literary・文学の 文語的な

 

さとう三千魚

 
 

午後から
子どもたちと

遊んできた

青空の下の
校庭で

マスクして
駆けっこをしてきた

子どもらは

何度も
駆けっこをしようというから

終いに
おじさんは

へとへとになり付いていけなくなる

コロナの終わる頃
世界は

分断が進むという
二極化が進む

富めるものとその他の人びと

コロナの終わる頃
詩は

どこにいるのか

詩はいつも子どもらの傍にいる

その他の人びとの傍にいる
詩は語らない

そこにいる

 

 

*タイトルは、twitterの「楽しい英単語」さんから引用させていただきました.

 

 

 

#poetry #no poetry,no life

あんしん酒場

 

工藤冬里

 
 

まるで自分のように
自分を養っている
自分を養う
あんしん酒場
に咲く花の紫
独自の考えで話す自分は称賛されることを願っている
こうすればもっと儲かるのに、などと
自分のように突っ込む
どんなに忙しくても楽しい食事は欠かさない
あっと驚くようなご馳走
好き嫌いを考えて料理
労えるところを見る
探す
バラエティ豊か
レバーの揚げ玉
自分のように良くなりたいと思い自分のように手を尽くす
病気の自分と呼んだ
零戦プラモの空
ひとつの医療チームのように
自分のように危険から身を守る
関係するどの原則が助けになるか
自分のように蔑まれている自分に敬意を示す
優しさ
痛めつけられ放り出されて可哀想だと
同情心が湧きます
自分のために入退院を繰り返していた
悩みを共有して
敬意と優しさと理解を持って接することにより養う
自分のように愛して
モオブと黄色という意外なブルゴーニュのインドが固まって笑っている
かなりの自由が与えられている
自分で自分を下三分の二菜の花畑地平に連れて行くことが出来ない
共に歩むとは実例を通して学ぶことができる
信頼タクシー
望んでおられる通り生きていきました
生き方が全く異なっていたからです
黒海星
最後の日々に山に上る
自分を調和させる
看板を背負って
視覚で覚えていた
合成の空
考えを知っている
闇でしたが光となっています
不道徳から守られる
真面目すぎると笑われる
家庭崩壊自責
理解の光
倒れかけている自分を支えうずくまっている自分を立ち上がらせる
諦めないで欲しい
額の側面から正面に至る曲面の内側にそのような考えが詰まっていようとは

畑に放置された、
カンダケの高官は
下地の
亀裂に青が入り込む
照らされるピーナッツのタウン誌色
片手が長い群青
ウグイスは見事に鳴けるようになっていた
どうすればそこまで愛することができるでしょうか
永遠に力を持っていて
言い訳できない
探っています
電球が線香花火の赤色矮星のように落ちた
タヌキ色畝畦
ソラ豆型鈴
白黒というより
白黄写真
キュキョーンキュキョーンと鳴く
曇った
囲いの中に固まった古
の人が個
どちらの基準が優れているか
黒の中に目がある八割れ
重いかどうか言ってみろ
ハウツー
軽くなる
額が油で磨かれた石のようだ
義務感で果たすこともできます
ホストになったのはこれがはじめてです
すっかり太くなった柿の葉

 

 

 
#poetry #rock musician

漢俳九句

 

Sanmu CHEN / 陳式森

 
 


所有的音節
在你名字的季節
我駐足不前


回聲,再一次
等奧登詩中的鹿
靜靜地入雲……


零碎的殘骸
關於未來的懷念
如指骨一般


輕微的痛楚
昏暗的光陰動刀
折斷了寂寥


一再地潦草
詩爲你心跡賦格
擦傷了薑花


猶豫的樂譜
莫扎特降E大調
麋鹿,我的心


餘下的緘默
在深處風暴深處
最暗涌,不期。


萋萋失芳草
第二個天空,忽焉!
忽焉萬千劫。


堅硬的淚水
……這些日後的硝煙
敲打著金鐘!

.

 

 

 

しじみのカケラ

 

村岡由梨

 
 

今春小学校を卒業した花の荷物を整理していたら、
彼女が昨年書いた作文を見つけた。

 

*****************************

「しじみ」

しじみは四月の終わりごろに死んでしまいました。
しじみは一昨年の十二月に、家の近所でニャオニャオ鳴いているところを拾った猫です。
たった一年とちょっとの少しの間しか、一緒にいれなかったけれども、しじみは私たち家族にとって、とても大切な存在になりました。

しじみは、出会ったときはボロボロで、皆最初は野良だと思っていましたが、そうとは思えないくらいおっちょこちょいで可愛らしい猫でした。それにとてもおとなしく、白い足袋(足袋をはいているように足だけ白い)や白い胸毛、かぎしっぽがチャームポイントです。

