なみのね

 

小関千恵

 
 

 

海を見つめることも
空を見上げることも
この存在をくりぬいて
鳥じゃないけどわたしだって
そこでやっとひとつになって

ねえねえ、ねえねえねえ ねえねえ …

声が漏れてきて
何かを消そうと出てるやつだって
いつもそうして
何かを消そうとして出てるやつだったって
わたし生まれてない波だけど
わたし生まれて消した波だった
わたし生まれていたのにいないことにして溢れでた波だった
消そうとして叫ぶ!
消そうとして叫ぶ!

はね はね ゆめ
ハネはね 跳ねて うね きえる
空中に
透明に
光に もっと光に

切る 切る 空を切る
起きていたい 眩しくて
伸びていたい 風の中
寒くない
消していたい

次へ行きたい
次へ行きたい

どこにも無い そのまま
このまま 発ってゆく
なみのね 止まらない
じっとしても 動いてる
叫ばなくても 溢れてる
色違う
風変わる
明けてゆく

いつのなみだ
いまのなみだ
波はいつでも立っている
消してみせるさ そんな海
呑まれてみよう あんな波
出会うだけ
命が波をすり抜けて
ごろんと海辺に転がって
心は天の岸を打つ   タイコ!

海のまんまの明日になる
ひとつもおんなじのがない
ぶつかり合う 消えてゆく
産んで産んで 産みまくる
消して消して 消しまくる
あしたまた 揺れてる
揺れ合う
触れ合う

 
ねえ

ねえねえ、ねえねえねえ  …

ねえねえ 
 

 どうして
ひとは

身体中を

「ことば」のなかへ
飛び込ませるの

溢れてるよ

溢れてるよ

 

 

 

空は フー

 

小関千恵

 
 

 

わたしは あなたの魔法に
愛された
空は フー
濡れた空の道

その皮膚を擦り歩き
演奏した 生業のように
それぞれのビジョンを隠した
合奏は 自然のように

空は フー
その道から
土は降ってくる

枯れた花を握りしめて
この夢を咲かせられるかと
絶望への愛が

尸を
雪に濡らす

空は フー

 

 

 

letter

 

小関千恵

 
 

わたしをおぶった母が身を投げまいと立ちすくんでいた駅のホームに
何度目だろうか
立っている

目の前の、レールを這う川の溝色
死にすぎた人々の、血かもしれない
眩しい
反射光

 

 

離れていくこと
追わない決意で
歩いていた
身体の隅々の夢は
いつの間にか色の違う水に溶け
行き場を失ったのでは無く
探すものも無く
ただ足下を拾い上げていた

適当に拾った貝殻が美しかったから
わたしはそのまま歩いてゆく

 

 

「  何も知らない

   知れない

   それを咎めない  」

土に埋まって
声を出す

潜る
土の底から返す

まだ滅ばない、にんげんの赤い根

歌う
この世界を初めから、この生肌で改めるため

 

 

産まれる

産まれる

産まれる
間に
母の天地 裏返る
ように
子宮の内から 月を見る
ように
泥の涙 塞き止めぬ
ように

さあ
継ごう

(探したって 見つけられない 命)

 

 

あの夜
眠りを震わせるものが
なにも見つからず
自ら踊りながら帰った

一秒毎に新しかった
生きていて
それでよかった

それでよかった

 

.

 

心が重心に反発していた
引き寄せるものの前で

どのようにしたら、全宇宙に全生命を委ねたまま
この世と接することができるのか


耳という受動に、山鳩の声がする

「わたし」は、自然

死も生も
地上に立つ
いつだって
真新しく、立っている

マスト

 

.

 

揺らす
命を揺らす
くらげたちの水
観念を忘れる
今 明日 泡
吐き出しながら、分離してゆく
流されても
残っていた
いま
掬い出すもの
それは離れていたようで
ただ閉じていた

泡立つ底で
きっと
鳴り続けていた

 

.

 

無感情に照らすお日さま

 

.

 

分裂

目の前に
わたしのような人がいる

分裂

離れた
私に

空と重力だけが残っている

 

 

 

散歩

 

小関千恵

 
 

 

一緒に散歩をしていても、
あなたとわたしが見ている美しさは、きっと同じじゃないね

その見えない差異のあいだを、鳥は光りながら飛んでゆく

わけのわからない世界に平然と抱かれながら、
わたしたちは真裸で岸に立つ

水を解き、風を待ち、
こだわらない翼を広げて

見えない差異のあいだ
光りながら飛ぶ鳥を見て、
きみは横顔で笑っている

わたしたちのこころはそれぞれに揺れ、
それぞれに、天翔けてゆく

 
 

 

 

 

節に居るもの

 

小関千恵

 
 

