吉野秀雄の『含紅集』

 

駿河昌樹

 
 

手術後の湯治に行くと目覚ましの時計鞄に入るる妻あはれ

金借るは苦しかりけりむきだしの紙幣(さつ)を抛るがごとく渡さる

空白空白空じっくりとは読んでいなかったので
空白空白空吉野秀雄の最後の歌集『含紅集』をゆっくり進めているが
空白空白空やはり
空白空白空いい歌が多い

空席もなく立つ人もなき夜汽車に安らぎ見えて年立たむとす

われ死なば靴磨きせむと妻はいふどうかその節は磨かせ下され

空白空白空というより
空白空白空精神のありようが
空白空白空歌そのものに染まり切った人のことばは
空白空白空どれも
空白空白空歌であることを外れない

老い樹黒く枝の小枝の先ざきもくれなゐにほふ高遠桜

病危ふかりし去年(こぞ)のいま頃ぞ辞世まがひの愚か歌残る

空白空白空生涯多病だった吉野秀雄は
空白空白空気管支性喘息
空白空白空肺炎
空白空白空糖尿病
空白空白空リウマチ
空白空白空心臓喘息
空白空白空などに苛まれ続け
空白空白空つねに貧困のうちにあったともいい
空白空白空65歳の人生を
空白空白空よくもまぁ
空白空白空苦しみつつも
空白空白空文に歌に書に精励した
空白空白空と感心する

みづうみの魚は食ひ得ず親子丼あてがはれ一浴して諏訪を去る

老いの眼は風にも涙湧きやすしまして刺す如き秋の夕風

空白空白空糟糠の妻を胃癌で亡くしてから
空白空白空四人も子があったものだから
空白空白空八木重吉の未亡人とみに手伝いに来てもらい
空白空白空やがて再婚することになったが
空白空白空この時にとみは八木重吉の遺稿を渡し
空白空白空以後
空白空白空吉野秀雄が八木重吉の価値の普及に努めることになる

六十を老いとせねども若きより病み病みて重ね得し齢なる

病むわれを見に来し友は今朝の富士の裾まで雪にかがやくを言ふ

空白空白空いうまでもないが
空白空白空良寛の普及に努めたのも
空白空白空吉野秀雄であった

わが死後は間借しなどして暮せよとはかなきことを今日洩らしけり

臥処より首もたげ舞楽右舞左舞のテレビのぞくも命なりけり

病をも死をも売りものにはせじと無理して書けばフイクションに似つ

便の始末してもらふ妻は尊けれその都度あたま下げて礼言ふ

静脈の注射するにもこのごろは場所なくなりて指の股に射す

垢のため血管わかぬ手の甲を湯タオルにごしごし拭きて注射す

空白空白空自分の宿命を
空白空白空次のようにも歌うものの

よき事も限りありとかわが悪しき運も極まりあるを恃まむ

空白空白空生涯
空白空白空毀誉褒貶の場たる
空白空白空そこはそれ
空白空白空権力争いの山猿たちの狭小の場たる
空白空白空歌壇とは
空白空白空関わりを持たず
空白空白空おそらく
空白空白空鎌倉アカデミアで得た知己だけを中心として
空白空白空歌人と認められた吉野秀雄にも
空白空白空悪しき運
空白空白空ならぬ
空白空白空よき運も
空白空白空やはりあったと見なければならないだろう

さらさらとして淡雅なる趣きをわれは好めど世の移りけり

われ死なば山崎方代かなしまむ失恋譚の聞き手失くして

サルトル氏の講演は切抜かせおきたれどつぶさに読まむ力最早なし

足萎へのわれは車に運ばれてかもかくも春の草に置かれぬ

今日妻と喜びしこと挿入便器(さしこみ)の中のわが物よきを覗きて

一生はただ刻刻の移りなり刻刻をこそ老いて知りつれ

 

 

 

岸部四郎讃

 

駿河昌樹

 
 

岸部四郎が死んだそうな

人生というものの
いい
表現者だった
とっても
いい
表現者だった

自己破産して
脳出血で倒れて
再婚した14歳下の若い奥さんを心臓発作で亡くして
それからさらに体がダメになって
どんどん衰えていく運命を嘆き
永訣した妻を惜しみ
もう会えないとぽろぽろ涙を流し
金持ちだったのに貧困に落ちいった身を嘆く
恥も見栄もどこへやらの
あられもない嘆きっぷりが素晴らしく
気持ちよかった
人生の表現者というのはこういうことだな
と感心して
女々しい嘆きっぷりに見入った

私小説家の本流に
ひさしぶりに真向かうようだった
身に降りかかる艱難辛苦を
これでもかこれでもか
と女々しく歌い続ける啄木流短歌の末裔
小林一茶流の俳諧の流れ
どうしてどうして
まだまだ此処にあり
という感じの
いい嘆き節
いい涙
惚れ惚れするような心身衰弱と
古典芸能そのもののような凋落ぶりを
たびたび見せてもらった

