして3発目は、なんと台湾海峡を越えて、中国軍基地の傍らに!

ミサイル撃つのは、誰のため
御国のためなら、エンヤコーラ
陛下のためなら、エンヤコーラ

くわばら、くわばら、花火大会も変わったものだ
日本の夏も、物凄いキンチョウの夏に変わったものだ
おらっち、ひどく疲れて、帰りの列車に乗ったのよ

 

其の三 ヤになっちまう

第1次世界大戦は、4年余り続いた
第2次世界大戦は、6年間続いた
ベトナム戦争は、20年近くも続いた

そこへいくと、ウクライナ戦争はまだ半年だが、いっこうに、終わりそうにもない
もしかすると、まだ休戦中の朝鮮戦争みたいに、半永久的に戦い続けるのではなかろうか?

でも、幸か不幸か、人間という動物は、ある日突然、すべてがヤになっちまう
ヤなことを、無理して続けていると
お勉強だって、お仕事だって、はじめはメラメラ燃え盛っていたあんたの恋だって
傍から誰がなんといおうと、すべてがヤになっちまう

戦さだって、同じこと
狂った専制君主から、「出て来る敵はみなみな殺せ!」と命じられ
武装した兵士のみならず、無辜の女子供まで虐殺していたら
いくら戦意旺盛な軍人でも、ある日突然、なあんもかんも、ヤになっちまうだろう

ウラジーミルも、ワロージャも
のぶいっちゃんも、ひとはるちゃんも
イデノトシコも、おらっちも
戦争がヤで、ヤで、死ぬよりヤになれば
戦争は、やっとこさっとこ、世界中から、消えて無くなる

かな?

 

 

 

さようなら ありがとう 志郎康さん!

 

佐々木 眞

 
 

この夏も、多くの死がありました。

8月には妹が昇天し、9月に入るとゴダールが自死したというので嘆いていると、15日には思いもかけぬ詩人の訃報に接したので、大きな衝撃を受けたのでした。

鈴木志郎康という人は、私が心から敬愛し、師と仰いだ、たった一人の詩人でした。

でも、志郎康さんには、たった一度しか会ったことは無い。
その後も会おうと思えば機会はあったのですが、余りにも鮮烈だったその記憶を大事にするために、あえて会おうとはしなかったのです。

太いパイプをくわえ、度の強そうな眼鏡をかけ、仏陀のように温厚な顔立ちをしたその人は、私の顔をじっと見つめると、開口一番、「私が思った通りの人だった。」と仰ったので、私は驚きながらも、ちょっと嬉しかったのです。

私の詩を読んで、私という人間について興味を抱き、いちど実物を見てやろうと思いたった詩人は、その目の前の現物が想像通りの人間だったので、まるで千里眼の手相見のように喜んでいるのでした。

それまで私は、有名な大詩人の、有名な詩を読んでも、ちっとも心が動かされず、ほんのちょっとでも面白いと思ったことがなかった。だから詩なんてつまらないと思い込んでいたのです。

ところが私は、プアプアなどのスズキ詩に初めて出会った時、「ああこれが詩だ。これこそが本物の詩なんだ」と、生まれて初めて思ったのです。
頭で思ったのではない。腹の底から、いわば臓腑の認識として、分かったのでした。

それで、詩とは自分の思いを、自分が思った通り自由に書いてもいいのだと、初めて得心した私が、その通りに書き殴ってみると、不思議なことに、詩だか、詩のようなものだか分からない代物が、どんどん書けてしまえたので、私は、思わず「ヤッホー!」と叫んだものでした。

喜んだ私は、それから無我夢中になって、来る日も来る日も、その詩のようなものを書き続けていると、驚いたことには、そんな私のシロウト詩に、志郎康さんはイイネを押してくれたので、私は一日中言い知れぬ喜びに浸ったのでした。

「帰玄」という短い詩を書いたときには、いつものイイネだけではなく、「これはなかなかの抒情詩ですね」というコメントまで下さったので、私は文字通り狂気乱舞したことを、生涯忘れることはないでしょう。

それは氏一流の詩の初心者への励ましであり、先輩としての人世の応援歌だったのでしょう。

その励ましと応援歌を手渡しで受け取った私は、イイネのついた作品を集めて生まれて初めての詩集を編み、恩師の志郎康さんに読んでもらえる日が来るのを指折り数えて待ち望んでいた、その矢先の訃報でありました。

志郎康さんの殆ど最後の詩に、「赤ちゃん」という小品があります。

上の2人のお兄さんは両親の寝室に窓がなく、2年続きで暗闇の中で死んでしまったが、窓が作られた後で生まれた志郎康さんは、「光の中で生きのびることができた」というのです。

志郎康さんの悲報が届いた日、夜空に瞬く星の光を探しながら、私も志郎康さんにあやかって、光の中で生きのび、できるだけ長く詩を書くことができますように、と、しばし祈ったことでした。

さようなら ありがとう 志郎康さん!

 
 

※鈴木志郎康「赤ちゃん』
 https://beachwind-lib.net/?p=21235