秋のrefuse

 

工藤冬里

 
 

自由とは選べること
不自由とは選ぶこと
正確な情報を前もって知らされた状態で選べることが必要
春とは色が変わること
秋とは見え方が変わること
同じ色が黒枠で埋葬されることが必要
強さとは侮辱を喜ぶこと
弱さを知ることは強さの入り口に立つこと
自由な秋の強さとは強みをごみにすること

 

 

 

#poetry #rock musician

あきれて物も言えない 16

 

ピコ・大東洋ミランドラ

 
 


作画 ピコ・大東洋ミランドラ画伯

 
 

工藤冬里の ” L’Autre Cap ” を聴いている

 

もう朝なのかな。
西の山が青緑に空に浮かんでいる。

夜中に目覚めて、工藤冬里(Maher Shalal Hash Baz)の”L’Autre Cap”というCDを聴いていた。

“L’Autre Cap”

“その他の岬”ということなのかな。

このCDには工藤冬里がマヘル・シャラル・ハシュ・バズとしてアメリカのオリンピアのキャルヴィン・ジョンソン主宰のKレコーズのスタジオで2007年に録音した27曲が入っている。

“Suspended Season” “Portland Town” “Kamakura” “How Long Will You Forget Me?” “Misaki” “Eve, Mary, And Juliett” ” Moving Without Ark “などなど、
生々しく滴る生命の音がある。

その”Misaki”からは、中原中也の北の海が見えるのだろう。
北の海には灰色の浪ばかりが見えるだろう。

“Suspended Season”は”吊り下げられ延期された季節”とでもいうのだろうか?
2,000年以降の現在まで続く新自由主義グローバリズムが浸透しきった世界に生きるわたしたちの生に反響する叫びをこの曲は持っているだろう。

吊り下げられて人々は生きている。
そう、思える現在です。
そう思える現在が20年も続いていると思えます。

10月からは「GO TO トラベル」の東京発着が許可されるということです。
それは希望となるでしょうか?
われわれはわれわれの地獄に薄皮を掛けて見えないようにすることを希望と認めるでしょうか?
かつて「保育園落ちた、日本死ね!」という主婦の言葉がありました。
その言葉をブログに書き込んだ主婦もまたこの薄皮に覆われた世界を生きていることでしょう。

2020年9月16日に、菅内閣が発足しました。
秋田県南部出身の誠実な方だそうです。
安倍政権の政策を「継承」される方だそうです。
菅内閣発足直後の支持率が65%だそうです。

「行政改革」も「デジタル」もおそらくは日本を覆うための薄皮でありましょう。

 

もう朝になりました。
西の山が青緑に青空に浮かんでいます。
西の山は幻影のように青空に大きく浮かんでいます。

いまは、工藤冬里の “How Long Will You Forget Me?” という曲を聴いています。
あなたはどれくらいまでわたしを忘れているの?
工藤冬里の歌う声は痛切です。
それは幻影でしょうか?

あきれて物も言えません。

 

作画解説 さとう三千魚

 

Maher Shalal Hash Baz / L’autre Cap (2CD)
https://www.reconquista.biz/SHOP/EPCD0034.html

 

 

 

王国 Ⅱ

 

原田淳子

 
 

 

夜に濡れてゆく
硝子玉の音いろ

鈴虫たちが
銀の環を潜り
いのちが土に頬よせる

泉団地行きのバスが通り過ぎれば
野放図な蔦が彼らの王国を孕む

重すぎる未送信の手紙の
耐えられない存在の軽さ

涙すら流れない虚無

裸足に触れる
星疼く夜

虫たちのマルチチュード

 

 

 

おどなすてわーばみずでだんだが

 

工藤冬里

 
 

まだ生きている
病室からの顔を分けて考えることが出来なくなっている
どうぶつの言葉
おねえさんはまだ暑い
モバイル器具はアカシアで作る
箱の中には
箱の上には
年に一度の出入りに意味を持たせる
その所有そのものには意味や力はなかった
二つのものは跪いて下を向いていた
跪く者を拝むことはない
声もそのものからそのものの声が出ることのないよう
そのものからは出ず二つのものの間から出て顔の前に置かれていたが向きがないような顔の前に置かれていた
一羽一羽
一話一話
助けて
犬みたいなにおい
一緒にコツウォルズに行った
五羽目はただです
帆を畳んで
膜が取り除かれたので
津軽弁で叫び
最後の痛みは酸味が勝った
支払いは完了した
領収が裂け箱が見えた

 

 

 

#poetry #rock musician

入院した日本語

 

工藤冬里

 
 

顳顬から眼底にかけて疼き
薄らと吐き気を伴う
青寄りのピンクを引っ掻いて地が見えるのがアートっぽいがそれどころではない
白を巻いたきみは白本語を話さない
ただ家を燃やしたいだけだ
白の家を燃やす
束の間の無痛の他は
ただ白を燃やしたいだけだ
ただ日を燃やす
無痛分娩した憎しみを育て上げ
大学に送り出す
箱はピグメントの黒
扁桃腺に舌の先を当て
熱燗で作るカップ麺
きみは擂り下ろされて
白本語を話さない
エイの言葉を話す
エイはひらひら話す
「ああすがすがしい
戦争前夜の黒い溝の上澄みのような気分だ」
太い道が出来ちゃってるけどほっといたら治るんじゃないの
通行止めにするには警備員雇わないと
バイパスは作れない
先に新道作ってから後で旧道作るようなものだから
役者の自殺が多いのはそういうことか
重層的非決定へ、などと言えていた余生も過ぎ
日本語は多重を生きられなくなってきたのだ

 

 

 

#poetry #rock musician

to Jesus

 

工藤冬里

 
 

言葉は作れないのでフォントを作った
歳を取るのは今だけの特権なので
はみ出た絵画を白髪染めにしてみた
自分を捨てるのが好きなので
額縁は犬にやった
池のほとりで眠くなり
水草の上を歩くのを忘れた
小さい花が付いていた
Jesus
顎でブリーフな遺言を認め
病室で天敵にマウントを取った
昼食は酸い太陽だった
梅干しの核子のように捨てた種の中で
白いカップルが抱き合っていた
もう少し
死んでいようか
びっくりして飛び出した
賢い兎だったが
消し忘れてはみ出した白
点滴の逆さの青空

 

 

 

#poetry #rock musician