しじみの名前の由来は、母の好きな小説、「クレヨン王国の赤とんぼ」にでてくる死なないトンボ「ふじみ」を少し変えて「しじみ」という名前になりました。母は昔、白文鳥と桜文鳥、ラブラドールレトリーバーの三匹のペットを亡くし、死なないでほしい、という願いからつけられた名前だそうです。

けれどしじみは出会う前から心臓に腫瘍があり、動物病院のお医者さんからもあまり長くない、明日死んでもおかしくない、と言われていました。

明日死んでしまってもおかしくない毎日を一年以上も頑張ってくれていました。私は、しじみの写真をたくさんとりました。死んでしまったとき思い出せなくなったりしないようにです。

今年の四月ごろ、しじみがあきらかに、具合が悪くなっていきました。
死んでしまう一日前、しじみはめずらしく私にすりよってきてくれました。もしかしたらこの時以外、しじみからすりよってきてくれたことはなかったかもしれません。しじみはカタカタふるえていました。きてくれたことに喜びもありましたが、ふるえていることがとても心配でした。この時とった動画が、しじみが生きているとき最後の動画になりました。

しじみはさらに容体が悪くなってきたため、その日に夜間にやっている大きな動物病院へいきました。
翌日の早朝、父が冷たくなったしじみをつれて帰ってきました。
しじみは片方の肺が腫瘍でうめつくされていたらしく、常に高山にいるような状態だったそうです。

父は声を出してずっと泣いていました。私が初めてみるくらい泣いていました。私は、最初意外と落ちついているなと思いましたが、寝ているようでぴくりともしないしじみを見て、もう一生帰ってこないんだ、と急に悲しくなってきて、泣きました。

私たちは、しじみを保冷ざいで囲み、バスケットに入れ、生花でしじみをうめました。私と姉は、小さく可愛らしいマーガレットのような花で花かんむりを作り、しじみにかぶせました。そして写真をとったり、肉球に朱肉をおしあて、いろんなものに肉球はんこをおしたり、ブラッシングして毛をとったりしました。

しじみが死んで、約四ヶ月。いつも形に残すことの重要さがとても身にしみます。
今、私の家には三匹猫がいます。全員一才のメスです。皆保護猫カフェで私たちが選んだ猫たちで、とても甘えん坊です。

この子たちには、しじみの何倍も元気に生きて、どんどん甘えてほしいです。そしてこの子たちが死ぬまで、たくさん思い出を形に残していきたいです。
 
*****************************

 

グレーキジのナナ。
キジ白のサクラ。
キジトラのクルミ。

今年で2歳、元気盛りの3匹の
どんな姿も仕草もかわいくて、
一日に何度も写真や動画を撮る。
よく撮れると人に見せたくなって、
インスタグラムやフェイスブックにアップする。
すると、「いいね!」がつく。
こんな時、しじみが遠くなる。
私は、自分が、配慮に欠けたひどく薄情な人間に思えてしまう。

そんな風に慌ただしい日常に飲み込まれて、
かわいかったしじみの記憶が薄れていくのが
ただただ、悲しい。

そんな時、花のこの作文を読んで、タイピングしながら、
胸の奥からこみ上げてくる涙を抑えることが出来なかった。

少量のご飯を一生懸命に食べていたしじみ。
食事の後、陽のあたる部屋の片隅で、
気持ち良さそうにグルーミングしていたしじみ。
時々私の撮影部屋にそっとやってきて
広げたダンボールの上で日なたぼっこしていたしじみ。

しじみ しじみ しじみ
忘れない
忘れたくない
忘れられない

しじみのようなちっぽけな猫が
生きようが死のうが
この世界はビクともしない。
何事も無かったかのように、事は進んでいくだろう。

けれど、時には時間を止めて。
確かに、しじみはここで生きていた。
間違いなくこの世界の一部だった。
そして花も私も、その一部なんだろう。

世界はそんなちっぽけなカケラが集まって出来ている。
猫とかヒトとか関係ない。
どのカケラも、世界は平等に愛するべきで
どのカケラが欠けても、悲しく虚しい。
欠けたカケラの空白に
ぴったり収まるようなカケラは存在しない。
空白は空白のまま。

そんな不完全で不器用な世界に、
私たちは生きているんだね。
たくさんの空白を抱えたまま、
今日も生きていかなければならないんだね。

そんな悲壮な決意をいだいて
私たち家族は、
しじみの空白を胸に抱き
今日も生きた形を残していく。

 
 

しじみへ

あの時
私のベッドで
痩せた体を横たえて
苦しそうに呼吸をしながら
遠くを見ていたしじみ。
一体何を見て何を考えていたの。
部屋の灯りが両眼に反射して、とてもきれいだった。
今どこにいるの。
もう一度しじみに触れたいよ。