塩釉の砥部

 

工藤冬里

 
 

 

父の遺品まで全部焼いてしまった後しょうがなく炭を買い足しに行った帰りマスクせずにローソンに入ってカツ丼みたいなやつと和歌山ラーメンというのを買って車で食べた
恭子さんが聞いたら卒倒しそうな最低の土方の食事である
温度が上がらないので他のことはどうでもよかった
軈て煙突がぬけて白い火が吹き上がった

 

 

 

#poetry #rock musician

遠心

 

原田淳子

 
 

 

春からの夜の散歩は続いていて
砂の城を歩く
塩の滑り台
眠りかけた蔦に足を絡める
ここから先はゆけなくて.

果実の囁き、香りがつま先で回転する
動けぬのなら遠近もない
ただ深さだけだ
力は何処へゆくの.

重ねられてゆく葉の深さが
永遠を指している

鉛の闇は絶対零度
小学校の休み時間、
教室で削っていた鉛筆芯の温度
屑籠は夜のようにあたたかった

深みのなかで
望みを濾過して
熱を発する

遠心の火

百年の炎立つ

 

 

 

I was hard up for something to say.
私は言うことがなくて困った。 *

 

さとう三千魚

 
 

it’s morning

night
becomes morning

becomes morning

outside the window
the west mountain

floating in the light blue sky

the sparrows
are singing

awake in the middle of the night

I wrote about the Buddha statue in Enku in a letter

letter
send to you

the west mountain is floating in the blue sky

I was hard up for something to say *

 
 

朝になった

夜は
朝になる

朝に
なる

窓の外の
西の山

薄い青空に浮かんでいる

雀たち
鳴いている

夜中に
目覚めて

円空の仏像のことを手紙に書いた

手紙を
きみに送る

青空に西の山が浮かんでいる

私は言うことがなくて困った *

 

 

* twitterの「楽しい例文」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

熱力学の第二法則

 

工藤冬里

 
 

二番町の焼けたくるきちのことを書こうと思ったけれども
まだ騙す人が沢山立っている戦後で
柳の下にずらりと並んだ屋台の
砂糖でくっきりさせた敗戦の甘味が
棚引いて
棚引いて
無いはずの時間が
曖昧な近い過去の
熱量の落差ゆえの現在となって
かめそばの上で削節が踊る
抗争の北京町
組員皆殺しの夢を見ながら
湯割りで調節する熱量

 

 

 

#poetry #rock musician

Turn off the radio.
ラジオを消しなさい。 *

 

さとう三千魚

 
 

everyone
left

became a white bone

grandmother too

father too
mother too

brother-in-law too
brother too

Nakamura-san too
Watanabe-san also

that
girl too

everyone
everyone

left

I’m carrying a wide sky now
I’m holding a wide sea now

blue rock thrush
looking for

now

Turn off the radio *

 
 

みんな
去っていった

白い骨になった

祖母も

父も
母も

義兄も
兄も

ナカムラさんも
ワタナベさんも

あの
女のこも

みんな
みんな

去っていった

いまはひろい空を背負っている
いまはひろい海を抱いている

磯ヒヨドリ
探している

いまは

ラジオを消しなさい *

 

 

* twitterの「楽しい例文」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

intervened

 

工藤冬里

 
 

新しいローソンがトラックを五台停めて浮かび上がっている
ラジオからは魔王が流れています
攻撃にさらされている
シューベルトのように

わたしは失敗している
動画をスローのスクリューにすると
勝手に明かりが点い たりする

やばい
やばい
やばい

父が音を立てて見回る
ランドリーはばかでかい

顔を
消去してゆく
センターラインを超え
身動きを取れなくしてゆく
目玉
携帯がびーびー震える

僕はあの温泉が嫌いだ
菌がいっぱいで

ファーター!
ファーター!
魔王が見える!

それはおまえに隙があるからだよ
たかのこの湯はちんころの湯だよ
黄信号が点滅する吹雪の道で
音を立てて見回る

くめの湯に向かうよ
BOSSの自販機があるから
地球だと分かるよ

 

 

 

#poetry #rock musician

Keep off the grass.
芝生に立ち入るな *

 

さとう三千魚

 
 

money

and traffic
called the plague

realization of global society
called the plague

humans have no choice but to dive into an old pond

the lawn is a prison

I on the green grass
lie down

I dress up
lie down

I became a cultural illusion

Keep off the grass *

 
 

貨幣と
交通が

疫病を呼んだ

地球社会の実現が
疫病を

呼んだ

ヒトは
古池に

潜る他ない

芝生は牢獄だ

緑の芝生のわたし
寝そべる

着飾って
寝そべる

わたしは文化的な幻影となった

芝生に立ち入るな *

 

 

* twitterの「楽しい例文」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

ポ の 国 の ぴ

 

南 椌椌

 
 


© kuukuu

 

今日は拝島駅から青梅駅へ
そこからKuroちゃんの送迎車で
多摩川を渡り山々の紅葉を眺めながら15分
日の出町の「太陽の家日の出陶房」へ
空は晴れて、やがて秋も終わるだろう

さて、今日はこんなテラコッタを作ってみた
こいつの名前をつけることから始めた
「ぴ」
浜風文庫2020年10月「ポの国のポ」を踏襲して
ポ=ぼく、ぴ=キミ、ということにしよう
つまり、ボクの国のキミ?

