雫石

 

道 ケージ

 
 

雫石をどうすべきかは
皆知っているようだ
何もわからない私は
途方に暮れる

なんのためにあるのか
どこにあるのかさえ
わからない

調べてくれる田村は
二階の片づけに忙しい

橙の水玉模様
板状らしい

どこで知ったのかわからない
それをどうするのか
なんのためにあるのか
わからない

ともかくも
何かに必要らしい
雫石は何になる

あやめたい朝に
曇が映る
好都合のように

露がたまると
もう不吉ではいられない

走らされ
シャツを引き裂くと
それが合図のようだ

ハバロフスクあたりの
郊外の水で
犬の死体を見た

 

 

 

マンキー

 

鈴木志郎康 追悼

 

道 ケージ

 
 

ボク、マンキー
さるやない
マンキだってさ
マンキーマンキー
ラッキーなんだぜ
ボク、マンキー
返済終了!
おぅ、カッキー

生命保険確認の通達
もうすぐ満期

で、死んでほしい
と言われる
満期で支払い額が
下がるらしい

その前に死んでほしい
そう懇願され
やむなく死ぬことにした

ボク、マッキー
最後の言葉は
マンキー、ラッキー
またじゃあな

でもな
そう簡単には死なんで

「気合いで死ぬんや
 息飲んで死ね」

本末転倒だろ?
そりゃそうだが、聞いてない
こんなに額、下がるなんて
と妻

あんた末期
よく考えな、マッキ―
ジャッキー上がらん
タッキー翼折れ
どうする

「あたきなら死ぬ」
グッキー笑う
あやまりなく
殺める
雨やむ
見当つかない死に様よ

「大きな損になる
 やるだけやってみて」

まぁ、しゃあない
案外難しいんだぜ
それに自死は
降りないよ、保険

「だから気合いで
 マッキー
 なんとかしな」

そうかそうかと
息を詰め

ボクマッキー
あぁ、ラッキー!
アンラッキー!

「ドン ドン ドンガラガッチョ
 血の海だ
 やだなあもうこれだから」※

 
 

※ 鈴木志郎康「実践十円家族の皆様」より引用

 

 

 

カナリィ

 

道 ケージ

 
 

かなり大きい
あまり動かず
まりい
たりい

遠目からは箒草
黄土色に滲み
見ようによっては
くだん

従順なふんいき
高音のくぐもり
ポッコリ腹に
予言はない

心許して近づき
手がない
ピュイ
異種のけものである

干からびた嘴は曲がり
粟と稗の臭み

おぉ、カナリィ
カナリィじゃないか

「鼻が効かん
 雑巾の匂いと言われ
 何もわからん」

モップの腐ったような毛は
すでに黄色ではない

三里塚、上九一色では
囀るだけでワーキャー
止まり木で
すかす

今じゃ毎日
生きるに値しない音頭を
聞かされる

削いで尖って
も一つ削ぐと
丸まった丸まった
刃ない
警告できない

いないことを望む人たちを
選び
ちょっと戦う
喉に引っかけ
もうやめとき

滅びな

 

 

 

なぜうちに石膏のビーナスがあったのだろう

 

道 ケージ

 
 

親父は呑んだくれ
お袋は美術なんか、だし
当時の流行りか

おもちゃを撮った写真に映り込む
白いビーナス
ギリシャ美に遠い暮らし

町営のアパートの鉄扉に指をはさむ
あわてて指を拾って
お袋が縫い付けた
おかげでゆびはそこだけ
石膏のように固まる
ビーナス

ダビデと名付けた犬は
尻尾を噛んで
ぐるぐる高速で回る

もうこいつはダメたい
保健所が明日来るけん
と父

連れで行かんどっての声も弱い
噛みちぎった尻尾を埋める

階段は燕の糞で台無し
水筒を屋根に投げる
爪を噛んでいた
幼稚園カバンの紐を食いちぎる

もう物になる!
かねがねの人生
黒光して沈む

こけしと並んだビーナスは
家じまいで
トラキアの海に
濡れている

呆けたように振り返って
死ぬと思わず死ぬな

 

 

 

ちょう

 

道 ケージ

 
 

