少年少女

 

佐々木 眞

 
 

昔むかしあるところに、少年と少女が住んでいました。
ふたりは近所に住んでいたので、地元の同じ小学校に入りました。

少年は幼稚園時代にあまりいいことがなかったので、「よーし、小学生になったらがんばるぞ!」と、ひそかに心に誓っていました。
少女はいつも引っ込み思案だったので、「小学生になったら、なんとかして、そんな自分を変えたいな」と、願っていました。
ふたりは、たまたま同じクラスに入り、たまたま、隣同士の席で並ぶことになりました。

少女は、隣の少年の顔をそっと見ました。
学校より野山が好きそうな、元気な少年でした。
そこで少女は、今まで生きてきた中で最大の勇気をふるって、おそるおそる少年に語りかけました。

「あのお、わたしとお友達になってくれますか?」
聞こえるか、聞こえないかの、小さな、小さな声でした。
すると少年は、声のする方をじっと見ました。
とても可愛らしい少女でした。
少年は、少女に向かって言いました。
「もうお友達になっているじゃない」

それを聞いた少女は、思わずうれしくなって、にっこり笑いました。
すると少年も、なんだかうれしくなって、にっこり笑いました。

それから、時はずんずん流れ、長い長い月日が経ちました。
ふたりは大人になり、別々の遠い、遠い町に住んで、別々の生活をしていました。
少年は絵描きさんになりましたが、まだ独身で、少女は早くに結婚して主婦となり、三人の子供のお母さんになっていました。

ある日大人になった.少年は、故郷の町の実家で小さな展覧会を開くことを思いつきました。
すると、その話をどこで聞きつけたのか、大人になった少女が展覧会にやって来て、ふたりはおよそ40年ぶりに再会したのでした。

少年の絵をぜんぶ見終ると、少女は少年のところへやって来て、
「あのね、私が小学一年生になって隣の席に座った時、きみになんて言ったか覚えてる?」と尋ねると、
少年は「アハハ、そんな昔のこと覚えてるはずがないじゃないか」と答えました。
じっさい何ひとつ覚えていなかったのです。
「そうだよね。あんなに遠い昔のことだものね」と答えた少女は、何か言いたそうでしたが、それ以上何も言わないで帰っていきました。

その日の午後、古い家の玄関先には、とても良い匂いのする金木犀の花が満開で、いつまでも少女の後ろ姿を見送っていました。

 

 

 

散乱していた

 

さとう三千魚

 
 

今朝
女と

墓参にいってきた

雨が降っていた
車でいった

白い花を
供えた

紫の煙があがった

女は傘をささなかった
小さな手を合わせてた

一昨日か
尾仲浩二さんの写真集「Have a Break」が届いた

そこに光はあった
わたしの

光だ

わたしの失った光だ
散乱していた

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

NullPo那須与一

 

工藤冬里

 
 

月日
俺が北極星だった頃
弟は柄の先端だった
父さんは枡の先端で
母さんははりゅう座α・ツバーンだった
わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ

 
月日
教習所は事故への情景
SNSはドライブレコーダー
さて、ラップはフォーク野郎を救い、ポエトリーリーディングが映像を救い、本試験に向けた綜合的なセルフ・プロデュースが音楽を廃車にする
https://twitter.com/umezakiharuo/status/1447678178684592131?s=20

関係ないけど隣の空き家に樹木が茂り過ぎ猿が住み付いたのでたうたう松山市の職員が来て神戸の持ち主に連絡したら云々
https://twitter.com/katouikuya_bot/status/1447679815499194369?s=21

八幡浜も温州で儲けたのは昔の話だ
今は放って置かれた山が多い
ところで筋を剥いて食べる輩は病的で馬鹿だ
栄養は白い部分にあるのでR
https://twitter.com/tomizawakakio_b/status/1447758992323739655?s=20

https://torikudo.bandcamp.com/track/bheart-earth
https://fb.me/e/XIeHYHNx

スーパーが天井の高さで決まるように基準の高さは見えない門の高さに表わされる
低いから入れないのではなく高いから入れないのだ

地動説が謙遜さを身に着けるといった人格陶冶に役立ったことは一度もなく、天動説がその反省のために役立ったことも一度もない。
奥深いと思わせられている事柄を捨てて、どちらでもいいということを見極めることの方が今は大事なんだ
https://twitter.com/_YukioHakagawa/status/1447900676198055938?s=20

