「夢は第二の人生である」或いは「夢は五臓六腑の疲れである」第92回

 

佐々木 眞

 
 

 

西暦2012年皐月蝶人酔生夢死幾百夜

 

その老人にはさんざん感染防止の注射をしたのだが、どこのワクチンをどれだけ注射しても効きめがないので、しばらく放置していたら急激に健康を取り戻した。5/1

あの家は無人のはずだが夜になると電気がつく。この頃誰かが住み着いているようだ。5/2

冷たい川に足を踏み入れたら、足の裏に何匹もの小さい鮎が潜り込んで、私の足を擽っては逃げ出していくのであった。5/3

子供たちの読み聞かせ塾で、日本国憲法をテキストに使っていると、どことなく良い子になるそうだ。5/4

歯医者の私が頼んだのは歯医者ラーメンだったが、もしかするとハイチラーメンだったかもしれない。5/5

私は早稲田駅から地下鉄に乗ってどんどんどんどん乗り進んだが、いったいどこへ行きたいのかは自分でも分からないのだった。5/6

私の体内に2つの怪しい影が発見されたので、2人の主治医がこれは癌だとかいや単なるオデキだとかいうて論争しているので、その間に私は病院を抜け出した。5/7

東京駅の大広間で私に向かってワンワン吼えながら飛びつく犬がいるので驚いてよく見れば2002年に昇天したはずの我が家の愛犬ムクではないか。5/8

私が設計した車の外装についてカラリストが毎回へんちくりんな「流行色」を押し付けるので、頭にきて自分でペンキを塗ることにした。5/9

あの憎たらしい奴がおらっちを車で追い詰め、撥ねたのでおらっちのメガネがフッ飛んだ。5/10

超時代的な愛子さんの恐るべき下着コレクションを見せつけられた連中は、唖然として見入っていた。5/11

明日病院でどういう風に右手が痛むか、どういうふうにMRI検査やリハビリを頼むか、その練習をしているうちに朝になったようだ。5/12

私その1は激痛に耐えながら右手を動かしていたが、私その2がその1の肩を叩いたので、あまりの痛さにうめき声をあげた。5/13

巨大で真っ白な2頭のチャウチャウにすっかり気にいられて、おらっちは、嬉しいような悲しいような気持で、彼らの面倒をみていた。5/14

ここはアフリカか、それともインドなのか? 大地に横たわっていると、周りでいろいろな鳥が鳴き、獣や大蛇が動いている気配がする。5/15

閉店寸前の真っ暗なデパートの奥の方で、誰かが誰かと争っているような不穏な声がする。5/16

パソコンで妻のウイルス接種の予約をとろうとして何回も何回モアクセスするのだが、その都度「予約できませんでした」という返事が帰って来るので、またしてもパソコンで妻のウイルス接種の予約をとろうとして何回も何回モアクセスするのだが、その都度「予約できませんでした」という返事が帰って来るので5/17

同和円と同心円の違いについて親しく教授のレクチャーを受けていたのに、いざそれらが実際に虚空に姿を現すとどれがどれだかさっぱり分からなくなってしまい、いったいオレは何をしてきたのだと中原中也のように呟くおらっちなのであった。5/18

私は自由が丘に下宿していたが、毎晩駅前の食堂で比較的高価なかつ丼を食べることが固定観念になってしまい、他のもっと安い食堂で蕎麦やラーメンを食べるという選択肢があることすら知らなかった。5/19

すると周りにいた男たちが、この女はまったくの変態だと口々に罵り始めたので、私は割って入り、そもそも変態とは何ぞやと問いかけるとみな論争を避けてちりじりになってしまった。5/20

オレは電話で起こされた。家に電通と博報堂の連中が来ているという。我が家にはモローイ部分があるかから、そこに跨って至急修理せんけりゃならんそうだが、その嘘ほんまかいな。5/21

東京駅の駅員事務所の傍で制服に身を包んだ元D社社長のミズノ氏を見かけた。静岡県で隠棲しているはずなのに、こんな所でなにを? 今更第2の人世という年でもないのに、と謎は深まるばかりだ。5/22