ちょうよ
ちょうよ
お前は伸びて
花盛りだ
 
薄紫に透けて
湿潤の奥に
とべよ
 
ちょうよ
ちょうよ
幼虫は憩室
でお休み

回盲の絨毛にくるまれ
上行、横行し、下行し結腸する

息するみたいに通り行く
息するみたいに嘘をつく

半月襞を経て無名講
背中を撫でてくれるだけ
それだけで

S字の断腸
「捩れてますよ!」
ドルミカム一本! 夢見いや
お願いミダゾラム! 諸星を呼べ

丁丁丁丁 丁丁丁
縄張りを意識する者が
勤めている

人参のようなもの二本
陶器の水に浮かぶ
どん、ツー、鈍、痛、鈍痛

肛門の先に広がる世界
えいん部まであとわずか
そこを曲がれば
死にたいの空が待つ
 
黒揚羽の羽はね
十二本目の指だよ
誰も読まない本を繰るためにね
目覚めてよ

 

 

 

ひとひと

 

道 ケージ

 
 

多摩川の堤を
走る人、走らない人、寝転がる人がいる
私は自転車に乗る
間に合おうとする人

見送る母、 見送られる子
朝だからね
(見送る息子、見送られる母)
手をつなぐ、つながない、つなげない
上る人、下る人
さよならもいわず

紫の花、花咲かない草
花でもなく花でないわけでもない
鳥、鳴いて
どの鳥かわからない
撃つ人、撃たれる人
鳥刺す人、鳥焼いて、鳥食って
羽を抜くお湯を煮詰めて、見つめて

打ち明ける者、聞く人、黙る人
うつむく人 、空あおぐ人
黒い、白い、赤い、青い、黄色い
橋の上に旗のようなものが
にじんでいる

眼鏡めがね
眼鏡で見る
眼鏡をはずせば見える
眼鏡をかけると見えない

肛門を見せに行く
肛門を見る人がいる
問いを作る人、答える人
壇上から、見上げる人を見る

泳ぐ人、溺れる人
魚はなぜ冷たい水でも
人はなぜ冷たい水では

腐ったものを食べて
吐く
腐ったものを好む
虫になる
ナマでもなんでも

オレは飛ぶよ
で、落ちる
色々、様々、ちがうから
(タヨー)

そういうことじゃない
そんなことではない

ただただ
気持ち悪い

 

 

 

おい

 

道 ケージ

 
 

おいおい
泣いて
樽が軋む
おいおいおいおい
秋霜の鏡

そうなのだけれど
おい、おーい!
とおい、とぉーい人
おいおいと追いかけ
おいつかない
ヨシキリはどう鳴くの
黄色い帽子が浮き沈む

おいおい
疲れて
坂上で見上げた雲
おいおい探す
「優しくなりたい、強くなりたい」
って歌聞いた
えぃえぃ

うえてねじ食う
「ネジしかないからしょうがないでしょ」
でも、歯は欠け
ういうい、なんでもあり
おい、いいかげんにしろよ
「おいはやめて」
えいが飛んでいる
あいはない

うえうえ 
おいおい
おえおえ
あいうえおい
あいは
おいは

 

 

 

にくいため

 

道 ケージ

 
 

憎しみを煮詰めると悲しみができた
悲しみを蒸すと春雨だった
悔しみを茹で上げ筋を抜く
楽しみの唐揚げは二度揚げしない
慈しみを刻んで匂いをかぐ

そうめん
にくいためで一生を過ごす
からすみほうばり
きゅうときゅうっと
おにしめ
だきしめ
血抜き
ちんする
皮むいてむいて
むいてむいて
たるたる
ソース添え
そば
どん

 

 

 

ケラレタサ エス

 

道 ケージ

 
 

ボクけられた
それはボクでないけれど
ボクらしい

デカいブタが
いいかげんにして、ぶー!と
蹴ってきた

ボクじゃないけど
ボクらしい
なぜボクと気づくのか
ブタのくせにさ

ボクじゃないよ
でもボクかな
なぜオマエは気づくの
蹴るかブタ
ブタけったぶたけった

がはがは それエス
独り言だったようだ
ないないないって探してると
蹴られたさ
夜中にパノニカ探すな、マン!ってさ