人生を演じる
とは
俳優たちが平気で口にする優等生文句だが
演劇や映画や小説など
所詮は創作という額縁の中だけのお座興
額縁から乗り出して
じぶんの心身を以て凋落と破滅と衰弱を演じる人は
なかなか
居やしない
衰亡の折にはどこかに隠れてしまって
老残の身を市井に晒すど根性ある生き方を
もう現代の人間はしない

そういう時代に
岸部四郎はずいぶん健闘した
いやいやいや
いい劇をながく見せてもらいました
葛西善蔵賞を拵えて
岸部四郎さん
あなたに今夜は贈呈いたしたく思う所存でございます

 

 

 

遇うために

 

駿河昌樹

 
 

自由詩のかたちを使うのは

短いから

 
それだけのこと

そうして
なんの説得もしない
ことば並べを
ちょっと
やってみる

ちょっと

説得だけじゃなくて
なにも描かない

なら
もっとよい

むずかしいよ

ことばは
すぐに
描いたふりをしちゃう

すべては
音も想起させず
文字も脱ぎ捨てた
そんな
ことばたちに
いつか
遇う
ために

 

 

 

放浪無残

 

駿河昌樹

 
 

空白空こはいつの放浪無残老耄の母がみている海の夜の砂
空白空白空白空白空白空白空白空白空白空白空白空白空白空白空白空白馬場あき子

 

文弱ということばがあるが
これをもっとも嫌ったのは三島由起夫で
文弱の徒と呼ばれないために
必死に文武両道を気取った

腹まで切って
首まで落とさせたのだから
たいした人生演出だったが
いざ遂行してみれば
あれは極端なまでの文弱の裏返しだね
と腐されたりする始末

そんな下馬評ばかり飛び交う時代を
幼少時にながく見てきて
腹切りまでしても文弱と言われ続けるのなら
プルーストのようにコルク張りの部屋に閉じ籠もって
じぶんの妄想世界に耽溺するのも
中途半端な維新ごっこより
突き抜けた生きざまになるかも
と結論するようになった

文弱の徒でなかった文士は
はたして
世界のどこにいるのかしらん
と見まわしてみても
ほとんどいなくて
皆どこかしら
太宰治していて
人間ひとりの生きざまとしては
やはり避けたいようなケースばかりだが
スタインベックなどは
ちょっと格好いいかもと思った

ふだんは肉体労働者をして稼いで
長編を書くときだけ
ガーッと集中して書く
それが終わるとまた肉体労働
高校卒業後にやった砂糖工場労働からはじまり
大学入学後に休学しての
牧場労働・道路工事・砂糖工場労働などなど
大学中退後の大不況下の田舎生活に
生活保護や食料泥棒

このようにしてしか
見えない社会や他人たちや人間なるものがあり
他人からの蔑視や差別や罵詈雑言を受け
金銭不如意をしみじみと肌に帯びて
そうして
まれに疲れのすこし癒えた時にペンを執る人にしか
書き込みようもない細部や
キャラクターや言葉の綾というものがある

放浪無残の人生のさなか
東京でホームレスをやっていた時期さえ
わたしにあることなど
もう
誰も知らない

 

 

 

コロナ儲け

 

駿河昌樹

 
 

(そう、富裕層にとっては
(大衆は操作して自分たちの資産を増やすためのただの道具に過ぎない

(大衆は目先の利益しか考えられないようにできている
(少ない利益を与えられたら、それで満足
(富裕層はそこを熟知している
(支配者側はそこを熟知している

世界経済フォーラム年次総会に向け
米経済誌フォーブスの長者番付や
スイスの金融大手クレディ・スイスの資産動向データに基づいて
オックスファムが2015年版の年次報告書を発表したが
それによると
上位62人と下位半数に当たる36億人の資産は
どちらも
計1兆7600億ドル(約206兆円)
つまり
超富豪62人の資産=下から36億人分の資産
上位1%の富裕層が握る資産額は
残り99%の資産額を上回る水準にある
しかもこの格差は拡大を続けている

そこへ
あらゆる点で綿密に計画された
新型コロナ騒動

アメリカでは 
コロナ騒動で4000万人が失業
他方 
FRBが大規模の金融緩和策を講じたことで
株式市場が急激に上昇し
トップ8人の資産は50兆円増
2020年度の日本の国家予算は102兆円なので
日本の国家予算の半分の資産を
数ヶ月で
たった8人が得た
アメリカのシンクタンクの報告書では
この3か月で増えたアメリカ富裕層の資産は5650億ドル(約62兆円)
“Institute for Policy Studies”は
富裕層の資産総額が
感染拡大初期から19%増加し
3兆5000億ドルに達したと報告している
アマゾン創設者のジェフ・ベゾスだけでも362億ドル増

世界規模で見ると
コロナウイルスの感染拡大騒ぎが起って
3ヶ月目の6月時点で
財政出動により世界に流れた金が 1180兆円
1180兆円は
日本の国家予算11年分にあたる
その金のほんの一部が米国の株式市場に流入しただけで
富裕層8人の資産を50兆円増やした

コロナを理由とする混乱がさらに続けば
さらに
どれだけの金が世界中に出まわることになるか
おそらく日本の国家予算の50年分
もし3~5年などと長期化すれば
100年分のお金が出まわることになる
5000兆円?
1京1000兆円?

