マネキンの笑顔を真似た日

 

一条美由紀

 
 


見たことのない誰かとだって
心を通わせられる
自分のウソを数えていけば、
他人の嘘も愛おしくなる
本当に大切なものを一つ持って
大地に立てば
みんなの存在を感じる

 


私のばあちゃんはいつも
誰にも迷惑かけずにぽっくり逝きたいと望んでいた
ボヤ騒ぎをおこし
料理の得意なばあちゃんが
調理の仕方がわからないと言い
今食べた食事を忘れ、飯をくれという
自分のウンチを家の小さな金庫に入れた
ばあちゃんは20年近く呆けて私の母の看護を受けた
そして母にはばあちゃんの看護は生き甲斐の一つだった

 


自分の限界を知る時
今やるべきことを知る

 

 

 

雲3つ分のディスタンス

 

一条美由紀

 
 


後悔ばかりの毎日でも
破れてるお菓子の包装紙を大事にするように
最後まで持っていたい一つの輝く鼓動がある。
交差点を渡るたびに疲弊して1日の時間は瞬く間に消えてゆくけど
通り過ぎる人とのやり取りの後に残しておきたい記憶がある。
それは本当に小さな誇りだけど
いつか会えるあなたへの贈り物として。

 


電車のドアは開きっぱなし
発車のベルは私が鳴らす
諦めを鞄に詰め込んだら出発だ
ドコデモドアの向こうでは
家を焼かれ母の手に触ることも困難な彼らが見つめてる
一瞬がすべてで
世と生の契約書に注意事項は記されていない
わからないまま足掻き、疲れ果てた人々がここに来る
神の作ったバイブルは終着駅で開示される

 


いつもワンサカ生える猫じゃらし
強いね 飢えや渇きに耐えて
いつも私のお庭いっぱいに生える
近所にネコはそんなにいないのに、そんなに生えてどうするの?
寂しい私と遊んでくれようとしてるの?
でもね私の寂しさはとても深いから
全然なくなりゃしないのよ
それでも生えてくる猫じゃらし
今日もワンサカワンサカと

 

 

 

盆波に乗せよ馳せよ

 

一条美由紀

 
 


その危うさは武器なのか、
それとも自由な思想のための踏み台なのか。
彼女は行く。
上手くいかないことを数えては忘れ、
淡い夢をしたたかさに変えて、、。

 


熱帯雨林の街
異常気象も慣れてくればなんとかなるさ
無敵な人間たちは今のひとときが楽しければ明日もチョロい
そして
未来への提言はいつもプラカードのままに終わる

 


誰かがいつもたくさん欲しがるから
誰かがいつも何か足りない

 

 

 

かの鳥は塔の岪(へつり)に住む

 

一条美由紀

 
 


彼女は正義の味方だった
鉄腕アトムは彼女の仮の姿だった
少女の時はなぜ世間は窮屈で偏見に満ちているのかと思っていた
大人になり、いろんなこととうまく距離を持つことを覚え、
母になり悩みながらも子供に多くの愛情が自分から生まれてくることに驚いた
その中でも彼女は正義の味方だった
時に間違いも犯したが、いつも正しいと思うことを目指した
今彼女は少し背中が丸くなり、膝は歩くたびに痛む
アトムだった女は、もう正義の味方ではなく、自分自身の味方となった

 


生(せい)のあるものだけが知っているフィクション
Yesの意味は無限にあり、どれを選んでも正解である

 


変形自在な価値観が世界を覆い、
自分の目と感覚の自信が壊れてしまう。
迷い児となり助けを求めても、
流れをやめない喧騒に溶けて行く