久しぶりに昔の恋人に再会したので懐かしく、どことも知れない町はずれをさまよい歩くのだが、どことなく実在感が希薄なので、本当に彼女なのかと首をかしげている。5/23

せっかくリモートを誓ったのだが、どうしても3密、4密、5密、6密状態に戻ってしまうので、それが人間の本性なだとようやく気付いた訳よ。5/24

老いたる両親を東京のあちこちに案内し、ふと気づけば2人ともいないので、懸命に探したらなんと横須賀線の始発電車に乗って発車を待っていたので、さすがだてに年は取っていないなあと妙に感心した。5/25

私たち元同級生は、いまなお太陽の如く光り輝く彼女のためならどこどこまでも付き合うぜという固い決意を互いに披歴しあいながら地獄の底へ降りて行ったのであった。5/26

その僻地の僻映画館では私が観たいと熱望していたさる名画を上映するというので、朝から期待して待っていたら、上映の担当者が泥酔してフィルムをかけられないといので、激怒して宿に戻ったら、映画館主が恐縮して映写機とスクリーンを持って訪ねてくれたので感激しましたね。5/27

久しぶりに郷里に帰省したら噂を聞きつけた新旧の友達が次々に来訪してくれて、元電通でいまあはその傘下の下請け会社で営業をしているときくワタナベ君が訪ねてくれたので、驚いているところだ。5/28

ヘビ捕り娘のおじいちゃんとおばあちゃんと仲良くなりました。3人は次々に現れる大中小、赤青緑のいろんな蛇の首を後ろ側からエイヤっと捕まえてはおらっちのほうへ投げて寄越すので、たまったものではありませんでした。まる。5/29

晩年のモザールは思いついたらどんどん適当な楽章をこさえて、それがある程度溜まるとセレナードにしたりピアノ協奏曲にしたりしていた、余が適当な川柳が溜まると泥詩抄に転送していたように。530

私は交通事故の後遺症で右腕が痛むので、病院のリハビリに通っていたが、いつも右腕を大根のようにぶら下げていたので、医師たちから白い目で見られていた。5/30

その公園の深い池から吹き上げる臭素が人々の鼻に異常な影響を与え、彼らをして原因不明の殺人事件を惹き起す要因になっているようだ。5/31

 

 

「夢は第二の人生である」或いは「夢は五臓六腑の疲れである」第91回

 

佐々木 眞

 
 

 

西暦2021年卯月蝶人酔生夢死幾百夜

 

町内会長がやって来て、「4月から国の税率が変わったので、服の売り方も変わり、服の売り方の変化を国の税率に反映する」と言うのだが、我々あきんどには、何のことやらさっぱり分からなかった。4/1

いつの間にやらわが家に有毒核物質が累積していたので、気がつけば老いたる父母が死んでしまっていた。4/2

私は半世紀前から辻に立ち、黄昏て沈みゆくこの国の悲愴な末路を、声を大にして「悔い改めよ!」と預言してきたが、誰も耳を傾けようとはしなかった。4/3

おらっちは、突然大金持ちになったので、auの携帯とHМVのCDを全部買い占めて、とりあえず北京へ飛んだ。4/4

売れない文をしにカンキュウモンダイ原子ロ物象にしたらカンバイ。4/5

太刀洗、三郎ノ滝を過ぎて小さな泉を覗くと、オタマジャクシが泳いでいた。そこから朝夷奈峠を登っていくと、春型の小さなモンキアゲハやカラスアゲハが岩肌の水を吸っていた。熊野神社の参道では、大きな赤い花弁を沢山つけたシャクヤクの木が「ようこそ」と迎えてくれた。4/6

頼まれてやった訳ではないが、パンストのPRの仕事が大当たりしたので、スポンサーから喜んでもらえるか、と思っていたところ、意外にも苦情が来た。その商品は、とっくの昔に製造中止にしているといううのであるがあ。4/7

