バク

 

小関千恵

 
 

https://soundcloud.com/ozeki-chie/ivd3umkinrpm/s-oMF5p

 

 

青草

一円にバク

ねこの眠り

天井のプロペラ

朝霧にバク

遊歩道にバク

夕食にバク

床下から出てきた実弾にバク

笑い声にバク

てのひらにバク

震え

優しさ

想いでにバク

バクはよくみえない
でも、なんとなく分かってる

カバンの中のバク
隣人にバク

みずたまりのバク
お寿司にバク

バクを恐れて
バクと眠って

バクと遊んで
バクを忘れてる

バクに呼ばれて
バクに甘んじて
一度くらいは、それを愛だと思った

心臓がバク

お腹がすいてバク

勝ちたくてバク

細菌もバク

広島と長崎に落とされたあの夏のバク

バクを落とした人のバク

わたしのこころのバク

なにを食べるの?

夢とか 時間とか

どうして 食べるの?

バク

バク

 

 


(バクの時計: Miwako Satake)

 

 

 

(電信柱が)

 

工藤冬里

 
 

電信柱が
遠近法に従って立っているけれども
小さくなっていくわけではない
でも本当に小さくなっているのだとしたら
わたしたちの悩みは
遠近法に従って立つべきだ
善悪よりも遠近の方が重要なのだ
青空は愛する
連なりの奥の
奥の
遠い夜の
その遠さを

 

 

 

天使

 

松田朋春

 
 

ピタゴラスを源流として、響き合いが美を生む音の組
み合わせを和音として整理したのが西洋音楽だった。
ながらく人はその文法のなかで音の物語を紡いできた。音楽を言語として考えると、和音は意味の単位で、その連なりが物語たる音楽である。

いまから百年ほど前にオクターブの十二音を厳密に平
等に扱うことで和音の成立を排除する反文法的音楽が
発明され、人間の魂は新たな段階に入った。

ここで「意味」と「和音」と「重力」を等号で結んで
みる。いずれも「接地」に関わる作用だと言えないだ
ろうか。月面を歩く宇宙飛行士の映像を見るたび、そ
の歩行は自由なのか不自由なのかがわからなくなる。

二十世紀の芸術は我々のなかにある「接地」を切断す
る試みであった。それはもちろん芸術に限らない。こ
れらは次の世紀に進展する「肉体以降」への最初のレ
ッスンである。

結果として、そこでは天使的なものが分離されるだろ
う。滞空して行き来する。ふれると感情が芽生える。
曲線と色彩を産出する。光をとおす。初恋や万引きを
そそのかす。

天使を感じる
殺しても殺されても機嫌がいいような午後の散策
愛の空間