卵のひと

 

原田淳子

 
 

 

そのひとは
五月の風に葉を揺らして
仔犬のような足音で
あの部屋に来た

混ざりあう時間
ことばの波
わたしたちは泳いだ

殻のなかには
いのちが萌えていた
うた/詩 が溢れていた

脆い夢が
熱く
孵化する
そのとき、
わたしたちは
世界に
はみ出して
よれて
もたれて
沁みて
笑い
弾けて
生きる
卵のひと

.

編集者 小林英治さんを偲んで

 

 

 

遠吠えするようになった猫

 

原田淳子

 
 

 

どっどど
と風が唸るとき

ふあんふあん
発作のように胸が疼く

きみと丸くなり
嵐が過ぎ去るのを待つ

ふあんふあん

あれは葉が揺れているだけ

ふあんふあん

かなしみが泣いてるように聴こえるのは

ふあんふあん

わたしの哀しみのファンが回っているのだろう

わたしのふあんが漏れたのか、
きみはさいきん、遠吠えをするようになった

あおーんあおーん

猫であることを忘れたように
あおーんあおーん

わたしがみえなくなると
難破船のように部屋を彷徨う

あおーんあおーん

あいごうあいごう
애호애호

猫の認知症があるという

きみをひとり哀号の船に乗せないように
わたしはいつもきみといよう

嵐のあと
窓をあける

風を残した
隣の畑にアラセイトウが揺れている

春だよ

18かいめの春だね

もうすこしで
地めんもあたたかくなる

きみはいつまでも
陽ざしのなかにいて

 

 

 

残雪

 

原田淳子

 
 

 

春が歩いてきて
落ちていたことばを拾った

まだ残る雪は
雲の国土のよう

何人にも侵されない白

香が抜けた透明な花弁に似た水

雨が雪を溶かすのか
あの子の肩に降る雨をだれが止めるのか

奪われた野にも春が来るのか

 

 

 

梅待ち

 

原田淳子

 
 

 

もうみない夢を待つ

かなしみを繙く

言葉は初雪にとけた

音のない泡が生まれて消えて

あれを時というの

正しい襟裳のような花弁
白く、淡く、直立す

天を指す花は
実をつけない

邪悪さとひきかえに
孤独が遺される

咳の震え
骨の疼き
痛みは胴体をめぐる旅人

身体のなかの島々

横たわる身体は黄昏れ、
洞窟は永遠の空を映す

目を閉じて、春

 

 

 

微睡

 

原田淳子

 
 

 

陽が差す午後に おひる寝をした

小春日和の 日曜日の午後

木の葉をうかべて
揺らぐ遠い湖

とりこぼされた光を眺めながら
道は流された

冬は窓のむこう

きみが尻尾をふったら
12月の背中がみえた

手か足か
夢かもわからないうちに
時は扉を決定してゆく

ぼくはまだ
オリオンをみていない

 

 

 

葉跡

 

原田淳子

 
 

 

木陰に
迷子になったぼくのこころが光っていた

あどけない色をして
知らないこどものように

雲が船になったと、
風の便りが届いた

捻れて萎んだ朝顔は
青い螺旋
空へ還る階段

冬がくるまえに
おやすみなさい

ぼくも
こころのきみと船にのるまで
太陽をうたい
月を枕に
葉のしたで揺れていよう

 

 

 

秋鱗

 

原田淳子

 
 

 

空の鱗、
風に反射して、ひらひら

 
秋が剥けて
雲が千切れる

金木犀の小片
銀杏の小波

歩くたびに秋が降ってくる

燃え尽きた灰のわたしに
色の服を
薫る食を
与えるように

秋が、空から剥けてゆく

茜にむかって
剥けてゆく

 

 

 

ティン カン トン

 

原田淳子

 
 

 

ティン カン トン

根っ子の 奥の
きみの 響きさ

ティン カン トン

ひかりの 泉の
ぼくの 寝ぐらさ

ティン カン トン

ここに 来て
ここに 来ないで

白い 太陽が
ぼくらを 灼く

雨の ハンモック
逆さまの 虹

ぼくらは 子のない
無口な 家族さ

 

 

 

drive my father’s car

 

原田淳子

 
 

 

灼けつく壁に垂れ下がり
息を凝らしている

夏は無かった
ただ白百合が揺れていた

漂白された運動靴

葡萄棚の海

カー・ステレオから
ポール・モーリア「涙のトッカータ」

昨夜読み耽った
マッカラーズのワンシーンが繰り返される
木、石、雲に宿る愛の科学

無かったのではなく
散っているのだ、四方の光に

未来も過去もなく
凪を潜りぬけてゆく

窓に映る
青い影のほおずき

秋に朱に燃ゆる
わたしのこころ

いつか
この凪の季節を
優しく想い出すときが来るだろう