王様の私が、洞窟の中に入ると、民草たちは、いちおう私に敬意を表するかのように一番突き当たりの広間に通してくれたのだが、ふと気がつくと、私の物々しい武装は完全に解除されているのだった。4/8

レースの2順目に差し掛かると、ファンとボランティア奴が、よってたかって余の走行を妨害し始めたので、予はついに、持参したライフル銃を、彼奴等の上空で暴発させた。4/9

「火の丸の割れ目に潜りこむんだあ!」と、オオツキさんが叫んだ。4/10

うちはビール屋だが、いつもの配達員が月期半ばで辞めたので、残りは他の販売員にやってもらうことにした。4/11

もう30日以上、巴里のこのモグラの巣のような地下の迷路の突き当たりの部屋に住んでいたので、きっとみんなが心配していると思って、私は3時間以上もかけて地上に出たのよ。4/12

私はその男を見事に説得して、職場復帰させたうえ、たまたま飛び込んできた黄金色の巨大なセセリチョウを捕まえたのだ。もしかすると新種かもしれない、と思うだに胸が弾んだ。4/13

T大の学長に就任したМ氏は、毎日学食で一皿500円のカレーライスを食べて、生活費を切り詰め、少しでも無職の息子に金を残そうとしていた。4/14

その作品は見るからにうす汚なく、なぜかといえば、薄汚い悪童たちしか出てこないからなのだが、どういう風の吹き回しか、カンヌでグランプリを獲得してしまった。4/15

「新人は隠し芸を披露せよ」と部長が命じたが、そんなことは出来ない私は、彼奴をピストルで撃ち殺してやったら、皆からおおうけだった。4/16

私は500人を収容できる大教室で、ハンドマイクを握り締め、谷崎の「陰翳礼讃」について汗水たらして語り続けたが、誰一人耳を傾ける者はいなかった、とさ。4/17

その館では、腐食女子が出演を待っていたが、トーマス・ハイウエイの丘では、アリストテレスが、政治学について滔々と論じていた。4/18

偶然前の会社で、同僚だったAに会ったので、キッチャ店で長々と話しこんでいたら、彼はまだ私の昔の恋人と付き合っていて、彼女はまだ私に未練があるそうなので、なかなか簡単にキッチャ店を出られなくなってしまった。4/19

「海亀」と呼ばれている超小型艇で、単身肉弾攻撃する子供たちの最期の悲鳴が、この岬の先端からは時々聞えた。4/20

半世紀以上にわたって、毎晩博文館の「10年連用日記」にモンブランの万年筆で孜孜として綴ってきた私の日記を、久し振りに読み返してみたが、なめくじがのたうち回ったようなインキの跡が残っているだけで、まったくの意味不明であった。4/21

事前調査も研究もしないで、「取材」と称して人に会いに行くダメジャーナリストに、私は「せめてこれだけは持って行けよ」と言うて、メモ帳とちびた鉛筆を渡してやったのよ。4/22

世界で1,2を争う腕前の2人のビスポーク・テーラーの戦いは、熾烈かつ華麗なもので、世界中の顧客がその見物に押し掛けた。4/23

救急車の中では、妻が私の右手を握ってくれたが、その手が異様なくらい冷たいので、きっと気が動転して具合が悪いるのだろう、と思って「大丈夫?」と声を掛けようと思ったが、声がでないよ。4/24

今回の選挙に出るA氏は、市の社会福祉活動の重要な一翼を担う人物で、その姿は、まるで大型ブルトーザーが、邪魔ものどもを薙ぎ倒して前進するさまを思わせた。4/25

この国の映画は、みな長尺ばかりなので、試写会もおおかた前後の2回に分けて開催されているのだが、どの映画をどこまで見たか分からなくなってしまうので、えらく評判が悪いずら。4/26

「私がかつて人間だった時」という題名の詩を書こうと、朝まで粘っていたが、どうにもこうにもうまくいかなかった。構想は出来ていても、その内部をどう埋めていくのかについてのアイデアが、てんでなかったようなのだ。4/27