「からだの節々に居るものたちがとても元気だ」 と
今朝 目覚める間に
詩をかいていた

つぎつぎに出てきていたのはとてもできたことばのようだったのに
からだを起こして記そうとすれば
最初に記したそのことば以外は思い出せなかった
 

半分眠る私の体内で
それらは活発だった

わたしがそれらになることはできず
だけど、
それらはわたしになることができる
わたしの体内を
出たり入ったり
蠢いたり静かにしたりしている
もっとほかに それらが何をしているのかは
まだわたしにもわからないことがたくさんある

わたしはそれらと仲良くいたいと思いながら
暮らしている
うまくやっていたいし
それはわたしだけに流れているものでもなく
きっといろんなところを行き来しているから、
わたしは大切にしている

書いていた詩は
そんなようなことだったか
そんな気はしなくもないけれど
何故かもう、微塵もわからなかった

だけれど
予め、
確かにわたしは詩をかいていた

(すっかり忘れていた8日の朝に)

 
 

 

 

 

なずな

 

小関千恵

 
 

間合いに居た
あの人に会い あの人にも会った

身体の中には木があって
実を獲っては 投げ込んでいた

少し目を閉じている間に
電話は入る

人生ってこんなもんかってくらいで死んでいく

地上の音は
天の岸を打っていますか

無心の波が
立って

間違う身
まちがうみまちがうみ

街が海

間合い
空には
コスモスが咲いて
漠たる不安は毛布となって
何に生きて
何に生きた?

根を切って
なずなを一本 最後に摘んで

つみつづけてつみつづけて

罪続けて

 

 

 

あの幻冬

 

小関千恵

 
 

10年前の今日は、雪が降っていた
10年経った今日は、風が吹いている

猫は10歳、歳を取ったはず
わたしも10歳、歳を取ったはず

コーヒーを淹れている
同じ電動ミルを使い続けている

眩しさは同じように、
陽は日に差している

ずっと、同じ部屋に住んでいた

何処かを見つめている、わたしがいた
何処かを見つめていた、わたしがいる

浮かんでゆくクラムボン
あれはなんだ 不思議だったから、ついていった

いつか、わたしを閉じ込めて、
何処かへと連れさった、あのクラムボン

今、この場所から、
そのクラムボンを、大空に見ている

何処かを見つめながら、居なくなるわたしを、
かぷかぷわらう、クラムボンの中に見る

(死んだ?)

何度旅から帰っただろう
陽が差す 冷たい空気を抜けたあと
変わりようの無かったものたちが
なんも変わらんかったよ、って
教えながら、ほんの少し揺れていた

わたしは、
この部屋で何度も眠った

 

 

 

 

 

Untitled, 2020

 

小関千恵

 
 

夜に、
融合を遂げたチョウチンアンコウのムニエルを食べさせる

たわみに合わせて、うなづく

肌よりも、こぼれるものが触れていく
微かに結ばれている道の上で
血の流れにしっかりと掴まっている

月も、花も、見ないで
立ち漕ぎをした
丸い 夜の形を真っ二つにして
そうだ お金があればよかったよね
お父さん

白痴に向かい
行方不明になる影

光が、
一面におちてくる

月の内部は 母胎だったんだ

帰っていくね
いつか必ず、普通に死ぬから

束縛せず
孤独のまま 依存し合った
隣に居あわせながら 互いの地上で
星々と話し合った

夜が鳴いている

わたしは
夜の鳴き真似をする

10年

とうめいなおとになりたくて
住み続けた西窓の部屋がいまとても豊かだ

根を裸にして光と熱を見つめる

切り落とした水に
果たされなかった光が乱反射を起こしている

その光に、ただ揺られている

 

 

 

 

 

夜が鳴いている

 

小関千恵

 
 

きみはすぐにあかりをつけるから
夜が行方不明だ

夜が鳴いている

夜がきみを探して鳴いている

あかりを消して
みてごらん

押し入れに隠れた夜のこと
家出をした夜のこと

夜、 夜、 と 呼んでごらん

夜の鳴き真似を してごらん

眠れない夜に
まあるい夜が
寝息を立てているよ

夜はこたつでも
まあるくなるよ

 

 

 

 

 

ただ感じる

 

小関千恵

 
 

目を落とす
きみに落とす

探す 抜ける
それが旅だ

鏡 わたし
分からない気配

呼ばれていない
身体 確かに

生まれた日と
死ぬ日のことは
わからない

悲しみも 喜びも
わたしには 残らない

誰にも わたしを 愛せやしない

ただ感じる

ただ感じる

いま この震えを

ただ感じる

ただ揺れる

そのまま ただ解る

きっと そのまま忘れる

永遠の上 死の真下

月のような球体で
浮かんでいる

月のように隠れ
月のように現れる

裏側で
うたっている

 

 

歌、小関千恵