花筏に乗る夜

 

一条美由紀

 
 


先住猫が死んだ時、寂しさのあまりすぐ新しい猫を迎えたかった。
でもマリアンネはまた野良猫からこのうちを選んでもらう方がいいと
1年余り猫のいない生活が続いた
果たしてある時、黒いソファの上に知らない猫が座っていた
しばらく様子を見て飼い主がいないと確認し、その猫はうちの飼い猫となった
近所の家の庭にいた金魚を全て掬い取り全滅させ、
ネズミや鳥をよくとってくる狩の名人だった
その猫は日本へ帰国するとき私のそばにいた
飛行機に乗り列車に乗り自動車に乗って埼玉に永住する
一緒に散歩せよと誘いにくると、私たちは必ず彼女の後ろを歩かなければならなかった
猫の歩みがのろくて少しでも前に出ようものならフーッ!と怒った
頭も良く、よくいたずらをして私たちを笑わせてくれる猫だった
今は生まれ変わってどこかでまた誰かを笑わせていたらいいな、と思う
人間は時々憎たらしいが、どうして動物はいつも愛らしいのだろう

 


瞬間瞬間の生き様が最後に開ける玉手箱の色を決めている

 


何億年前の夢を見る
自分は魚だった頃の夢
海がたったひとつ世界で
身体をくねらせて泳ぐ
泳ぐ
遺伝子の中を探ったら
自分たちの目的もわかるのだろうか

 

 

 

長すぎる朧の月の待ち時間

 

一条美由紀

 
 


ドアの呼び鈴は宅配業者以外押すものはいない
話したいことがガチャの中
行きたいところもガチャの中
今はこの四角い箱の中から出る理由を探してる
ブルーライトだけが自分を誘う。
ネットに溢れる遠い世界に、
会ったことない架空の友人たちに
歩き続けて
自分の夢を語る。
子供のはしゃぐ声や行き交う車の音は聞こえるけど、
だれも僕をしらないし、僕を必要ともしていない。
だから四角い箱は螺旋を描いてさらに深く潜っていく

 


自分しかこの世にいなかったら
きっと比べることもなく、
不満もないのかもしれない

 


あまつさえ、過去は折りたたみ、知らんぷりしているのに、、