「ぴ」は最初はただの粘土のかたまりだ
産地はあまねく知られる陶芸の里、信楽の赤土1号
両のてのひらに載るくらいの塊
重さを感じながら少し捏ねる
半分くらいにわけて
作業台の上でぱんぱん叩く、文字通りぱんぱんたたく
濡れタオルや軍手を押し付けて
ちょいと縄文風の文様をつけてみる
それだけで「ぴ」のイメージが近づいてくる
ほどよく平らにしたパン生地で
詩人の言葉を包むように丸める
指先でぽよぽよ押してみる戻してみるぽよぽよ
まだ「ぴ」はぴでもポでも、ぱぴぷでもない
もう半分も同じようにぱんぱん叩くぱんぱん
そして同じように丸めて撓ませ
別の詩人の言葉を包むようにつまんでみる
てのひらで揺らす、ゆらゆらぽよぽよ

ふたつのつつみを上下に重ねる(無造作が大事)
瓢箪のようないびつな物体が
手回し轆轤の上に鎮座している
こうしてキミはようやく「ぴ」にならんと身構える
これからが長年鍛えて捨ててきた即興スキル
両手で瓢箪のかたちをかるく絞るようにして
縮めてゆらしてさらに押し広げ
納得できる行き当たりばったりを目指す
どこでもいいどこかに(無造作が大事)
人差し指と中指の第二関節を丸めて押し当て
轆轤の上にトンと押し立て回してみる
なんかこりゃまだふつうだな
まだふつうの造形で「ぴ」には届いていない

おなかのあたりをぐっと平らに押し込むと
左右に堕天使の羽(イメージイメージ)が広がり
次に天使の羽二枚を頭上で出会わせる
それも途上のかたちに過ぎない
天使の羽二枚はその名残りだけで消える
しばししばし、顔らしき輪郭が生まれる

手を休めると窓の外を人が通る
「太陽の家」には天上天下の人たちが住んでいて
陶房の仕事をしたり畑しごとをしたり
不思議な声をだしてただ歩いていたり
のっぺりした遠近法ではダメ出しされる
「ポ」オノレ自身の描法を迫られる
無造作が大事、だが唯我独尊からは離れて

テラコッタ作りのほとんど唯一のツール
焼き鳥屋で使うなじみの竹串の出番だ
ここからが今日の作業の正念場
竹串のとんがりに細心の注意をはらい
両の眼窩にめんたまラインを素早く入れる
ここで迷ったりやり直したりすると
あとがこわいずるずる、信楽赤土1号の塊
もとの木阿弥にもどってしまうのだ

午後の陽射しが陰ってくると
小春の日和さんは足早に去ってゆき
山あいの陶房にも冷気が入り込んでくる
ふむふむいいでしょう、こんなところか手をとめる
いや止めないとカラダが冷える

ああ、いいかも知れない
顔立ちはちょっとお茶目な才色兼備
なぜか墨の涙を流している
死んだ友のことを思っているのか
存在の秋の終わりに涙してるのか
ピカソのゲルニカやドラ・マールの涙
「涙のわけはわからない」
清志郎と原田郁子の「銀河」を口ずさむ

ところでキミの名前は「ぴ」でしたね
こうしてこんな具合に「ぴ」が生まれました
ぽの国のぴ、まずまずのお気に入り

 
 

✶ 写真は2020年11月13日15:15、成形の終わった焼成前の「ぴ」。
テラコッタ=terracotta=土を焼く、からするとこの「ぴ」はまだテラコッタではない。

 

 

 

We lost sight of her in the crowd.
私達は人ごみの中で彼女を見失った。 *

 

さとう三千魚

 
 

there are beautiful people

beautiful is horrifying

beautiful is beautiful
tremendous

beautiful

horrifying
disappears in an instant

there are beautiful people
there are not beautiful people

this morning
I saw the white Fuji floating in the blue sky

We lost sight of her in the crowd *

 
 

美しい人は
いる

美しいは

ぞっと
させる

美しいは

途方もない
美しい

美しいは

ぞっと
して

一瞬で消えさる

美しい人はいる
美しい人はいない

今朝
わたし

青空に浮かぶ白い不二を見た

私達は人ごみの中で彼女を見失った *

 

 

* twitterの「楽しい例文」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life