牢屋に入れられた死刑囚から頼まれて、ワーグナーの「指輪」のフルスコアを差しいれたのだが、それで彼の生涯の最後をいささかなりとも黄昏色に彩れるとしたら、以て瞑すべきだと思った。4/28

今までいろんな国の写真だと思って、大切にとっておいたのだが、それらの大半が、おふらんすの写真であると判明したので、私は急遽、独逸やベルギーやイタリアに出張して、撮影せざるを得なくなった。4/30

 

 

 

家族の肖像~親子の対話 その54

 

佐々木 眞

 
 

 

今日はおばあちゃんち行ってえ、図書館行ってえ、西友行ってえ、お弁当買って帰りますお。
分かりましたあ。

今日はサケご飯にして、お母さん。
分かりましたあ。

オシャレって、なに?
すてきな洋服を着て外を歩くことよ。お母さん、オシャレしたいな。
オシャレ、オシャレ、オシャレ。

お母さん、目黒構内って、なに?
目黒の駅の中よ。

引退って、辞めることでしょ?
そうだね。

お父さん、連佛さんのドラマ録画してくださいね。
分かりましたあ。

「バイバイ、さよなら」と言ってくれたよ。
誰が?
サユリさんが。
いつ?
昔。

お父さん、ぼく連佛さんのビデオ見ますよ。
分かりましたあ。

お父さん、連佛さん泣いちゃたよ。
なんで?
分からないけども。

連佛さん、なんで寝ちゃったの?
お酒のんで、よっぱらっちゃったのよ。

またたくって、なに?
キラキラすることよ。

掛け算のカケルは、バツに良く似てるね?
バツ? ああ、そうだね。

お父さん、2つ録画してくれた?
バッチリ録画しましたよ。

お母さん、あした図書館と西友行きます。
リョーカーイ!

ヤマモトリョウコは、旅館で働いてるの?
東京の旅館で働いてるみたいよ。

連絡帳にね、鎌倉郵便局は嫌いです、と書いといてね。
分かりましたあ。

竹中直人さんの斉昭、死んじゃったのね?
そうだね。

お母さん、「今まで普通に渡っていた、鎌倉郵便局の信号が苦手になった!
怖くて渡れなくなった。」そう連絡帳に書いてください。
いつから怖くなったの?
3月から。
信号なんで怖くなったの?
「タッツタッツタ」というようになったからだお。
そうなんだ。知らなかったなあ。

お父さん、「恋はディープに」見ますお。
分かりましたあ。

患うって、なに?
病気になることよ。

ぼくはシュウマイです。
こんにちはシュウマイさん。

ぼくは、「戦うラーメンマン」好きですお。
そうなんだ。
ラーメンマン、ラーメンマン。

ぼくヘチマ好きですお。
そうなんだ。
ヘチマ、ヘチマ、ヘチマ。

お父さん、録画した?
しましたよ。帰ったら一緒に見ようね。

みっともない、恥ずかしいことでしょう?
そうねえ、ちょっと恥ずかしいことかな。
みっともない、みっともない、みっともない。

洗濯物、乾きましたよ。
雨が降ってきたから、こうやって部屋で乾かしておきましょうね。
分かりましたあ。

 

 

 

いつか私が人間だった頃

 

佐々木 眞

 
 

いつか私が鳥だった頃、私は瑠璃色の翼で覆われたルリビタキだったが、
赤いモミジの葉っぱをついばんでいる間に、飢えた台湾リスに食べられてしまった。

いつか私が魚だった頃、私はウナサブロウという名の天然ウナギだった。
ある日滑川の巣で昼寝をしているところを、川遊びをする子供たちの網に飛び込んだために、校長先生のまな板でかば焼きにされてしまった。

いつか私が植物だった頃、私は鎌倉市の市花で崖に咲く絶滅寸前のリンドウだったが、近所のタカギさんの電動芝刈り機で、あっという間に他の草花と一緒にチョン切られてしまった。

