涅槃

 

狩野雅之

 
 

人生はいつも「生まれ来る」と「死んで行く」の間。この両項間の距離は問題では無い。時間は便宜的な精神装置にすぎない。「生きていない」も「死んでいる」もぼくらの「人生の内の出来事」ではない。「死」を体験した人間はいない。人間は「死」を知らない。
 


存在と無、そして空

DSCF2279-4

 


存在と無の狭間には何も無い。「何も無い」というものが「ある」わけではない。

DSCF2234-17

 


ただ其処に咲き其処に散る。

DSCF1679-2

 


記憶は寄せ来る雲海の中に消えていくのだろう。

DSCF0851-4

 


それは おそらく幻であることを私は知っている。いっさいは空である。

DSCF0844-2

20190817-DSCF1834

 

 

 

空ないしリアン

 

狩野雅之

 
 

「無」は「対自存在」によってもたらされる。

無とは「何も無い」のではなく、存在の不在を現すにすぎない。

それは在るのだ、在ることを前提として「無い」のだ。

その一方で「対自存在」は「リアン(rien)」である。

それは在るということもなく、同時に、無いということもない。

般若心経が語るところの「空」がそれに最も近いかもしれない。

わたしたちの存在は「空」であるのだろう。

ふとそんなことを想った。

 


それはそのようにある しかしそれは本質的なものではない

20190817-DSCF1825

 


形あるものは実体がない 実体がないからこそ一時的な形あるものとしてある

20190817-DSCF1826

 


形あるものはそのままで実体なきものであり 実体がないことがそのまま形あるものとなっている

それはただ在る 形があるということも無く 形が無いということも無い 在るということも無く 無いということも無い 二重否定の連鎖によってのみ 現れる世界が在る

20190817-DSCF1827

 


生じたということもなく滅したということもなく

20190817-DSCF1831

 


汚れたものでもなく浄らかなものでもなく

20190817-DSCF1832

 


増えることもなく減ることもない

20190817-DSCF1833

 


すべてはかくのごとく在る わたしたちは現れる 実体無きものに対して現れる 実体の無い世界において 実体のないものどもに対して現れることを永遠に続ける かくして 苦しみも、その原因も、それをなくすことも、そしてその方法もない これは絶望ではない 希望ではない わたしたちの在り様である

20190817-DSCF1834

 

 

 

Still Alive On The Eighth Day

 

狩野雅之

 
 

「過去の真のイメージは、ちらりとしかあらわれぬ。一回かぎり、さっとひらめくイメージとしてしか、過去は捉えられない。認識を可能とする一瞬をのがしたら、もうおしまいなのだ」(野村修訳「歴史哲学テーゼ」)

 


On The First Day

 


On The Second Day

 


On The Third Day

 


On The Forth Day

 


On The Fifth Day

 


On The Sixth Day

 


On The Seventh Day

 

 

 

2019年1月31日

 

狩野雅之

 
 

2019/01/31 THU 雪は一時止んで曇り時々雪に変わり、午後3時過ぎ頃から再び本降りになりました。この冬では最も激しい降りのように感じます。山岳部だけでなく山麓の市街地でもずんずん積もっています。気温はそんなに低くはないです。パウダースノーですが、水気の多い雪のように感じます。最低気温氷点下15℃、最高気温氷点下4℃。FUJIFILM X-E3, FUJINON XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

 


20190131-DSCF0214-2

 


20190131-DSCF0220-2

 


20190131-DSCF0221-2

 


20190131-DSCF0224-2

 


20190131-DSCF0227-2

 


20190131-DSCF0234-2

 


20190131-DSCF0235-2

 


20190131-DSCF0239-2

 

 

 

諏訪大社上社本宮境内

 

狩野雅之

 
 

写真は演繹すべき物ではない。写真は過去の一点で立ち止まっている。写真は未来を志向しないし過去を振り返らない。写真は写されたものの存在証明であり、存在の現れの記録である。同時に写真は表現を志向することによって芸術へと向かう。しかしそこにおいても芸術となるのはそこに写されたものであって「写真」そのものが芸術として現れることはない。写真はメディアではないし存在を入れる(あるいは保存する)容器ではない。
 
個人的にはそんなふうに考えています。

なにも考えずに浸っていただければこれに勝る喜びはありません。

 


20190115-DSCF9256

 


20190115-DSCF9276

 


20190115-DSCF9280

 


20190115-DSCF9312

 


20190115-DSCF9313

 


20190115-DSCF9316

 


20190115-DSCF9294

 


20190115-DSCF9287