また旅だより 14

 

尾仲浩二

 
 

韓国ポハンへ写真フェスティバルで行ってきた。
台風が朝鮮半島に上陸する数時間前に着陸。大荒れの済州島のニュースを観ながら眠る。
翌朝、台風は日本海へ去り爽やかな秋晴れ、ポハンは製鉄所と魚市場の街。
フェスティバルの会場は70年代に建てられた古いホテルで、自分の写真に囲まれて眠る三日間。
もちろん展示の合間の散歩とメッチュ(ビール)も楽しんだ。
それにしても今年は台風多いな。

2019年10月6日 韓国浦項にて

 

 

 

 

また旅だより 13

 

尾仲浩二

 
 

明日で期限が切れる青春18きっぷをもらってしまった。
やらなければいけない事はあれこれあるのだが、とにかくどこかへ行かなければならない。
台風一過でこの夏の最高気温が予想されているなか、中央線を乗継いで塩山へ。
ブドウ畑が広がる盆地は暑い、すぐにグレーのTシャツがマダラに染まる。
人影のない商店街を抜けると寂れたちいさな温泉街があった。
入湯料400円と東京の銭湯よりも安い。
片道2時間半掛かったけれど電車賃はタダだし、なんだか少し得した気分だ。

2019年9月10日 山梨県塩山にて

 

 

 

 

また旅だより 12

 

尾仲浩二

 
 

島根県の江津に泊まった。ごうつと読む。
七月の終わりから約二週間のひとり旅。
この日は夏休みはじめての土曜日で、観光地はどこも宿代が高かった。
仕方なくこのちいさな町のビジネスホテルに泊まったのだ。
どうやら東京からの移動時間距離がいちばん遠い町らしい。
そこは気になったけれど、なにしろ強烈な暑さだった。
なので陽が落ちる頃に宿の回りを散歩しただけで、翌朝はすぐに駅へ向かった。
でもそんなついでに泊まった町が妙に記憶に残ったりする。

2019年8月3日 島根県江津にて

 

 

 

 

また旅だより 11

 

尾仲浩二

 
 

且つて阿佐ヶ谷で古いアパートを借り写真ギャラリーをやっていた。
5年前に大家さんが亡くなり取壊しのために立ち退いたのだった。
人づてに、まだ街道のアパートが残っているよと聞いてはいた。
でも朽ち果てた姿や、更地になっているのは見たくはなかった。
その日は天気も気分も良く散歩のつもりがついつい遠くまで、そして街道はまだあった。
それほどひどくもなっていない、今にも誰かが出てきそう。
ありがとうと言って階段は登らずに駅に向かった。

2019年6月13日 東京 南阿佐ヶ谷にて

 

 

 

 

また旅だより 10

 

尾仲浩二

 
 

写真展で韓国に行ってきた。
市場を歩くのは楽しい。
ヨーロッパや東南アジアの市場も楽しいけれど
日本とほんの少し違うこの国の市場を
子供の頃に戻ったような眼で歩いた。

2019年6月7日 韓国 蔚山にて

 

 

尾仲浩二 個展
「Sleeping cat」
6月23日まで
神保町 スーパーラボ東京

 
尾仲浩二 出展グループ展

『韓国ウルサンスナップ展』
6月22.23.29.30日
中野 ギャラリー街道

「平成・東京・スナップLOVE」
6月21日~7月10日
六本木 FUJI FILM SQUARE

 

 

 

また旅だより 09

 

尾仲浩二

 
 

寺泊の港に座り一杯やった。
つまみはスーパーのカニカマとオカラ。
酒は芋焼酎。
せっかくの日本海なのに。
気がつけば三杯もやっていて
とっぷりと暮れていた。
ちょっと寒くなって宿に戻った。

2019年5月9日 新潟寺泊にて

 

 

 

 

また旅だより 07

 

尾仲浩二

 
 

引越しの直前に写真集を売りに横浜へ行って、ふた晩泊まった。
どうせしたたかに飲んで寝るだけだと、いわゆるドヤ街の三畳間。
小さなテレビと冷蔵庫がある、それと薄い蒲団。
床よりも壁が広いこの部屋が妙に落ち着く。
80年代のはじめ、初めて借りた新宿のアパートも三畳ひと間だった。
三日後の引越しには150の段ボール箱を連れて行く。

2019年3月 横浜寿町にて

 

 

 

 

また旅だより 06

 

尾仲浩二

 
 

三十年以上も前に新宿で撮った写真を新宿のバーの壁に並べた。
ここではサントリーホワイトと決まっている。
それを新宿の水道水で割って飲む。
旨いとか、これでなければというわけではない。
これを飲んで育ってきたのだから、これからもこれを飲む。
飲めるといい。

2019年1月 新宿ゴールデン街にて

 

 

 

 

また旅だより 05

 

尾仲浩二

 
 

吉野は思いのほか遠く冬の陽はすぐに山の陰に隠れてしまった。
どこまで続くのか不安になりながら川沿いの長い商店街を歩く。
人どおりはなく店もほとんど閉まっている。
すっかり凍えてしまったし写真は暗くてもう写らない。
とっぷりと暮れた頃ようやく道は終わりになった。
急ぎ足で駅に戻ると一軒だけ食堂が開いていた。
鍋焼きうどんでビールの年の瀬。

2018年12月25日 奈良県吉野町にて