いつか私が動物だった頃、私はメリー洋装店のジョンという名の犬だったが、綾部保健所の凶暴な犬捕りに捕まって、ワンという暇も与えられず、締め殺されてしまった。

いつか私が人間だった頃、四季は温暖に巡り、花々は愁わしく香り、人々は私に優しかった。

ところがある日私は、脇道から突然出現した自動車に撥ねられて空高く跳び上がり、くるりと一回転して、地べたに叩きつけられた。

救急車で病院に担ぎ込まれ、九死に一生を得た私だったが、月命日の母が天上から手を差し伸べてくれたのだった。

それから私は、タンポポの好きな美少女に恋して、2人の愛らしい子供に恵まれ、蓮の葉っぱの上の小さなおうちに住んで、いついつまでも仲良く暮らしたことでした………

 

 

 

「夢は第二の人生である」或いは「夢は五臓六腑の疲れである」第90回

 

佐々木 眞

 
 

 

西暦2020年如月蝶人酔生夢死幾百夜

 

私が提出した何度目かの業務改革の提案は、私がいくらVサインを出しても、その都度上層部によって闇に葬られ、永久に日の目を見そうになかった。2/1

船の什器がまだ揃っていないので、私はまだ出発進行の合図を出せないでいる。2//2

理想の子供服とは何か? 私はこの難問を、半世紀以上も追及するうちに、どんどん歳をとって、よぼよぼの老人になってしまった。2/3

某有名評論家が、映画の内部に忍び入っては、登場人物を吹き矢で殺すので、映画探偵の私は、五社から頼まれて消された人物の息を吹き返すのが、主要な仕事になってしまった。2/4

東レのテキスタイル情報を、ワールドの社長が盗んだのではないか、という疑いが生じたので、彼は、急遽海外へ斗横暴したのだが、国内できちんと弁明した方が、良かったのではないか。2/5

マーラーの交響曲を演奏する時には、反逆点で反逆音を響かせることが大事だ、と何度も教えたのに、小澤征爾はとうとう理解できないようだった。2/6

いくら悪戦苦闘しても、この人世が我が身にそぐわないので、私は早く来世へ移動してから活躍しよう、と思うようになった。2/7

私が身に纏っている衣服が、次々に映像化されたが、それらが、余りにもチープだったので、恥ずかしいやら哀しいやらで、思わず涙がちょちょ切れてしまったよ。2/8

不倫に関する電話のアンケートが、一日に何回もかかって来るのは何故だろう。「不倫ではなく浮気に関するアンケートなら答えてやる」というたら、「しばらくお待ちください。上司と相談してから、また連絡します」というたきり、音沙汰がない。2/9

久しぶりに京に住むことになり、さてどこにしようか。と探していたら、中京に格好のしもうたやがある、というので、そこに決めました。2/10

気が付くと、私は出世が遅れ、かつては自分の部下だった年下の男の下についているのであったが、幸い墓地の管理以外は、さしたる仕事もないので、毎日墓碑銘を刻んでいた。2/11

ある日思い立って、石屋の石長からもらった大理石に、私の来歴を斧で刻んでおいたら、森鴎外に似た掃苔者がじっと眺めていた。2/12

私は、かくて全員が死者であるところの村に着いて、直ちにモンミ事件の捜査を開始したが、なにせ住民が死者ばかりなので、さっぱり有力な証言を得られなかった。2/13

隕石直撃が忍び寄る地球最後の日に備えて、わいらあは、全世界人民の安全安心の整然たる火星脱出計画を樹立したが、結局は、各国各民族の競争と対立が災いして時を失い、地球はあっさり滅びた。2/14

ボクは、陽気なフルート吹き。南仏の地中海沿岸の避暑地を訪ねて、演奏して回るのが日課なんだ。2/15

「人類とコロナウイルスの戦いでは、当面は人類の負け戦が続くでしょう」と、神様がのたもうた。2/16

私は自分が出演している映画が上映されている、全国の映画館をすべて見て回ったが、どこもガラガラだったので、いたく傷つき、もう引退しようと思ったが、そうすればどうやって生き延びるか、何のあてもないのだった。2/17