ゾフィーが死んでひと月、きっと色んな理由を考え出す頃だ

周期的に湧く階梯の進化論が謙遜を齎したことはなく、却って奴隷が馬に乗り主人が歩く事態を招いただけだった
梯子での上下移動は自分探しのOLのバリ旅行に似て、平行移動と何ら変わらない
その場所の等身大に居直ることがお勧めできないのと同じくらいにアナザー・プラネットにガールは居ない

 
月日
この冬は食べ物と燃料がなくなるがコロナ風邪は引かない、という予想は外れるだろう
南北王絡みでヒラリーが勝つという読みが外れてからは現実がアカデミー賞を取るようになってしまったからだ
事態を上からではなく下から見るやり方もあるんだよというような残党が箒で掃き出され私達は埃の一点となる
その埃の一点に差す光になれと土方巽なら指導するだろう

小室眞子どころじゃない
Dutch crown princess could marry woman and be queen – Rutte – BBC News
https://www.bbc.com/news/world-europe-58886581

水の循環に関してですが、雲がどうやってできるのかは本当にはまだよく分かっていないのだそうです

うちの父も四電からなんか賞貰ってたけど、ぼくなら断わるね
https://twitter.com/YONDEN_G/status/1436228514840154112?s=20

よあそび
https://youtu.be/y1gFNmUNvCI

 
月日
Vengan a mí

数字が組織的な構造のさまを示すために使われる場合、数字そのものはそれほどの意味を持たない。

ユーミンもユーミンのカバーする人もガの発音がきたなくて地球ごと叩き潰したくなる

 
月日
高速舞子高速Michael
留肴 檸檬鍋

 
月日
Sálganse de ella(彼女から出よ)は猿岩石とは関係ありません

無の上に浮かんでいるというのはそういうことでしょう
https://twitter.com/Nishida_Kitaro/status/1449099914126893060?s=20


https://twitter.com/FMN_S_F/status/1448810691884847131?s=20

ゴドー演るといいよ
https://twitter.com/shikazukinsan/status/1448651877730570240?s=20

舞子の帰りに行ってみたけどやってなかった

 
討伐の理由
いずれはっきりわかるでしょう
ただ重力はわかりません
複数のものに引っ張られながら刻々と変化する濃淡を持つ抵抗にくるまれ乍ら傾いて回転するものが
ことなる条件で回転するものの的に当てる弾道計算など
那須与一でも無理ではありませんか

あるところに
あるところがいた
あるところは
かわにせんたくに
いかなかった
いかなかった
いけなかった
センサーは
いないとおもった
いないとおもった
いないものとおもった
あるところは
いないものとおもわれた
きみをわすれない
とスピッツはスピッた
まがりくねっていた
まがりくねっていた
さいごにのこっていたあるところは
ないところとなったないところとなりそこねそうになりながら
あるところは
おじいさんになった
おじいさんになった
おじいさんになってしまった
なってしまったものはしかたがない
とおじいさんはおもった
おじいさんはうれしかった
うれしかった
ただへんかんがうまくいかず
かんじばかりが
なすのよいち
あてずっぽうの
じんせいにちゃくりくした
した
ふともじで
ちゃくりくした
そっとたちあがらなければ
そっとたちあがらなければ
とこずれとめまいが
とこずれのめまいがいんをふむ
いんをふむ
おじいさんのように
いんをふむ
はく
はくはくはく
はきながら
いんをふむ
おやじギャグともいう
いんをふむ
かたかなはゆるされている
きれいにそうじするべんきのように
ゆるされている
ゆるされていけ
おれのすべてのアルトコロよ
あれ
コンディショナーじゃんボディーウォッシュじゃなくて
ヌルヌルだヌルヌルだ
nulnulだ
ガッ

 

 

 

#poetry #rock musician

オリンピックの後で

 

さとう三千魚

 
 

工藤冬里さんの
“オリンピックの後で” *


終わった

ワンマンだったが
工藤さんは

参加者の声をミュートさせなかった

ツカサさんや
松村さんの

声や
ドラムや

久保田さんや
赤ちゃんの声が聴こえた

工藤さんは
“水平線を縦に並べて滝にしてみる”と歌っていた

そこにいた

わたしも
そこにいた

今朝
ゴミ出しにいった

モコはソファーで眠ってた
紫の朝顔の花が咲いていた

オリンピックの前も
オリンピックの後も

ひとびとは
そこにいた

わたしも
いた

そこは滝だろう
流れ落ちている

 
 

* 2021年10月10日に開催された工藤冬里のオンラインでのワンマン「オリンピックの後で」のこと。

 

 

 

#poetry #no poetry,no life