コロナ騒ぎが収束すれば
余った千兆円規模の資金は投資市場に流入する
そうして
人類が経験したことがない規模の巨大バブルが到来し
超富裕層は
資産を何百兆円レベルで増やす

もちろん
数年後にはバブルが崩壊し
これもまた未曾有の経済破綻が発生する
コロナ対策で金利を限界まで引き下げて莫大な金融緩和を行った
FRBや世界の中央銀行には
その時
もう打つ手がない

超富裕層は
バブル崩壊も必ずうまく活用するので
地球上の90%の富を手にすることになる

(そう、富裕層にとっては
(大衆は操作して自分たちの資産を増やすためのただの道具に過ぎない

(大衆は目先の利益しか考えられないようにできている
(少ない利益を与えられたら、それで満足
(富裕層はそこを熟知している
(支配者側はそこを熟知している

 

 

 

キャサリン

 

駿河昌樹

 
 

要記録と判断した事柄は手帳に細かく記入している。
記入しておかないと後で困ることが多過ぎる。
もう朝。
開いたページの上に、黒いプラスチック軸のペンを斜めに置いてある。
書くのには0.7の太さが快適なので、黒字はこれしか買わない。
MITSUBISHIのJETSTREAM uni 0.7だが、
他にもより書きやすいものがあれば、躊躇なく買うだろう。
キャサリンと呼んでいた娘を急に思い出したが、
農業工場のようなところに就職し、茨城の奥に家族で越した後、
連絡は途絶えてしまっている。もう七年以上になるか。
町田や上野で飲んだことがあった。
日本人だが、猫のような目をした明るい魅力を持った娘だった。
ついこの間まで本名もすぐに思い出せたのに、なぜか、
思い出せなくなっている。
キャサリンという渾名だけがスッと出て来る。
 

 

 

たゞの空間のように

 

駿河昌樹

 
 

おそらく
たゞの空間のようになっていくだろう

空間を満たすひかりのようになっていくだろう

とりたてて
ひかりであろうとする必要もなく
薄闇のようでもいいだろう

漆黒の
まったき闇でもいいだろう

中心はなく

だから
縁も
境もなく
はずれもなければ
外もないだろう

 

 

 

ふいに真の恋に

 

駿河昌樹

 
 

わたしの詩の読みかたなんぞ
いいかげんである
なにをするのもいいかげんだが
詩なんかを相手にするときなんぞ
なににもまして
いいかげんである

けれども
いいかげんな読みかたをしてさえ
りっぱに引き込まれちゃったりするか
どうか
詩の見分けかたは
そこにあるような気がしている

いい詩というのは
読み手のいいかげんさを貫く
まるで
怠け者でぐだぐだで
あたまも悪い愚か者が
ふいに真の恋にだけは貫かれるように

 

 

 

発生即思い出

 

駿河昌樹

 
 

いまとなってはいい思い出だ と よく 言う

これもいつか いい思い出になるよ とも けっこう 言う

ぼくのいま現在の感覚をしゃべらせてください
毎瞬毎瞬が発生即思い出です
いつの頃からかそうなってしまって
もう
ありありと発生即思い出です
一瞬一瞬なにかが起こったと同時に思い出として思い直しているのです

あ 洗濯機がピーピー言って
洗濯の一回分を
はげしく懐かしんでいる!

 

 

 

花からもしっかりと見られているのでなければ

 

駿河昌樹

 
 

桜が咲きはじめている

もう満開のようになっている木もある
まだほとんど咲いていない木もある

ひとりひとり
異なった宿命を与えられている人の世のようだとも思いながら
桜の並木づたいに歩いていく

花を見る
花を愛でる
などと
平気で言ってしまいがちだが
見ることや
愛でることは
やはり
ほんとうにむずかしい
希少な瞬間に恵まれなければ
かなわない
ことでもある

花を見るとき
花からもしっかりと見られているのでなければ
見たとはいえないのだろう

この頃はよくわかっている

花がこちらを見てくれるまでには
ずいぶんと時間がかかり
こころの沈黙もかかる

こちらのこころの沈黙だけが芳香を発して
かれらの注意を引きよせる
沈黙が底知れぬ淵を出現させ
そこから花々を惹きつける芳香がのぼる

桜に見られたことはあるか

どのくらい
あるか

あったか?

それほどまでに
どのくらい
“居ない”
ことが
できてきていたか