「私は、その問題には、真正面から取り組んではいませんでした、」と告白すると、「その他の問題にもでしょ」と、誰かが揶揄したので、思わず赤面したのよ。2/18

大変難しいゲシュタルト問題が、やっぱり大量に出題されたので、私はまたしても第1志望の学校に入れなかった。2/19

オタマ入りの味噌汁を飲んだ社員は、他社の広告を入れるべきところに、自社広告を入れてしまったので、社長にえらく怒られてしまった。2/20

どおゆう風の吹き回しか、迷いこんだ場所が裁判所の法廷で、若い女が被告である。傍聴席にいる私は、彼女は無罪であると思いこみ、なんとかしてやろうと方策を考えるのだが、案を考え付くたびに地震が起こり、それがだんだん酷くなって来る。2/21

分限者の大酋長に、何から何までお世話になっている超貧乏人の私が、とうとう一穫千金の宝くじに当たったのだが、何パーセントのお礼をしたらいいのか、大いに悩んでいるところだ。2/22

ノノヘイのことを、今までアホかと思っていたが、よく考えてみれば、けっしてそんなことはない。清く正しくぐあんばっている青年だ。私は、そのことを彼に早く伝えて、頭を下げて謝ろうと思った。2/23

久しぶりに気分が高まったので、「弦楽四重奏のための緩徐楽章」というタイトルの詩を書いていたのだが、その題名の意味にとらわれすぎたので、最悪の結果、すなわち詩の放棄に終ってしまった。2/24

小中学の教科書のどこを探しても、「日本がほぼ世界中を相手に戦争をした」などと書かれていないので、驚いて先生に聞くと、「そんなこたあ、どうでもいいじゃん」と答えるのだった。2/25

佐々木家は「隅立て四つ目」の家紋なり。どうじゃ恐れ入ったか、と誰かがえらそうに言うので、「そんなこたあ、どうでもええやん」と答えた。2/26

イケダノブオが「ササキさん、なんかいいアイデアないすか?」と尋ねるので、「さあねえ、海のものとも、山のものとも、つかないなあ」と答えたら、「じゃあまず、その、海のものから聞かせてくださいよ」と迫るので、困ってしまった。2/27

いままさに物凄く興味深い夢を見ていると思うのだが、夢とおらっちとの間に、半熟の卵の表層の幕のようなものがあって、映画館の裏口で耳を澄ましている少年、のような映画の理解しかできない。2/28

 
 

2020年弥生蝶人酔生夢死幾百夜

 

いつのまにか、富士山が超スリムになってしまった。おらっちは、8合目辺りにベランダを作り、それをハンモック替わりにして、昼寝しているところだ。3/1

最前線に「重機」に代わって「商業」が出てからは、戦闘はやや下火になってきたので、敵味方ともに喜んだ。3/2

僕は、いわゆる機会主義者の一人に、一目でも会いたい、と切望しているのだが、そののぞみは、まだ叶えられそうにない。3/3

ケイサツゴッコをしながら、テレフォンごっごで遊んでいるうちに、季節は、ぐるぐると廻っていった。でも人は…… 3/4

ミクロ妃が、「この世では生きづらい」とさんざん泣きごとをいうのを、黙って30分間聴いていたので、疲労困憊してしまったずら。3/5

北陸地方を歩きながら、めぼしい芸能文化を記録しているが、やはり生活歌にまさる資料はなさそうだ。3/6

久しぶりに地下鉄に乗って銀座に出たら、旧知の映画会社の人から、試写会に誘われた。それが10時半から始まって、終るのが8時半だといので、大いに迷っているわたし。3/7

銀座通りを歩きながら、昔むかしのその昔、この松屋や松坂屋の前の小川にも、たくさんのウナギが泳いでいたことを、私は懐かしく思い出していた。3/8

旧知の人々から、大量の遺言状を手渡されたが、はてさて、これらをどうしたものか、と私は思いまどうばかりだった。3/9

私がしばらくのあいだ人間だった頃、四季は温暖に巡り、人々は私に優しかった。3/10

この睡眠から下手に覚めると、現実世界がもはや存在していないかもしれないので、わざと二度寝、三度寝して、様子をうかがっているのよ。3/11

完全な負け戦ではあったが、退役した老将軍の指揮ぶりは、いかにも老練そのものに洗練されており、一言にして尽くせば、見事であった。312

駅構内の、それぞれの地点での、人の流れを研究していると、いろいろな改善点が、おのずと浮かび上がってくるのであった。3/13

城壁の修理を頼まれた私ら土木業者は、複数の石を、美しく交叉させたり、エレメントの交響化に配慮しつつ、従来の布石を再編成させながら、より強靭な砦の完成に力を尽くした。3/14

3種類の日本文学全集を、あれこれつまみ食い式に読みあさっているうちに、どれをどこまで読んだのか、分からなくなってしまったずら。3/15

テレビを観終わってから、家を出て満員電車に乗ったのだが、なぜかリモコンを持って出たので、どこに置くか大いに迷っているところ。3/15

今まで暇だったのに、急に仕事が忙しくなって来たので、部下のサカイ君に3つほど応援を頼んだが、いつまで経っても返事がないので、どうしたのかと思ってデスクを訪ねると、もうだいぶ前に亡くなっていたのを、私が忘れていたことが分かった。3/16

余身が武そうに人のえつ会のような淑経になり裸の部分がなかった。3/17

その病院では、看護師が医者から莫迦にされているので、その腹いせに患者を莫迦にしているので、そのつけが病院全体に及んで、コロナ禍のさなかに倒産してしまった。3/18

誰もが、己の物語を動画を交えて、ものがたるのであるが、その男は、昔ながらの紙芝居方式でものがたるので、かえって新鮮かつ好評だったのよ。3/19

私は鉄人28号に変身したつもりで、秘密の抜け道を、全部ふさぎながら、グングン進んでいった。3/20

紳士衣料店の倉庫を襲撃した夜盗の群れは、それらの盗品を、やはり盗んだキッチンカーに乗せて、全国で売りさばいたのである。3/21

実際に歌手がやって来て歌うと、それをすぐにCDに焼いて、出口で即売することで音楽業界はひといきつけたのよ。3/22

私は、ある日自分が戦後間違った生き方をしていたことが、はじめて分かったので、その翌日から、そんな自分を弾劾する大行脚に出発したのだった。3/23

10年間、毎日何の仕事もせず、駄眠を貪り、美食と美女を求めるだけの生活に飽きただけではなく、途轍もない恐怖を覚えたので、私は万事を放擲して深山に籠った。3/23

ハシモト画伯は、その奴隷の叛乱の話を、絵にしようかどうしようか、とかなり長い間迷っていたが、ようやく一歩進んで太い鉛筆を手に取った。3/24

僕らは、夜になると飯を食いに行く代わりに、或る種のコーフン剤を飲んで仕事に励んだが、それは最終的には、精神の統一と仕事への集中を妨げる結果に終わった。3/25

「この折れた歯の右はなんとか使えそうですから、左半分を麻酔をして切り取ってしまいましょう」と、岸本医師はいと軽くのたもうのであった。3/26

その経理担当者は、私に向かって「早くここから出て行け」と偉そうに言うたのだが、何十年も経った後で、彼は竜宮で事故死していたことが分かった。3/27

故郷あやべの西本町から、裏西町のうらぶれた民家を少し行きすぎると、薔薇の生垣で囲まれた私の家の庭があり、そこには四季折々の野菜を植えた畑や、おいしいグミやユスラウメ、イチジク、カキ、ナツメなどが生る何本かの樹木もあった。3/28

1億の民が、毎日せっせせっせとマスクを棄てるので、その道は「白いコロナの道」と呼ばれるようになった。3/29

この街には、明治の文豪が住んでいたというので、屋敷などは取り壊されて跡形もないにもかかわらず、彼の足跡を尋ねる人々で、いつも大賑わいだった。3/30

1人の電気工は、鎌倉関東日本電工、もう1人の電気工は、日本アジア世界電工の社員と名乗ったので、私らは前者を採用した。3/31